FC2ブログ

2019-10

撃沈乗っ込み真鯛

5月4日(日)    海栄丸   ウタセ真鯛    中潮  晴れ   12時半発~19時半着
 
2日のカサゴ五目を予約した際に、一緒にこの日のウタセ真鯛も予約しておいた。
腹パンの乗っ込み真鯛が釣れたらいいなぁ・・って。
結果はサメ1匹の「撃沈」なので、釣行記は必要ないかと思ったけど、忘れないように書き留めておきたいこともあるので、メモ程度に書いておきます。
 
当日は、一昨日に比べたらさらに下道も渋滞するだろうと、6時半に家を出発。
高速の14km渋滞の情報を見ながら順調に23号をひた走る。予想外に全く渋滞はなく、拍子抜け。帰りに寄ろうと思ってた松阪の釣具屋にも8時50分に到着。
10時開店なので、いくらなんでも早すぎる。
店が開くまで、約1時間待って、昨日取り置きしてもらったモデラートを購入。
鳥羽には11時過ぎには着いてしまった。
 
岸壁で船を待っているとき、他の船に乗るお客さんの話が聞こえた。
2週間ぐらい前に、90mの深場で鯛を10数匹釣って、ほとんど白子持ちだった。と
 
 
今日は5人で、私はくじドべで、左舷舳。このときから嫌な予感はあった。(笑)
まあ、春の乗っ込み真鯛なんて1匹釣れれば御の字なんだから・・。
 
 
錨が入って、寛都君に「ここは深いの?」と聞いてみると、「浅いですよ~」って。
どうも、乗っ込みの大型は浅い所を通って上って行き、居つきの小型?真鯛は深場にいるようだ。
すると、岸壁で話していた方は、乗っ込みではなく、居つきの真鯛ってことなんだな。
 
 
今日は、全くダメで、終盤まで船中私のサメ1匹状態(笑)
みかねて、船長が、釣り方をみんなにレクチャーしてくれた。
私にはこんなアドバイスをくれた。
糸を出すときは、3mぐらい巻き上げて錘を浮かしてから出した方がいい。って
私は錘を飛ばすことなく、そのまま出していた。
3mぐらいまきあげることによって、ハリスが張るので、アタリが出やすいとのことだった。さらに寛都君から、錘が付いたら1mぐらい糸ふけをだすと、ラインがはらんでこの時にアタリが出ることが多いって。
 
なるほど、「とんばせ」とか「おんばせ」って言われるのは、こんなやり方なんだ。
「錘を浮かしてから糸を出す」ってのは勉強になった。
 
今日は、延長してくれたようだけど、大艫で焼き鯛と、刺身級が1匹ずつで終わった。
船長も「撃沈だわー」って。 時期的にはまだちょっと早いらしく、本格的には連休明けのようだ。
 
できれば、練習がてらもう一度行きたいけど、ちょっと無理かなぁ・・・。
それと、今日は舳60S-300を使ったのっだけれど、ムーチング竿は、ちょっとウタセ真鯛には向いてないかも??  
なんとなく、アタリが取りづらい気がするけど、どうなんだろう??
 
船長、寛都君、今日はありがとうございました。<(_ _)>
 
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://turiniikitai.blog107.fc2.com/tb.php/8-a9c8501b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する