FC2ブログ

2019-10

もう少しだけ・・。

昨年の春ぐらいから、首を突っ込んだ竿作りですが、「とても手に負えんわ~」というのが、現在の正直な気持ちです。(笑)
「気付くのが遅いわー!!」な~んて、言われそうですが・・・(^^ゞ
 
発端は竿を買うお金がなくて、それなら自分で安価に作ろうと思ったわけですが、
あの時欲しいと思っていた竿を、新品で買ってもおつりが来るぐらいつぎ込んでいるにも関わらず、まだ1本も「これだ!!」という完成品ができてません。

一番右の竿は、オニカサゴ&アカムツ用に初めて買ったブランクでして、最初に
カシュ―ウルシ塗装で作ってみたのですが、あまりに不細工なので、アジ2~3匹釣った後、総巻き竿に作り替えて鬼退治に出かけるも、アタリがよくわからず「一人撃沈」しました。(T_T)  オニカサゴ用には、その時友人に貸したアルファ―タックルのショートアームの方が向いていることが、はっきりと分かったので、今は使い道もなく、とりあえず丸裸にしている最中です。
 
真ん中のブランクは、アジイサキ用の竿が欲しくて買った、4本目のブランクです。
以前にも紹介しましたが、手元を廃物利用で補強したものの、100号を超える錘では、やっぱりラインがグリップをこするので、次回のイサキ釣行までにガイドを足すことにしました。ちなみに、この竿でアジは釣れましたが、イサキは撃沈してます。
果たして、今度はイサキのアタリがとれて、リベンジできるかどうか??
ちなみに、大アジの口切れ防止用にと思って作ったのですが、役立っているのかどうか、正直言って良くわかりません。
ちょっとペロンペロン過ぎる感じがするんですが・・・。
 
 
左の竿は、3本目のブランクでして、1本目、2本目の反省も踏まえて、奮発して過去2本に比べて2倍のお値段のものを買いました。と言っても4000円ですが・・・。(^^ゞ さらにガイドもFujiのまあまあの奴を使って、材料費だけでも1万円を軽く超え、今までで一番気合とお金をかけてます。狙いは、清水のアカムツ用
 
一度総巻きに失敗して、再度やり直してから、オニカサゴ1回、アカムツ2回(清水と大山沖)、に出撃しました。  鬼カサゴ(80号錘)は、かろうじて1本退治したものの、アタリを捉えたのかどうか、全く自身がなかったです。アカムツは120号錘でも200号錘でも、アタリがよくわからず見事に撃沈。 
200号錘では、あろうことか今までにない良型をバラシてしまいました。(T_T)
 
実は。今までカーボン竿の「アタリ」に慣れてしまっているのか、グラス竿のアタリの出かたがイマイチよくわかりません。 船に揺られながら、「これは錘の動き? それともアタリ??」と悩んでます。(汗)
 
小さなアタリを的確に伝えてくれる鋭い穂先と、魚がかかったら粘り強い竿を期待しているのですが、夢のまた夢・・・・・(^^ゞ
 
先日、某釣具屋さんでアリゲーターの竿(11万円ぐらい)を持たしてもらいました。
有名なアカムツ専用船の船長さんが、「これはアカムツに良い竿だ」と言ったものらしいです。 200号ではよくしなってましたが、手元はしっかりと張りが残ってました。
 
穂先、元径の太さ、ブランク長など、私のと大して変わらないのですがねー(爆)
 
そこで、「私の竿も、手元を補強したら多少は、ましになるのか?」などと、大きな勘違い(笑)で、フロントグリップを少し長くして「廃物利用補強」しみることにしました。果たして、次回の大山沖アカムツリベンジでどんな働きを見せてくれるのか。
もし、次回もアタリの取り方が上手く出来ないようなら、アカムツ竿は慣れたカーボン竿を買おうと思います。 もちろん中古で・・・。
 
それにしても、竿作りというのは、本当に難しいもんですね。
綺麗に作ることもさることながら、ド素人の私はブランク選びでギブアップ。(T_T)
気に入った竿が作れたら、まさに「自分だけの愛竿」となるのでしょうが、私の場合、そうなる前にダイワ、シマノどころか、剛樹やアリゲーターが数本買えそうな気がします。(笑)   
 
やっぱ、プロが作る竿は凄い!!
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

趣味ですからね!楽しめれば良いじゃないですか
自分の場合、近所の先輩から「〇〇の竿、安く売ったろか~」って話が舞い込んでくることがちょくちょくありまして、最近では新品買うことすら考えなくなっちゃいました

