FC2ブログ

2018-08

貧打です。(^^ゞ

過去のカツオ&メジ釣りを総括してみました。


1試合目 4打数1安打  3kgカツオ1本ゲット  3バラシ 船中0~2
2試合目 1打数1安打  4kgキメジ1本ゲット  0バラシ 船中0~1
3試合目 0打数0安打  船中丸坊主
4試合目 2打数0安打  坊主            2バラシ 船中0~3
5試合目 4打数2安打  4kg~5kgカツオ2本 2バラシ  船中0~2
6試合目 0打数0安打  船中丸坊主 

計  11打数4安打  打率.363 ← セの首位打者じゃん!(゜O゜)☆\(^^;) バキ

でも~、6試合で11打数しかないってことは、ほとんど守備要員か(笑)

カツオ 監督~!! 先発で出してくれ~~(爆)
スポンサーサイト



至高の呑み比べ

今日は友人の娘の結婚式に、出席して来ました。

そこで、新郎新婦の地元のお酒がふるまわれまして、
新郎側は

「大吟醸50」は、一度だけ買って呑んだことがあるのですが、「二割三分」はとても私には手が届かないお酒です。
嬉しくって嬉しくて、心に刻む思いでいただきました。
  


そして新婦側からは、

なな、なんと 「醸し人九平次 純米大吟醸 別誂(べつあつらえ)」
もちろん初めて。 もうビックリ仰天、腰が抜けそうでした。(笑)

老舗の高級懐石をいただきながら、獺祭と九平次を愉しみました。
世の中には、こんな美味しいお酒があるんですねぇ・・。
いつもは、1合あれば昇天できますが、今日は意地汚く4杯も
もうちょっと時間があれば、もう1杯九平次を行きたかった。(大笑)

私の場合、酒の味は値段で決まりますが(笑)、不思議なものでこのぐらい高価な酒になってくると、値段に関係なく自分の好みがわかります。(爆)

至高の酒の競演、一生に一度のいい思い出になりました。

あっ、そうそう、もちろん、結婚式も素敵でしたよ~。



夏の思ひ出

今日は、清水から出船して荒れ模様の駿河湾に浮かんでおりました。

この引き金になったのは、15日の早朝に予定していた次男とのハゼ釣行が、土砂降りの雨のせいで、Uターンせざるを得なかったことです。
ハゼ天で一杯呑んで、翌日は最後の夏休みをのんびり過ごすつもりだったのが、
当てが外れて、さらに、駿河湾でカツオが釣れてるもんだから、なんだか悶々としちゃったわけです。 『明日を逃したら10日先しか行けない。それまでカツオはいないかも・・』な~んてね。

夕方の天気予報を見て、船宿さんに「明日は空いてますか?」と電話をしてしまいました。当然満員で断られると思っていたんですが、一人ならOKとのこと。
翌日の仕事にむけて、出来れば早めに帰りたいので、沖上がりの時間を尋ねると、
『上手くすれば8時か9時ぐらいかも。 ここ二日間とも、満タン早上がりだから。』
とまあ、とっても景気のいいお話です。

そんなことで、あわてて釣具屋に走って20号ハリスと環付針を買って仕掛け作り。
さらに、糸の巻き替えなどで、一睡もすることなく、現地着です。

お客さんは8人+中乗りさんが竿をセットします。
南西風がやや強いようで、船長から、「三保を回って波がきつそうなら戻るかも」と予想外のお言葉。
 でも何とか行けそうだと、波に揺られながらゆっくり進みます。

沼津方面のカツオ船は荒天のため出てないそうで、どうやらカツオ釣りに出かけるのは本船だけの様子。船内では、「群れが見つかれば釣果独り占めだぞ~」「満タン早上がりになるかもね~」 なんて調子のいい話が出てます。
本当にそうなってくれるとありがたいのですが・・・。(^^ゞ


結局、港に戻ったのは9時半ごろでした。そこそこの早上がりですね。



クーラーはこんな感じ・・・・。

以前清水釣行した際に、清水魚市場で買って似たような画像をアップしたことがありますが、今回は、焼津魚センターまで足をのばしました。(爆)

