FC2ブログ

2019-11

幸せなひととき

3週間程帰省していた次男が、今日下宿に戻る。
たぶん、こんなに長期間帰省することはもうないだろう。
そんなことで、昨晩は二人で飲みに出かけました。
 
実は、息子と二人で飲みに出るのは初めてのことなんです。
できれば、ちょっと小洒落た店で美味しいものを肴に飲みたいのだけれど、
「飲み屋街」を卒業して、もう20数年。 全く店を知らないのよね~。(^^ゞ
そこで、かつて魚が美味しかった記憶がある某チェーン店に行ってみた。
 
3種程お刺身を頼んで、「あれっ? こんなんだったっけ?」
サッサと食べて、息子がスマホで検索した店に河岸変えでござる。(爆)
 
ところが、そのお店のすぐ横に、白木のカウンターがとてもきれいな落ち着いた感じのお店を発見。厨房には年配の板前さんがいるのが見えるんです。
ちょっと高そうだけど、絶対こっちの方が旨そうだよなぁ・・・。
 
ということで、そのカウンターに座りました。(笑)
「最初からここに来ればよかったね」と言いながら、美味しい肴で冷酒をチビチビ。
気になるのは厨房のネタケースに入っている30cmぐらいの赤いお魚。 
おねーさんに「あれはアカムツ?」と聞くと「キンキです」って。
 
「キンキって食べたことないけど、煮魚で美味しいらしいよ。スーパーで15cmぐらいで数百円で売ってるのは見たことあるけど、あんな大きいのは初めて見たわ~、
きっとあれは高いぞ~」
 
メニューにはメバルの煮つけが2300円と出ているけど、キンキは載ってない。
 
「5000円はするんじゃないの? 一軒目の散財がなければ、頼んだけどね~」
なんて息子と話しながら、物欲しそうに二人でキンキを眺めてました。
 
すると、よせばいいのに、おねえさんが「これ、釣り物なんです」って言うんです。
いやいや、それは反則技でしょう。(笑) ますますキンキに魅かれていく二人。
 
居酒屋の厨房でバイトしている息子なんかは、「本当のプロが作った煮魚をたべてみたいよね~」なんて言い出す始末。
 
そこで、恐る恐るおねえさんにお値段を聞いてみました。
「3620円です。普通なら5000円ぐらいしてもおかしくないですよね~」って。
 
えっ?安いじゃん!!
 
いやいや、金額的にはとっても高いのですが、高級魚ときいてるお魚が、スーパーで売ってるよりはるかに大きくて、さらに釣り物で、板前さんが料理して・・、となると「お値打ち」と思えてくるわけです。(^^ゞ
 
二人とも我慢できなくなりました。   「それ・・・、いっちゃってください」(爆)
 
初めて見るキンキの煮つけ。肝と牛蒡がそえられております。
まずは一口・・・、オオッ!!(@_@;) 
いや~、大変美味しゅうございました。  二人で、しゃぶりつくしまして、おねーさんから、「綺麗に食べていただいて・・」とお褒めの言葉をいただきました。
残った煮汁をマジで持って帰りたかったです。(笑)
 
息子も「学生だけでは、こんな店には来れないわ~」と喜んでくれまして、ちょっぴり親父らしさを見せることができた私も大満足。
 
釣り代はなくなりましたが、いい時間を息子と過ごせたから、まっいいか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

いいですねー(*^^*)
自分の理想とする将来像ですよ!
うちの子供たちともこんなひと時が過ごせるように、自分も頑張りますよ(*^^*)

ところで、イサキの前に鳥羽のイワシ情報が気になってるんですが、イケチャンさんは行かれますか?

No title

タッカマンさん、ありがとうございます。
私が成人したとき、親父と呑みにいきましたが、嬉しそうにしてました。
きっと、私も昨日は同じようにしていたんでしょうね。(笑)
タッカマンさんも、あと数年すれば・・・ですよ。(*^_^*)

喰わせも気になりますが、残念ながら私は行けません。
私の行ける日で海栄丸が空いてる日は、最短で7月5日(T_T)
もしご都合付くなら一緒にいかが?

