FC2ブログ

2019-10

リベンジじゃー!!

9月27日(日)  海栄丸  天気・・・雨のち曇り  中潮 5時半出船12時帰港

8月は根魚釣りで狙い通りに大きなキジハタが釣れたり、タテ釣りでも狙っていた鰆やワラサが釣れて、ちょっと出来過ぎの感があって、このままだとカツオやアカムツ釣りの時に坊主をやらかしてしまうのではないかと心配していたら、9月に入ってから、鬼カサゴで『一人撃沈』 をやらかし翌週のタテ釣りでも青物が釣れず「これでちょうどバランスが取れたかな?」と安心していた。
ところが前週、今月最後のつもりで出かけたタテ釣りでズッコケてしまい、挽回のつもりで急遽乗り込んだ午後便のウタセ真鯛でも、さらに追い打ちをかけられて、したたか打ちのめされてしまった。
最初は、「これで完全に『出来過ぎ』の禊は済んだだろう」とそれなりに納得していたんだけれど、日が経つにつれ、「いくらなんでも、これはやられ過ぎじゃないのか?」
と、リベンジ魂が沸々と湧き上がって来ちゃったのである。(爆)
 
そこで、越前のタテ釣りでキジハタをボッコボッコに釣ってやろうと目論んだのだけれど、イマイチ予約が上手くいかず、ダメ元で海栄丸に電話すると、まさかの「空いてるよ~」で決定。
  「よっしゃー目標ー! ブリ1本!!」
 
前回は、主力竿が故障者リスト入りで、主力リールも一か所PEが擦れていたんでいたので途中で予備リールに代えざるを得なかったのだが、今回は竿も、リールも万全。さらに、サロペットも新品だし、前日に「坊主除け」に自らの頭をバリカンで刈ったし、「爪を伸ばしすぎ」ないようにちゃんと切ったし、さらにネットで見つけたタテ釣り用の仕掛けも真似して1本作ったしで、 準備万端、気合十分なのだ。(笑)
 
天気予報では朝方に小雨がある程度だったのに、船着き場はしっかり降っていた。
今日は、万年さんもいっしょである。彼は先週、「和歌山遠征にて、完全出家」という辛い修行をされて今日に臨んでいる。私も今月は修行を多く積んでいるが、どれも在宅出家(爆)程度なので、まだましなのかも・・。(^^ゞ
 
日曜日だというのに今日は7人で、珍しく満員ではない。あまり釣れてないということか? 昨日の釣果もイマイチだったし、お客さんは正直だよね~。(笑)
釣り座は右舷のミヨシで、万年さんは胴の間。「この釣りは場所は関係ない」って船長は言うんだけど、私はミヨシが好きで、今日はなんか釣れる予感。(*^^)v
 
まずは、島周りからスタート。珍しく、国崎の船や本浦、石鏡の船が来ている。
これは、後から聞いた話なんだけど、最近は島周りにしかイワシがいないらしく、沖での操業はほとんどしてないようだ。確かに、前週も島周りばっかりだった。
 
一投目から、プルプルとイワシが付くのがわかった。以前主力で使っていたモデラートでもわかるのだけれど、やっぱり今の主力、バイオセンスの方がベイトの付きはわかりやすい。
2回目の流しで、穂先が入った。穂先のたたき具合からして真鯛の感じ。
船長が、すかさずタモを用意するも、掬ってくれずにまさかの抜き上げ(爆)
まあ、35cmぐらいですし、ガッチリかかってましたので・・・(笑)
 
小型ではあるものの、とりあえず船中第一号で幸先良し。
その後、数回流したところで、今度は25cmぐらいのカサゴちゃん。
まあ、目当ては貴方じゃないけど、根魚好きの三男の為にキープ。(笑)
しかし、その後は魚信もなく、だんだんベイトの付きも悪くなってきた。
何度も小移動を繰り返すが、どこもイマイチの様子。
船中でも、大艫の常連さんにハマチが上がったぐらいで、超沈滞ムードが漂う。
周りの船も釣れてる様子はありません。
 
ここで、船長が大きく転進を決意したようで、船は沖に向けて走り出しました。
私、この船長の見切りの潔さがとっても好きなんです。 釣り船って結構同じポイントにかたまっていることが多いですよね。もちろんこの船もそうなんですけど、でも船団を離れて、他のポイントを探しに行くのは、この船長の決断が早いように勝手に思ってます。まあ、私はほとんどこの船しか知らないので、単純に私の思い込みだけかもしれませんが・・。(^^ゞ
でも、以前、息子の寛都君ともこんな話をした時、「自分もエサ場を離れることはあるけど、船長のようには上手くいかん。親父は凄すぎる」って言ってましたから、まんざら見当はずれの思い込みでもなさそうです。
 