来週あたり、イサキに行こうかと思ってます

No title

タッカマンさん、ありがとうございます。

いい先輩をお持ちですね~。
私も新品を買うつもりはないのです。型落ちで充分。(笑)

イサキ、いい感じですね。今日も40匹ぐらい釣れてるそうです。
いよいよ本番ですね。 ガンバってきて下さい。

私は、再来週リベンジです。

No title

ボクの自作竿はねー 4本作って3本はうまくいってます

安いAグラスが最高です万能~♪ それとカーボン280のヒラメ竿・・・これは感度抜群です クエ竿は御前崎の釣楽さんオリジナルブランク・・これは実績有りです 最後にカーボンんの底物用・・硬すぎました!・・これほとんど使わないんです

今欲しいのは5キロ級のマハタ泳がせ用の竿が欲しいですね


気に行った竿見つかるといいですね♪

No title

自分は殆どの釣りを、モデラート一本でやってますが、多少向き不向きも有りましたが、何とか釣りが出来ました

最初は使いづらくても、使っている内にその竿のクセとかも分かって来て、意外に最高の竿になるかも?

自作の竿なら、愛着も殊の外湧いてくるでしょうし、数回使って結論出すより、数十回使ってみては?

イサキリベンジ頑張って下さい(^^)v

No title

最近ライトタックルの釣りにはまっているんです。

そんでイサキ釣りはダイワリーディングXA-64 190Ⅱを使っているの、この竿30号オモリが適合かと思うけど、柔らかくてイサキ向きかと。

ハリスはシーガーグランマックス使っていますが、2回ハリスが切れてます。

船宿のはただのシーガーです。


でね、気が付いたのはクッションゴム!

だって、45cmのイサキ釣り揚げた人は60号コマセかご使っている竿も太い人です。

鯵とかイサキ等口が弱い魚には竿の強弱よりクッションゴムが重要かと感じましたが。

えっ???下手なだけだって!!

それを言っちゃおしめえよ

つくづく思うね!

もしマラが竿作れる器用さが有ったら、だって自分で作った仕掛けで釣るだけでも楽しいんだから、作れたら至福の極みだね!!

頑張って!!

No title

MOMOさん、ありがとうございます。

すごいですねぇ・・、4本作って3本お気に入りですか。
きっと、頭の中にきっちりとした設計図があるんでしょうね。

私のように行き当たりバッタリでは、何本作ってもダメなんでしょうね。(*_*;

No title

サッカンさん、ありがとうございます。

そうですか、モデラート1本で毎回あの釣果ですか。
やっぱ、釣果は竿じゃないですね。

でもね~、竿のせいにしないと、精神的に辛いのよね~(爆)

No title

有栖川おでこさん、ありがとうございます。

実は、アジ・イサキ用で欲しかったのはダイワのリーディングでした。
それをイメージして作ったら、全く別物ができました。(大笑)

リーディングの様にきれいに曲がらないけど、アジは釣れました。
次回、イサキも釣れたらいいなぁと思ってます。

No title

結果後戻りできないという結論で宜しかったでしょうか?←ゲンコツ

自作の竿、僕の周りでも数人おりますが、口を揃えて「高く付く」って言いますもんね~( ̄▽ ̄;)

ボクはこの先も自作はナシの方向です(笑)

No title

私も自作ロッドを作りたいという衝動に駆られます時がありますが・・・

自分への戒めとして、拝見させていただいております

納得の一本が出来るまで、是非頑張ってください!

No title

アタリが取りやすいカーボン素材などは、アカムツの場合はどうしてもバラしやすい気がしますね(^^;
グラスソリッドはその柔らかさ故、アタリは取りにくいかも知れませんが、掛けた後のやり取りは楽なはずです

自作にしろ市販品にしろ、早く“自分の一本”が見つかるといいですね(^-^)

No title

takumi1013さん、ありがとうございます。
後戻りしちゃいそうです。(^^ゞ

今あるブランクは「なんとか使えるものにしたい」と思っているんですが、新たにブランクを買ってまでは作らないかも・・。

No title

ボッコ01さん、ありがとうございます。

自作されてる方のブログやHPを拝見すると、「いいなぁ」と思いますよね。
ここぐらいでしょ、「戒め」になるのは。(大笑)

No title

船長、ありがとうございます。

やっぱり、グラスソリッドはカーボンに比べてアタリが取りにくいのですか。
それを聞いて、ちょっと安心しました。
てっきり、私が作った竿だけがそうなんだと思って、作り直すたびに落ち込んでました。(^^ゞ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://turiniikitai.blog107.fc2.com/tb.php/280-4682843e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する