さて、肝心の釣りのお話ですが、本日の投入は1回のみ。
あとは、延々と鳥山とナブラの捜索をしておりました。
鳥は散らばっていて、鳥山と言うほどのものは全く見つかりません。
さらに、昨日の大雨でカツオが浮いて来なくてナブラも見えないらしいです。
カツオの気配もなく海況も良くなる様子もなくで、ついに船長からギブアップ宣言。
もちろん、船中丸坊主です。
他船では、カツオが居ないと、イサキなどの他の釣り物で時間をつぶして終わることがあるのですが、この船長は、全くそんなそぶりもなく極めて潔い撤退でした。


実は、「2日連続で満タン早がり」と聞いて、なんとなく、嫌な感じはあったんです。
かつて、満タン早がりの翌日に行って、一度も投入できずに終わったことがあって、
それが2日連続となると、ちょっと危険信号じゃないの?なんて・・
まあ、それでも欲に目がくらんで行っちゃたからしょうがないけどね~。(爆)
来月でもまだ居付いているなら、チャンスはあるかもしれないけど、そんなに甘くはないでしょうね。 今年のカツオはこれで終わりになりそうです。



まだ時間も早いし、釣果もないし、ETC割引もないので下道で帰ることにしました。
浜松の広い道路に入った瞬間に、サイレンがなりました。

白バイの隊員さんが、、「並走してしる白バイの前で、加速しちゃだめですよ」って、優しく諭してくださいました。 並走してしているなんて、全く気づきませんでした。
ほとんど寝ずの釣行帰りですので、意識がもうろうとしていたか・・。

今日は、船長の好意で、船代を大幅におまけしてしてもらったのですが、これで全部飛びました。(T_T)

白バイさんも、サイレン鳴らす前に、大きく手でも振って「ここに居ますよ~、気を付けてね~」って教えてくれるぐらい親切ならいいのにね。(爆)

夏休み最終日だというのに、カツオを釣らずに、白バイさんに釣られるとは、

なんて日だ!!

釣り魚

久しぶりに自分で釣った魚を食べます。(笑)
釣りの帰りに、四日市で次男も釣って帰ったので、3種盛りを造ってもらいました。
私が並べたサワラの炙りに比べると、見た目がとってもいいですね。 流石、学生時代に勉学をおろそかにして、居酒屋のバイトで明け暮れただけのことはある。(^○^)

近所のジギングおじさんに言わせると、夏のサワラは「猫マタギ」と呼ばれぐらい
美味しくないそうで、「まずかっただろう」と聞いてきます。(爆)
でも、私は、夏のサワラしか釣ったことがないので、この味しか知りません。
知らないということは、ある意味幸せなことかもしれませんね。
猫が跨いだサワラでも、私は食べますわ。(笑)

今回驚いたのは、大ハマチです。ちょっとアップで見て下さい。

船長の言う通り、程よく脂が乗ってまして、大変美味しゅうございました。

逆に、背びれに沿って金色の筋が入っていた大アジは、期待を大きく裏切るサッパリ系でやや残念。それでも、アジですから不味かろうわけはないのですが・・・。

久しぶりの釣り魚を家族に食べてもらって、とっても嬉しかったのですが、
翌朝、私は少しお腹の具合が悪くなりました。すると、三男もちょっとおかしかったと。さらに、嫁と次男は前夜少しおかしくなったと・・。 無事だったのは長男だけ。
明らかに、刺身による軽い食中毒ですね。

魚はきっちり手当して持って帰ってきているので、原因は刺身を切る際に、外に放置した時間が長かったか、久しぶりに魚用のまな板を使ったのですが、軽く洗ったぐらいで使ったのが悪かったのか、そのどちらかでしょう。

釣った翌日も、ワラサとアオハタを刺身にしましたが、それらを注意したところ何ともなかったです。 

暑い日は、細心の注意を払わないといけせんね。(^^ゞ

お久しぶり~(^○^)

