FC2ブログ

2020-05

失敗と大成功

以前から、アカムツが沢山釣れたら試してみたいことがありました。
それは、アカムツご飯。某ブログに、悶絶級と紹介されていたので、興味津々だったのです。

先ずは、3匹分のアラを焼いてから、昆布と焼いたアラを水から煮出します。
しっかりあくを取りながら弱火で約30分。これを濾すと、とても上品な透明な出汁がとれました。ただ、これでご飯を炊くとちょっと物足りないような・・・。
そこで、塩、醤油、味醂で味を調えました。
この出汁でご飯を炊いて、炊きあがったところに、素焼きの小ぶりな2匹を投入。

5分程蒸らしてから、まぜまぜして、お茶碗に。

でもね、なんだかとっても物足りないんです。
家族全員から、「こりゃ美味い!」っていう感動の声が上がりません。
悶絶級だったはすなのに、どこで間違えたのでしょう?

定番の炙りをつまみながら思ったのは、アカムツの感動は、肉のような身を噛みしめた時に、ジュワッと口一杯に広がる何ともいえない旨さ。(個人的感想です。)
完全に火を通してしまうと、それが損なわれてしまうからではないかと・・・。
繊細な味覚を持ち合わせていない我家では、ちと難しいのかも。
いつか、今回のように沢山釣れたら、もう一度試してみたいと思います。


さて、こちらは、ド定番のアカムツのお寿司です。
前回、少し寝かしが足りなく残念だったので、今回は2日間寝かせました。
35cm1匹分の背身だけを型枠で軽く押して、食べる直前に炙りました。
普通の炙り寿司は、ネタがそぎ切りになっているので、炙ってある皮の部分がすくないでしょう? それが不満なので、皮の部分をしっかり上にして、思いっきり炙りました。これは、本当に悶絶級です。
  また、前回は半身を丸々湯引きにしてちょっととろける感覚がわるかったので、今回は腹身だけを湯引きして、温かいうちに握りました。もちろん、これも悶絶級!!

三男曰く、「これが一人分だったらなぁ・・・、前日のアカムツご飯はいらんかったわ」って。 まあ、「そう言いなさんな」、といいながら、同感でした。

悶絶アカムツ様、どうもご馳走様でした!!
スポンサーサイト



コメント

No title

アカムツの炙り押し寿司、僕にはこれが一番美味しそうに見えます
一本くらい余裕で食べれますね!

No title

タッカマンさん、ありがとうございます。

私は、湯引きと炙りとで甲乙つけがたいのですが、家族の一番人気は炙りの押し寿司ですね。(^○^)
一人1本ずつ食べてみたいもんです。(笑)

No title

最高の炙り寿司ですね~♪ これ絶対旨いですね

ご飯 シンプルすぎ~ ・・・ かも?

ボクの鯛・サケ・キンメ共通レシピです是非参考に

頭と骨身を軽く湯通しして流水で洗いますこの時に全ての鱗とぬめりを取ります それを酒で煮付けみたいにして粗熱が取れたら全ての骨を取り除きます ゆで汁は濾して残しておきます
その身をフライパンで乾煎りして香ばしい香りがしたら針生姜・酒・味醂・砂糖を少し白だしを入れて煮立てます、この時に煮汁を豆乳します♪
次に具材として大葉・茗荷・針生姜のみじん切りを用意しておきます

ご飯(昆布入り硬め)が炊けたら 寿司桶又はお櫃に入れて具材を混ぜ混ぜして出来上がり お好みより塩を振ってお食べ下さい これ絶品のボクのいつも作るご飯ですん♪

赤蜜何て最高ですん♪ 鯛のアラでも美味しく出来ます

工程は面倒ですが 味は最高ですん♪

No title

MOMOさん、ありがとうございます。
この炙り寿司は、本当に絶品でした。全部、これで食べれば良かった。(笑)

以前、鯛めしで美味しくできたので、同じ手順でやってみたのですが、思っていたほどアカムツの味を感じることは出来ませんでした。(T_T)
来シーズンも沢山釣れたら、MOMOさん流を試してみますね。(^_^)v

No title

炊き込みご飯は残念でしたね!悶絶級と聞いたおかげで、ハードルが上がっちゃったのでは?

スープを綺麗にとりすぎると、雑味は抜けて上品な味になりますが、逆に味に深みが無くなるという話も・・・

湯引きにすると、旨味も流れてしまいそうなので、最近は炙りがほとんどです

No title

ボッコ01さん、ありがとうございます。

ハードルが上がったのも、上品になりすぎたのも仰る通りです。

かといって、他の出汁をまぜるのも野暮なので、そのままに・・。

なかなか難しいですね。また、機会があればやり方変えてチャレンジしてみます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://turiniikitai.blog107.fc2.com/tb.php/489-de38c8fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する