FC2ブログ

2018-05

ムムッ・・・


ジワジワと上がってきてますねぇ。

最新テクノロジーを駆使した車に乗っておられる、「庶民の皆様」にはあまり関係ないのかもしれませんが、私のように、ガソリンをばらまいて走る「10年落ち中古車」を好む「お金持ち」には、ちょいと応えます。
まっ、蚊に刺された程度ですけどね。 数百か所・・・

ということで、昨日は月末近いし、空っぽだったけど10Lで勘弁してやりました。

な~に、月が変われば満タンにしてやるさ。 いや、30Lでもいいか?

なにはともあれ、エコ運転だな。 財布の為、いやいや地球環境のためにね。
スポンサーサイト



我慢できずに・・・(^^ゞ

最近、鳥羽沖でも真ん丸なイサキが時々釣れていて、思わず来週土曜日の予約を入れてしまいました。
でも~、私に釣れるとは限らないわけで・・・・、ついつい柳橋へ(笑)
先週、山口の首折れイサキがキロ1800円ぐらいで売っていたので、それをねらったのですが、今回はやけに小さい。
で、グルグルと市場内を回っていると、1kg近くありそうな、〆たばかりのBIGイサキを見つけたのですが、値段を聞くとキロ3800円だって!!
話にはキロ4000円近いイサキがあることは聞いてましたが、とても手が出ません。
本当に、見るからに旨そうでしたわ。

そんなことで、もっと小さい奴で手を打ちました。(笑)


これでも、670gですからまあまあでしょ?  キロ2800円だって。(@_@;)
白子も入ってましたので、ちょっと得した感。(*^_^*)

それにしても、イサキといえども、太くてデカイ奴はとてつもなく高いのね。
1kgサイズなんか、2匹釣ったら船代出ちゃうじゃん(笑)

来週は、こんなのが2~3匹釣れたらいいなぁ。
そうそう、サバも欲しいなぁ、ご近所用に・・・(゜O゜)☆\(^^;) バキ!

「幸せの黄色いカッパ」じゃなかった・・・

5月13日(日)  海栄丸  天気・・・曇後雨  中潮  5時半出船12時帰港

激ウマ大アジが食べたくて、前回のアカムツ釣行の際にこの日を予約しました。
ところが、数日前からアジが激渋なようで、「撃沈濃厚なので、釣り物変更したら?」と船長から提案があり、イワシの泳がせに変更しました。

ハタが釣れないかなぁ・・、伊良湖沖で釣れている青物が遠征してこないかなぁ・・、などと妄想しながら鳥羽に向かいます。今日は雨予報なので、黄色の漁師用合羽を着るつもりなのですが、前回のアカムツの時も、その前のアカムツの時もこの合羽を着て本命を釣り上げているので、ひょっとすると「幸せの黄色いハンカチ」ならぬ「幸せの黄色いカッパ」なのではないかと、さらに妄想が膨らむのです。(笑)

今日のお客さんは私を含めて4人。釣り物変更した時は私一人だけだったので、ちょっとホッとしました。釣り座は、 Pokiさんが左舷大艫、私が左舷胴、常連のKさんが右舷胴、もうお一人が右舷大艫、そして船長が左舷ミヨシ(笑)
船長の隣で釣るのは初めてなので、ちょっと楽しみ。(*^_^*)

操船の若船長に、「漁礁に行く?」と聞くと、「先ずは近くでベイトを探す」とのこと。
なるほど、最初はヒラメ狙いなのね。では、人数も少ないので錘遊動仕掛けの練習がしっかり出来るワイ。

いつものようにお神酒を捧げてから、第一投。
すると、いい感じでイワシが暴れ始めました。 クックッ、からグイッ、グイッにかわりグィーンと入ったところで、オリャー!! 竿が満月です。キター!!座布団!!
竿は、そのまま微動だにしません。 デ、デカすぎる・・・・・・地球じゃ・・・。
仕掛は、錘も、ハリスも切れて軽々と上がってきました。
単なる根掛かり? それとも何かが食って、根に潜ったのか?
難しいね、遊動仕掛け。

その後、仕掛け回収の際に何かを引っ掛けたのか、リーダー接続部分でラインブレイク。私のなんちゃってGTノットは、7号ハリスの強度に負けるのねぇ・・・。

「なんだかなぁ~」の私の隣で、好調なのはPokiさん。、コチとヒラメをゲットです。
船長に言われて作って来た、2本針仕掛けでやっているようです。
(ちなみに、普段のイワシ泳がせでは必ずハリスは1本でして、今回は季節外れのチャレンジメニューで且つ人数も少ないので、船長が2本針をOKにしています。)
私も遊動仕掛けに見切りをつけて、2本針仕掛けに変更です。
イワシが上下に2匹付くとアピールが違うのか、すぐにアタリが出ました。
でも、釣れたのはマトウダイ。(^^ゞ
その後も、プルプルのアタリがあって、またマトウダイ。
船長も1本針で立て続けにマトウダイを2匹釣り上げてましたので、アピール力というか、マトウの群れに入っただけだったかも・・・。(爆)