8月12日(日)  海栄丸   天気・・・晴れ  大潮  5時出船12時帰港

6月のイサキ釣り以来、約2か月ぶりの釣りです。
この間、イサキ釣りのゲストで本カツオが釣れていたのは気になっていたんですが、
片手間でカツオを狙うのは、カツオ様に申し訳ない気がして行けなった。(笑)

今回は、ようやく鳥羽沖で始まった喰わせ釣り(タテ釣り)です。
私の好きな釣りなんですが、昨年はイマイチ釣果だったので、中古の専用竿を買って心機一転するつもりでした。 でもグズグズしているうちに他の人に買われちゃって、そのうちどっちでも良くなっちゃいました。(爆)

今回は、最近補欠扱いになっていた、シマノのモデラート225で臨むことにしました。
高橋哲プロが、これを使って玄海落とし込みをやってる動画を見ちゃったもんですから、もう一度この竿を見直してみようと思った次第です。

菅島から南下して、石鏡ホテルが見える辺りで船足が遅くなって、若船長からベイトの位置と水深のアナウンスでスタート。
落とし込んで行くと、ベイトが付くのが分かります。毎年この時期は、ベイトが小さくてわかりづらいのですが、今日は10cmぐらいの立派なイワシが付きます。
小サバや小アジがかかって、仕掛けが止まることも・・・。(^○^)

最初に竿を曲げてくれたのは、40cm位のマルアジ君でした。
その後、25cmぐらいのアオハタ君。さらに、チビマトウのW。
周りでは、大鯛やヒラメがバンバン釣れているの、なんか私だけ違う・・・(^^ゞ

なんだかなぁ・・・と思っていると、いい感じのアタリが出まして、合わせてやるとちょっと重たい。 
 青物っぽいです。
8号ハリスなので、少々強引なやり取りでもいいのでしょうが、初めてのまともな獲物のようなので、慎重に上げてきました。

ワラサには、ちょっと足りない大ハマチ。
でも船長に言わせると、ワラサよりこの大ハマチの方が断然美味しいらしいです。

それからしばらく経って、コツンって感じのアタリに合わせると、ズンッ!!
これも青物っぽいです。
しばらく格闘していると、サワラの尻尾が見えました。(^^ゞ
いつもなら竿の曲りをみて、船長か若船長が必ずタモ入れに来てくれるのですが、
今回は、見放されてます。(笑)
お隣の方に、「すんません、タモを・・・。」とお願いして、掬ってもらいました。

無事、サワラゲット!!  船長が見に来て「おっ、サワラが釣れとるが~」、若船長も見に来て「あー、釣れてる~」って。(大笑)

これで完全に達成感です。今日は、曇り後雨の予報だったので、『それほど暑くならんくていいや』と喜んでいたんですが、思いっきり外れてピーカンです。
暑い・・、早く帰りたい・・・(爆)

そんなウダウダ状態のとき、右舷の方に2kgのカツオが釣れて、俄然やる気になります。若船長に話によると、落とし込む途中で喰ったらしいと。
ゲストでカツオを狙うなんて、カツオ様に失礼だとは思うのですが、もし釣れちゃったらそれはしょうがない。

そんなことで、ベイトが付いたら棚の上限まで待って、出会い頭のカツオ待ち。(笑)
でも、そんなに上手く行くわけはなく、さらにお隣と棚が全く違うのが原因なのか、何度かお祭りになったので、小1時間で諦めました。(^^ゞ

基本に戻って(爆)、底付近で狙っていると、ヒラメのようなアタリ。
でもスカしてしまって、ヒラメならもう一度食って来るだろうとすぐに仕掛けを落としたら、やっぱり食ってきて、今度はドンピシャ!!
ヒラメじゃ、ヒラメじゃと喜んでいたら、若船長がタモ入れに来てくれて掬ってくれたのが50cm近い大アジ。(大笑)  あれっ?? 全然ヒラメじゃないし・・。(^^ゞ

