FC2ブログ

2018-11

あわせない・・の・か??

11月11日(日)  海栄丸  天気・・・晴れ時々曇り  中潮  5時半出船12時帰港

前回の釣行以降、越前方面にタテ釣りに行きたい思いがあったんだけれど、
日本海側は荒れる日が多いようで、釣果欄をみてもまともに出ている日がほとんどない感じ。そんなことで、気心知れた海栄丸のイワシ泳がせに予約をいれた。

今回は、ヒラメの合わせ方の勉強、オオモンハタの確保、さらに中古で買った、ダイワゴウイン落とし込みM245が、ヒラメ釣りにも使えるかどうかが、テーマです。(笑)

ヒラメは今まで、グイッグイッと来た後、グーンと入ったところで、「オリャー!!」と竿をたてて合わせていたんだけれど、どうも上手く行かなかった。
そこで、今回は「オリャー!!」の前に、「ちょっと、よろしいです?」みたいに、ご機嫌伺いをしてみようと思っている。(笑)

今日は、ブログや掲示板に書き込みを下さるTosichanさんが、お仲間と一緒に海栄丸に乗られるとのことで、どんな方だろうと、ちょっとドキドキ・・・。
もし恐そうな人なら、気付かなかったことにしよう。(゜O゜)☆\(^^;) バキ!

くじ引きで私は左舷大艫、Toshichanさんグループは右舷に4人並ばれた様子。
船が走りだしてしばらくしてから、とても優しそうな方が声をかけて下さった。
この方がToshichanさんとわかって、おおいにホッとする。(笑)
今日は、中学生の息子さんもご一緒されていて、この子は、知多の某船で「天才釣り少年」と言われている。 今のうちにサインでも貰っておいた方がいいか?

風が強く、エンジンスローで船が大きく揺れる中、イワシが配られる。前回はやたら大きかったが、今回は大小入りまじった感じで、小さ目のイワシを選んで投入。

周りの方々のスリムなヒラメ竿を見ながら、ゴッツイゴウイン落とし込みを脇に抱えて、『う~ん、ちょっと場違いだなぁ』(^^ゞ
アタリが出てから合わせまでの勉強をしたいのですが、そもそもアタリがない。
船中でも、しばらく静かな時が流れてました。

左舷で最初に釣りあげたのは、胴の間の方で、その後、私のお隣の方に1枚上がった。 このお隣の方は、竿はヒラメ専用竿、リールは手巻きを使っておられ、ポイントに着くまでもイメトレをされていたので、ヒラメ名人とお見受けしていた。
アタリが出てから、どんな合わせ方をされるのかずっと見ていたんですが、なんと合わせないんです。ジリッ、ジリッとゆっくり巻いて行くだけで魚がかかるんです。
「オリャー!!」は、しないのか??
考えてみれば、前回のヒラメ釣りのとき、私の隣で私がスカしたヒラメを悉く釣り上げたかたも、「オリャー!!」なんて合わせは全く入れないで、ただ電動で巻き上げているだけだったように思う。
ひょっとして大きな合わせはいらないのか??

今日は、小さいイワシではアタリが出ないで、大きなイワシではアタリがあるものの、
しゃぶりつくされて針係りしない。少ないアタリがものにできずに悩んでいると、
ついにヒラメ坊主は私と、右舷大艫の方だけになってしまった。
今日は、最後の一人になりたくない、せめでドべ2でお願いしたい。(笑)

そんな思いが通じたのか、グイグイとヒラメ特有のアタリが出始めました。
「オリャー前のちょっとよろしいですか?釣法」も失敗しているので、お隣さんを真似て、グーンと入った時も、ジリッジリッと巻続けると重みが乗って、やっとチビヒラメがつれた。

トリプルフックの1本が、かろうじて刺さっていただけだった。
これでオリャーってやってたら、毎度のすっぽ抜けだったかも・・・・。

今日は、案の定、天才少年君が大活躍のようで、一人で釣りまくっているようである。もう、余裕のヨッシャんで、ときどき覗きにきては、「釣れた~?」って聞いてくる。 私があまり釣れてないのをみて、「今日は、後ろが有利だから・・」と叱咤激励までいただいて、私はひたすら「はい。がんばります!!」と返すのみ。(笑)

船長が、「イワシを優しく持って、あとは1m離れて気配を消して」と少年に教えたそうで、私もそれを真似をしてみる。う~む・・・・・
船長に「真似してみたけどあたらんが~」というと「大人はダメ」だって。(大笑)
邪念と殺気がが多すぎて、1m離れたぐらいではダメみたい。(爆)

さて、もう残り時間も少なくなってきまして、船長が最後のイワシを配りながら、
私に、「ほれ、サバが1匹混じっとる。これで、カンパチ釣れるぞ」ってニヤニヤしながらそそのかしてきました。「え~っ、マジで~~」

ということで、ハリスを8号シングルフックに交換してカンパチ狙い。(笑)

1投目は不発だったけど、二投目でガツンッとアタリがあった。
緊張の一瞬。頭の中はロクマルカンパチ一色。(^^ゞ
一気に突っ込め!!と願っていると、グイグイって穂先を持って行く感じ。
はあ?なんだ、ヒラメかよ~、カンパチのつもりだったのに、おめーじゃねーよ。
1匹しかいない貴重なサバを使ったんだぞ。 どうしてくれんじゃ!
しょうもないチビヒラメだったら、ただじゃすませんからな!

と思いながらも、グイーンと入った時に弱気にジリッ、ジリッ・・・
ゆっくり巻き上げると、さっきのヒラメよりは重たい感じ。 
チビではなさそうだし、まあ許してやろう。

と、なんとあがってきたのは、ジャーン!! 

来た~~!!大本命のオオモンハタ様!! 
これが食べたくて、先回と今回きたんですよ。ようやくお目にかかれました。
サバ君、よくがんばった!ありがとう!!

釣果はドべですが、この1匹で私は大満足の納竿でした。

船長、若船長、今日もありがとうございました。楽しく遊ばせてもらいました。
また、Tosichanさんとご子息、お仲間の皆さんもありがとうございました。

これからの季節、貧果の鳥羽の帰りはこれですね。

私の師匠御用達のやま栄さんの牡蠣です。 (^○^)

今日のヒラメ釣りでは、合わせない釣り方もあることがわかりました。 
私は「オリャー!!」って大袈裟に合わせるのが好きだけど・・(爆)
次回は年明けの寒ヒラメかな。
当たり前ですが、今回使ってみた「ゴウイン落とし込み」は、やっぱり青物が似合うようなきがします。今シーズンはブリが回って来るかなぁ・・・。(^^ゞ
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する