 
さて、移った場所は漁礁の上です。「ベイトはアジになります。」とのアナウンス。
丁度、船仕掛けの一番下のハリスが撚れてきたので、私は↓自作仕掛けに交換。
 

 
 
この仕掛けだと、ハリスが撚れた時にハリス交換ができるし、ハリスの長さも調節できる。作るのに随分時間がかかったけれど、ベイトも付いた実績があるそうなので、期待することこの上なし。
最初の流しでは、ベイトが付かなかった。 でも万年さんにはアジが鈴なり。(@_@;)
 
次の流しで、軽く根掛かって、ちょっと竿をあおったらすぐにとれた。
 それも仕掛け丸ごと・・・・。
使い回しのサルカンを付けて作ったので、取れちゃったのかなぁ・・・
結局何もしないまま、力作の仕掛けは海の藻屑と消えてしまった。
 
さて、ここからは万年さんの独壇場でした。
私がベイトが付かずに悩んでいる間に、立て続けに3本のワラサを上げて、船長の思惑に見事応えてました。もう、「お見事!」としか言いようがなかったです。
この日は、この他に船中で2本ワラサが上がりましたが、すべて棚情報などを惜しげもなく皆さんに伝えていた万年さんのおかげです。
やはり、和歌山での辛い修行がここで実ったのねぇ・・・。
 
私は、唯一の自作仕掛けを失くしてしまったので、撚れたハリスのまま、船宿仕替えを使用していると、私にもアジが付きました。
すると、アジが暴れはじめて穂先が跳ね上がったのです。 かつてハマチが喰いあげてこんな動きをしたことが何度もあったので、「なんだ、俺にはハマチかよ~」と
電動マックスで、ラインを巻き取ると、途中で竿がドスン!!
 
 「キャーッ、これってハマチじゃないし!!」
 
慌てて電動を停めて、突っ込みを竿で付いていったところで、テンションが外れました。 ああっ、やってもうた・・・
 
仕掛けを上げてみると、一番下のハリスがチモトで切れていた。
鰆なら切られたのはしょうがないけど、もしワラサだったとしたら、仕掛けを新しいものに交換していれば獲れたはず。ぐやじい・・・・。
でも、こういう横着なことをやる人に、女神さんは微笑みませんよね。
私も万年さんのように、船長の思惑に応えかったんだけどなぁ・・・
 
アジの付きが悪くなったところで、また場所移動です。
島周りに戻ってきました。朝いっしょにやっていた船は、まだここでやってます。
前日の終盤、ここでツバスが釣れたらしく、それを期待して戻ったようです。
ここでのベイトはイワシです。私は、アジよりイワシがベイトの方が好きです。
どうもアジは上手くつけられず苦手意識があります。何が違うのかなぁ・・
 
朝に比べるとベイトの付きは悪いですが、それでも時々穂先がプルプルします。
そのうち、プルプルがだんだん大きくなって、これはイワシじゃないなぁと上げて来たらツバスが付いてました。(^^ゞ
今月3回のタテ釣りで、初めての「青物」(゜O゜)☆\(^^;) バキ
 
万年さんは、ここでも大きく竿が曲がって、「どんどんラインが出て行く」と楽しそう。
私、思わず「殺意」を覚えましたわ。(大笑) 
これはハリス切れで獲れませんでしたが、良型サワラだったようです。
 
 
結局、このまま時間切れとなりました。今日は、万年さんの底力を見せつけられた一日でした。でも、私のことですから、ただでは帰りません。かつては「他力本願寺副住職」と言われた男です。ちゃっかり1本強奪して帰りました。(爆)
 
下船後、岸壁で万年さんと今後の予定を話していると、「イケチャンですか?」と一緒に船に乗っていた方が声をかけてくれました。
なんでも、私のHPを見て海栄丸に乗るようになったとか。有難い事ですね。
私はズッコケることが多いので、時々、「営業妨害してるんじゃないか?」って心配になることもあるんですが、こんな風に声かけていただけると素直に嬉しいです。
また、お目にかかる機会がありましたらよろしくお願いします。
 
万年さん、今日はありがとうございました。&ご馳走様でした。
船長、寛都君、ありがとうございました。
今回も楽しく遊ばせてもらいましたよ~。またよろしくで~す。(*^^)v 
 
 
帰宅後、魚を3枚におろして爆睡していると、帰省していた次男がツバスと真鯛で刺身を造ってくれました。 真鯛は刺身にするには小さかったのですが、妙に腹が黒かったので、「ひょっとしてアカムツの腹黒」と通じるところがあるのでは?と刺身にしてもらいました。前回食べた40cm級の真鯛より、水っぽくなかったです。
 