そんなこんなで、私は打ち止めでございました。
船長に言わせると、私は旨い魚が釣れるとその後釣れなくなるそうです。
「今日なんか、もっとたくさん釣れるはずなのに~」って笑ってました。
まあ、手を抜いたわけでもないのですが、確かに船中でバンバン上がっていたヒラメやタイは、私には全く釣れませんでした。『鯛は、夏より秋の方が旨いよな~とか、ヒラメは絶対冬が良いよね~』なんて、心の片隅で思っているから、嫌われちゃったのかなぁ・・。(^^ゞ

今回、既製品を真似した自作仕掛けと既製品で比べてみましたが、釣れたのはほとんど既製品でした。 なんか微妙に違うんかなぁ???
船長からは「また仕掛けを試しとる」と笑われましたが、昨年の物に比べると、いい線いってると思ったんだけどね~、ざ~んねん。

でも、久しぶりにサワラが釣れたからいいんじゃ~!! めでたしめでたし。(*^_^*)

船長、若船長、今日もありがとうございました。とっても楽しかったよ~ん。
サワラを掬ってくださったお隣さん、本当にありがとうございました。(*^_^*)


これだけあれば、充分です。(^_^)v

ちょっと不安・・・・(^^ゞ

明日は、2か月ぶりの釣りなんです。

久しぶりに仕掛を作ってみましたが、これで大丈夫か?と、とっても不安。
ということで既製品も仕入れてきて・・・(^^ゞ

支度をしても、なんか忘れているような気がするし。

それに、お伊勢さんの海幸守が見あたらない。
あんまり釣りに行かないので、怒って伊勢にお帰りになってしまわれたのか??

とりあえず、クーラーBOXはいつもより控えめにして、・・。

そうそう、寝坊しないようにしなければ。

大当たり~(*^_^*)


最近、いきなりこんな画面がよく出てきます。
くじ運は良くない方なんですが、くじを引かないと当たるみたいですね。
この調子で行ったら、宝くじを買わなくても1億ぐらい当たりそうな勢いです。

そうそう、先日「100万円当たりました」と、メールをくださった見知らぬあなた!


100万円分の釣具を大人買いして請求書を送りますんで、クレジットカードの番号や暗証番号など、あなたの個人情報をご連絡ください。(゜O゜)☆\(^^;) バキ

新記録!!

名古屋の気温が、先ほど40.3℃になったそうです。

今まで中途半端な39.9℃だったらしく、見事に大台突破しての新記録。

中日ドラゴンズも名古屋グランパスも低迷続きで、話題に乏しい当地ですが、
これで少しは全国区か?

『このまま一気に日本記録も抜いちゃえー!!』

などと、涼しい部屋の中で、思うのでした。(゜O゜)☆\(^^;) バキ

迷ってます

鳥羽でタテ釣り(喰わせ)が始まってます。私もお盆休みを利用して出かけます。

そして、私は相変わらず竿をどうしようか迷ってます。(^^ゞ

初めの頃は、シマノのモデラートH225を使ってました。仕掛けが3mぐらいになると、ちょっと面倒な感じはあったけど、それ以外は特に不便は感じてなく、ブリも上げちゃう大した竿だと思ってました。

その後、シマノのバイオセンス50-270ってのを手に入れまして、穂先の感度は良いし、3m程度の仕掛けでもなんてことないので、こちらが主力になりました。
でも、昨年あたりから、やや竿が硬いような気がして、『食いこみが悪いんじゃないか』とか、『ベイトをはじいてしまっているんじゃないか』とか、腕の悪さを思いっきり棚に上げて、釣れない理由を押し付けるようになってきました。

先日、モデラートのH255の中古を発見しました。なんか魅かれるんです。
255あれば、3mぐらいの仕掛けでも大して苦にはならないだろうと思うのですが、これの225は持っているわけで、果たして同じモデルの長さ違いの竿を持つ必要があるのかどうか・・・。 

30cm違いの同じモデルを買う奴って、やっぱバカですかね。

«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する