すでに出船してから3時間は経過しています。
若船長から、Kさんヒラメ上げたよ~、大艫の人もさっきヒラメ釣ったよ~、と プレッシャー? がかかります。(^^ゞ ヤバイよ~、オイラ一人になっちゃたよ~。

そんなとき、やっとヒラメのアタリが・・・。
孫針なしなので、しっかり付いていってオリャー!!。
今度は生体反応アリです。(^_^)v  でも途中で軽くなってバレチャッたか?と心配になりましたが、ヒラメちゃんが上に向かって泳いでいたんですね。

45cmの本命ゲットです。 \(^o^)/ なんとか一人撃沈から逃れました。
これにて、船中坊主なし! (笑)

このあと、1回スカしがあって私は終了。
船長が、ヒラメが早く釣れたら沖のアパートに行くつもりだったけど、思ったより時間がかかって行けんかったと。 残念、行きたかったなぁ・・、沖のアパート。
みんな、さっさとヒラメ釣ればよかったのに・・・。
って、オイラが犯人かい!(大笑)

そんなことで、「幸せの黄色いカッパ」は、単なる思い過ごしでした。(^^ゞ

船長、若船長、本日もお世話になりありがとうございました。
とりあえず「船中坊主ナシ」に貢献できてよかったです。 (^_^)v

Pokiさん、Kさん、それともうお一人の方もありがとうございました。

次回はイサキだな。(*^_^*)

予定変更

13日の日曜日は、鳥羽沖の激ウマ大アジを釣るべく、「菅島船頭仕掛け」を釣具屋で買ったんですが、船長から「アジは激渋なので、撃沈するかも。アジ以外の釣り物に変更した方が無難」との入電。(^^ゞ

「イワシが少しあるので泳がせでもいいし、アカムツでもいいよ~」って。
船長は、時期外れの泳がせを試してみたい感じで、 私もアカムツは先日勝ち逃げしたので(笑)、「泳がせでハタが釣りたいなぁ」と意見が一致。 
ヒラメ&マゴチが本命なんだろうけど、ハタの居そうな根回りも流してくれるかな?

ちなみに、今のところ、予約者は私1名のみ。
それでなくともコマセ釣りは下手くそなのに、周りで撒いてくれる人がいないなら
アジで出撃すれば撃沈間違いなし。
それを察した船長の心遣いだったのかもね。(笑)
ひょっとして、ボクちゃん疫病神??

もし一緒に遊んで下さる方がいらっしゃったら、どうか海栄丸まで

失敗と大成功

以前から、アカムツが沢山釣れたら試してみたいことがありました。
それは、アカムツご飯。某ブログに、悶絶級と紹介されていたので、興味津々だったのです。

先ずは、3匹分のアラを焼いてから、昆布と焼いたアラを水から煮出します。
しっかりあくを取りながら弱火で約30分。これを濾すと、とても上品な透明な出汁がとれました。ただ、これでご飯を炊くとちょっと物足りないような・・・。
そこで、塩、醤油、味醂で味を調えました。
この出汁でご飯を炊いて、炊きあがったところに、素焼きの小ぶりな2匹を投入。

5分程蒸らしてから、まぜまぜして、お茶碗に。

でもね、なんだかとっても物足りないんです。
家族全員から、「こりゃ美味い!」っていう感動の声が上がりません。
悶絶級だったはすなのに、どこで間違えたのでしょう?

定番の炙りをつまみながら思ったのは、アカムツの感動は、肉のような身を噛みしめた時に、ジュワッと口一杯に広がる何ともいえない旨さ。(個人的感想です。)
完全に火を通してしまうと、それが損なわれてしまうからではないかと・・・。
繊細な味覚を持ち合わせていない我家では、ちと難しいのかも。
いつか、今回のように沢山釣れたら、もう一度試してみたいと思います。


さて、こちらは、ド定番のアカムツのお寿司です。
前回、少し寝かしが足りなく残念だったので、今回は2日間寝かせました。
35cm1匹分の背身だけを型枠で軽く押して、食べる直前に炙りました。
普通の炙り寿司は、ネタがそぎ切りになっているので、炙ってある皮の部分がすくないでしょう? それが不満なので、皮の部分をしっかり上にして、思いっきり炙りました。これは、本当に悶絶級です。
  また、前回は半身を丸々湯引きにしてちょっととろける感覚がわるかったので、今回は腹身だけを湯引きして、温かいうちに握りました。もちろん、これも悶絶級!!

三男曰く、「これが一人分だったらなぁ・・・、前日のアカムツご飯はいらんかったわ」って。 まあ、「そう言いなさんな」、といいながら、同感でした。

悶絶アカムツ様、どうもご馳走様でした!!