右側のネギの乗った真鯛は「ゴマ油と塩」で味付けしてありました。
かつて、レバ刺しが食べられた頃のタレと同じですね。 こんな食べ方もあるんですね。 ご馳走様。
 

 
今回、リベンジじゃーと威勢よく出かけて行きましたが、見事な返り討ち。
しばらく、立ち直れそうにないので、真面目に暮らします。(笑)
 
今月初めは、「出来すぎ」のバランスをとらなきゃと考えてましたが、今はどこかで
リハビリをしないと、とても一発勝負の遠征に出かける自信がありません。(爆)
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

ウーーーーン

人生も釣果もギッタンバッコですね!

まぁ釣れないから釣れた時が楽しいんじゃないのでしょうか?

読んでいて心に沁みました(爆)

No title

こっちにいらっしゃい♪って言ってあげたくなっちゃいます(^^;

清水のワラサは好調です
私は三保のワラサが不味くて大っ嫌いなんですが、今年はどれも脂がノリノリでメチャ旨ですねー(^^;

No title

有栖川おでこさん、ありがとうございます。

そうですね、釣れないときがあるから、釣れたら嬉しい。
でも、釣れたら釣れたで捌くのが辛い。(爆)

まあ、思うように行かないから続けられるのでしょうね。(^^)

No title

船長、ありがとうございます。

こんなことなら、そっちに行けばよかった。(笑)
ワラサぐらい、遠征しなくても釣れるわいと思った私がバカでした。

たぶん、次回の釣行は来月中旬以降になりそうです。

アカムツ行く前に、三保沖でリハビリした方がいいでしょうか?

No title

今回も厳しい釣りでしたね(>_<)
でも、次はそろそろ神が舞い降りるんじゃ?

タテ釣り、釣果は下降気味ですよね。今年も1度も行くことなく、諦めました(^^;;

No title

思うような釣りが出来なかったとのことですが、楽しめて、おかずだけはしっかり確保出来たとなれば…
それで良いのダ~

次の釣りは来月半ば過ぎになるとのこと…、
暇つぶしに又 竿でも作ってみては如何ですか?

No title

いいなー 息子さんに刺身造ってもらえるなんて♪

きれいいに盛り付けてあって 美味しそう~

秋は色々することが多いです 松茸・みつばち・釣り・・・

No title

タッカマンさん、ありがとうございます。

今年のタテ釣りは、これでおしまい。 たぶん・・(笑)
4戦して、1勝2敗1分けって感じです。(^^ゞ

去年は1回しか行けなかったけど、今年は4回も行けたから良しとします。

No title

下手くそ船頭さん、ありがとうございます。

かろうじて、おかずは釣れました。(笑)

そうですね、暇つぶしに竿作りってのもありですね。
ただ、作るたびに使えない竿が増えていくんですが・・(爆)

No title

MOMOさん、ありがとうございます。

今回は、次男がやってくれましたので、ラッキーでした。
息子に作ってもらった刺身は格別ですね。

No title

うーん、返り討ちでしたか・・・お疲れ様でした

私もベイトはイワシのほうが好きです、食い込みがいいような気がして・・・

玄海の話ですけど、アジがベイトの時は、フラッシャーで目立たせたほうがいいようです、フラッシャーフサフサの仕掛けに変えた途端、ベイトがばっちり着く事もありました

これで相当釣り運が貯まったはずですよ、次回に期待ですね!!

No title

ボッコ01さん、ありがとうございます。
見事に返り討ちにあいました。(笑)
鳥羽では、イワシがベイトになることがほとんどなんですが、今回のようなこともありますんで、来年はフラッシャー付きも一つぐらい道具箱に入れておきます。(^^)

No title

こんばんは(^o^)/万年(サササッのおじさん)です

お~!今回の釣行記は力作ですね
今回は運が良かったように思います
前回弟子2号さんが同じ棚で当たっていたのを思い出しまして
最初は25m次は33m棚はバラバラでした

しかし美味しそうな料理です
次男さん嫁に欲しいです(爆)

No title

万年(サササッのおじさん)さん、どーもです。

見事なもんでしたね。完全に脱帽です。

私も28mで一発来たけどハリス切れ。あとは待てなかった・・(^^ゞ

次男は来年からたぶん三重に住みますんで、使ってやって下さい。(爆)

さて来月の中旬以降で、清水のアカムツ遠征考えてたけど、満員かも??
さて、どうしましょう、困りましたねぇ・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://turiniikitai.blog107.fc2.com/tb.php/198-733bab47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する