いくらなんでも、その頃にはイサキも来てるでしょう。(*^_^*)

No title

羨ましいほのぼのなお話ですね♪

ぼくんちのオヤジは下戸なので酒を酌み交わしたことがないので羨ましいです。
そして下戸な親から大酒飲みの倅が生まれたのが不思議です(爆)

No title

親父と兄貴と自分とで酒を飲んでほのぼのありました。
今思えば至福の時間でしたね~
尊い時間を過ごせたと思いますよ。これこそ一生の財産です

No title

takumi1013さん、ありがとうございます。

我が家は逆です。親父は、酒屋が心配するほど大酒呑みでした。(笑)
私も若い頃は1升酒をやったことがありますが、最近は缶ビール1本で二日酔いです。(^^ゞ

昨日は久しぶりの外呑みだったので、気合をいれて2合で終了(大笑)

No title

トモゾーさん、ありがとうございます。

息子とさしで呑むのもいいもんですね。

雰囲気もよく、美味しい店を見つけてしまったので、昔の悪い癖が頭をもたげそうです。(爆)

No title

先月、うちの娘が二十歳になりまして、「最初のお酒は親子で」と言われていたので初めて二人で飲みました
缶チューハイでしたけどね(^^;

「大して美味しくないねもういいや」と、サッサと飲むのをやめちゃいました(^^;

No title

船長、ありがとうございます。

「最初のお酒は親子で」なんて素敵じゃないですか。

うちは息子ばかりなんで、娘さんと飲めるのは羨ましいです。

No title

た、高・・・

メバルの煮つけが2300円もビックリですが、3620円って、もっとびっくりですねえ

本物の魚の煮付けは高級料理だと言いますが、まさにそのとおりですね!
美味しかったんだろうなあ・・・

No title

キンキって、ガシラに似てる奴ですよね。
釣りものってことは、そちら方面で釣れるのでしょうか?
北の魚のイメージですが。
うちは、親父とは仲悪くなかったのですが、早くに亡くなってしまったので一緒には飲めませんでした。
一度、行っといたら良かったなあ。

No title

ボッコ01さん、ありがとうございます。

煮魚って、お店で食べると高いですね。ビックリでした。

キンキは、物凄い脂が乗っていて美味しかったです。

でも、二人で1匹が丁度よかった感じでして、一人だけだとちょっとくどいかも・・(^^ゞ

No title

すみちゃんさん、ありがとうございます。

キンキは北の魚だと思います。産地は聞きそびれました。(^^ゞ

考えてみれば、親父と外で飲んだのはあの1回だけかも??

今更しょうがないですが、もっと喜ばせてやれば良かったなぁ・・。(^^ゞ

No title

いいですねぇ、こういう親子とのふれあいは

自分の所は、自分が就職して以来、中々一緒に食事を取ったりという機会も少なく、羨ましい限り(^^;)

奮発して、父の恰好イイ所も見せちゃって、素敵な時間を過ごせましたね

自分の親父は・・・・・・安酒飲んで布団でいびきかいてますわ(^^;)

No title

キンキの旨さもわかるけど、倅とのみに行く、この気持マラも良く判るんです。

本当にナイスです

昔、倅が20歳になって銀座の行きつけのクラブに連れて行きました。

その時ママと話したのが『これが自分の夢だった』

ママ、それを聞いてビックリ。

だって何時も女のケツ、そう穴を追い求めていたマラがその店に・・

お陰で倅、今だに独身、字が違うっちゅうの!毒身。

その原因は親が毒親だからだって(涙)

昭和の時代は良かったなぁ(爆)

No title

サッカンさん、ありがとうございます。

私も、いつもは発砲酒1本飲んで 大いびきです。(笑)
まあ、親父なんてそんなもんですよ。

サッカンさんも、将来息子と杯を交わせるといいですね。(*^^)v

No title

有栖川おでこさん、ありがとうございます。

そういえば、ウチの親父は私とトルコ風呂に行くのが夢だったようですよ。もちろん、実現しませんでしたが・・(笑)

私もできれば錦三とか女子大小路(当地のネオン街です)に連れて行きたかったのですが、通っていたのは20数年前。今は1軒も知りません。(T_T)

今回は、偶然見つけた小料理屋でしたが、息子達が行くような居酒屋ではなかったので、少しは大人の雰囲気を味わってもらえたと思います。(*^^)v

No title

タイトル通り「幸せなひととき」でしたね。

私は2~3年前に、息子の下宿してるアパートの近くの居酒屋で、父子で飲んだことがあります。
料理は大したものはなかったですが、酒の種類が多くて、いろんな酒を飲み比べました。
とっても「幸せなひととき」でした

次回はいつなのか・・・、今度は魚の美味しい店で飲んでみたいものです。

No title

160さん、ありがとうございます。

いいもんですね、こういう時間は。
長男は酒があまり好きではないので、一緒に飲みにいけませんでしたが、ようやく念願かないました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://turiniikitai.blog107.fc2.com/tb.php/148-c5cc55d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する