やばいよ、やばいよ~(^○^)

5月2日(水)  海栄丸  天気・・・曇り後雨  大潮  5時出船11時沖上がり

先月に続いて、またもアカムツ狙いに出かけました。
本当は天気の良い前日に行きたかったのですが、アジで出船とのことなので、
この日となりました。 天気が下り坂なので、やや心配はあったけど、前回も荒れ前に行って釣れたので、今回も「雨天上等!!」と前向きに考えました。(笑)

岸壁には常連のYちゃんやF田さんなど、知った顔がみえまして、本日も満員御礼の8人乗っけて定刻出発です。 私の釣り座は左舷操舵席横。前回某氏が撃沈した釣り座です。「ここって、やばくね?」と若船長に話しかけると、某氏はそこでリベンジして行ったとのことで、ちょっと安心しました。(笑)

約1時間走って、ポイント到着。まずは、お神酒を捧げて、神宮と速玉大社のお守りに「ど~~~か、釣らせて下さい」とお願いをします。

先ずは、胴突き3本針に、サバ、鮭皮、サンマを投入しますが、し~~ん。
全くアタリらしいものがなく、2時間程経ちました。 
この間、右舷では2匹釣れたようですが、左舷は全員坊主。
前回も、左舷側は芳しくなかったような・・・。 やばいよやばいよー。

身餌ではダメなのか?と 場所替わりに合わせて、オキアミ&ホタルイカ、オキアミ&鮭皮、オキアミ房掛けで試してみました。
すると、サバがかかった時のような、穂先が浮き上がるアタリが出まして、巻上ながら竿を立てると、ずっしりと重みを感じます。 底でサバが食うかなぁ??と半信半疑で上げてきたのが、こちら様↓

35cmの大本命でございます。\(◎o◎)/!
このとき、ちょうど群れに当たったのか、船中ほとんどの方にアタリがあったようですが、途中でバレてしまった方が多かったようです。
私のは、鮭皮を付けた「ライトホタ針16号」が、ガッチリかかってました。

大山沖がアカムツ不調らしく、豊浜の船もこちらに来てました。


その後、スミヤキさんの巣窟にあたったのか、私にも1匹釣れました。
しばらくすると、またまたサバのような「プルプルポヨ~ン」のアタリです。
糸を巻きながら合わせを入れると、ずっしりと重みを感じます。
「アカムツがこんな当たり方するか?」と若船長と話しながら上げてきました。

な、なんと、33cmと27cmのアカムツ様のWです。
もちろんこんなの生まれて初めてです。 メッチャうれぴー!!  
「もう帰ってもいいわぁ」」と思ってると、まだ坊主のYちゃんから「とっとと帰れ~!!」という大変温かい激励のお言葉をいただきました。
それにしても、今まで、アカムツのアタリは「ガガン」とハッキリ出るとイメージだったのですが、こんな当たり方もあるんですね。若船長に聞いたら、食い上げで釣れたことがあるって言ってました。

その後、「仕掛けを上げて」の合図で、全速巻上をしてくるとあと20mぐらいのところで、いきなりガンガン穂先が叩かれまして、あわてて中速に・・・。 祭ったか?

いやいや、アカムツ様でごさいました。(^^ゞ
はずかしながら、全く気づきませんでした。アカムツ釣りで、こんなの初めてです。
勝手につれちゃうなんて、やばいよやばいよ~(笑)

そうそう、こんなやばいのも釣れてきました。

深海サメの一種だと思うのですが(ホソフジクジラ?)、赤マルの背びれに鋭いトゲが隠れてまして、先日私も存じ上げてる某名人が、これを触って手の腱を切ってしまったとか。
それゆえ、これが釣れる度に「触るなよ~」と、船長や若船長から声がかかってました。ちなみに、私はWも含めて5本釣りました。メッチャビビったし・・・。(爆)

前回は、サバ餌に食ってきたのですが、今日は鮭皮に食ってきます。

終盤に釣れたこちら様も鮭皮でございました。
これで5匹目、自己新記録更新です。\(^o^)/
今日は、船中坊主ナシとのことで、とってもいい日に当たりました。
あわよくば、キンメも釣れたら・・と期待しましたが、それは来年のお楽しみ。
これで、今シーズンのアカムツは「勝ち逃げ」させていただきま~す。

船長、若船長、今日も楽しく遊ばせていただきました。毎度ありがとね~。
Yちゃん、F田さんはじめ、同船の皆様、ありがとうございました。


アカムツ様、ありがとう。 バンザーイ\(^o^)/

(備忘録  幹8号、ハリス6号50cm3本、枝間1.5m、捨て糸6号1.5m 全長5.8m Wクレン親子
ライトホタ針16号、ルミックスダンサー6mm、蛍光玉5号、マシュマロボールアカムツ

釣行日の晩餐

今日は、釣りに行って来まして、今から晩酌です。

アカムツを釣りに行ったのですが、食卓に上がったのは、アジの刺身。(笑)
これは、師匠が前日に釣ったものを、船長に預けてくれたものです。

まっ、「どーせ釣れんやろう」という、やさしい心遣いですね。(笑)

流石、鳥羽の釣り物は脂の乗りが違いますね。 師匠、ご馳走様!!

«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する