FC2ブログ

2016-08

申し訳ござんせん(^^ゞ

7月31日(日)  彌太丸  晴れ   中潮  3時半出船11時半沖上がり

数日前から御前崎沖でカツオが釣れ初めたので、キハダ釣りの道具を揃えた釣友と6日に予約を入れのだけれど、日々の釣果を見ながら不安になっていた。
「全船爆釣早上がり」の翌日から、なんとなく調子が落ちてる感じなのだ。
 
昨年も「爆釣早がり」を見て予約入れたら、その日以降さっぱりで、結局そのまま終わっている。今年もそんなパターンになるんじゃないだろうか?
「6日まで持たないかも・・。今を逃したら、また数年待たされるかも」そんな心配がだんだん強くなってきていた。
 
そんな土曜日の午後、清水の彌太丸さんが翌日のカツオ釣りの募集をしているのを
HPで見つけた。「もう、空いてないよね~」と思いながらも電話をしてみると 「まだ人数が集まらないので、出るかどうかわからない。決まったら電話します」とのこと。
カツオ釣りなんて、釣れてると即満員になるのに、どういうこと?
どうやら急遽釣り物を変更したので、まだお客さんに周知されてなかったようだ。
ということで、夕方に「3時集合で出船します」と連絡があった。
 
久しぶりの新規開拓です。最近は、一人で馴染みのない船に乗るのがちょっと億劫になって来ているのだけれど、今回はカツオへの願望が勝ったみたい。(笑)
 
スクランブル発進だったが、仕掛の準備は2年前に済んでいるので(笑)、今回はドラグ設定だけを気を付けた。3年前のとき、2回ハリスが瞬殺されており、これはたぶんキメジの仕業と思われ(勝手に思ってる 笑)、カツオでは糸を出さないように、さりとてキメジでは糸がでて、ハリスの瞬殺を回避できるようにしようと思ったわけ。
ネットで調べた感じでは、PE12号、ハリス20号なら、8~10kgぐらいで糸が出るようにすれば良さそうだったので、息子の10kgのダンベルで調整していった。
でも、これが、大ヒンシュクをかうことになるのです。
 
名古屋IC~島田金谷ICまで高速、その後1号線で清水袖師まで2時間40分。
ちょびっと、高速代をケチりました。(笑)

午前3時です。こんなに朝?早くに船に乗るのは初めてです。今日は7人だそうで、
御前崎まで2時間ほど走るので、支度ができたら船室で休んでくださいとのこと。
で、こちら↓が船室でして、定員12人分のベッドが用意されてます。

 
これが、彌太丸さんに乗ってみようかと思った要因の一つでもあります。(笑)
往復2時間ずつ爆睡できれば、随分体力的に楽ですもんね。ありがたや~
 
エンジンがスローになって、目が覚めました。ボチボチ戦闘開始です。
タナコン750、カツオリーダーにようやく出番がきました。

ところが、いつまでたっても開始の合図がありません。
カツオの群が見つからないのか、どの船も移動を繰り返してます。嫌な予感・・・。
結局、最初に合図が出たのは、到着後2時間経ってからでした。
それでも、アタリはなく、すぐに場所移動。ほとんどクルージングです。
 
3年前もそれなりにクルージングはしましたが、もっと仕掛けを入れる時間はありましたし、何度かアタリはありました。 今日もどこかで時合いがくるのか??
 
8時半ごろ本日初めてのアタリがありました。でもイサキちゃん(爆)

40cm級の良型ですがうれしくない。よくもまあ、こんな仕掛に食ってきますわ。(笑)
 
9時頃からでしょうか、比較的緩慢な移動だったのが、突如Uターンしたり、急発進、急ブレーキと俊敏になってきまして、閑散としていた釣り場がこんな感じに。(^○^)

雰囲気が出て来たな~と思ったら、船長から「食ったぞー!!」って。
右舷でどなたかに当たったようです。
 
棚は15mです。すると、すぐに私の穂先がブルブルと来て、少しついて行ったところでドギューン!!と一気に竿が突き刺さりました。
 
キター!!
 
全く竿が立てられません。ドラグがズルッ、ズルッと2度ほど滑って止まりました。
なんでドラグが? カツオじゃなくてキメジか?
止まったところで、手でゴリゴリ巻き上げますが、途中で巻けなくなりました。
たぶん、右舷と祭って、引っ張り合いになっているんだと思います。
「祭ったみたい」と大きな声を出しますが、裏からはなんの返答もありません。
 
このまま、強引に巻き上げて良い物かもわからず、テンションかけたまま船長指示を待ちますが、指示が出ないので、やむなくゴリゴリ巻き始めますと、2本の天秤も一緒についてきてまして、その下に魚が走ってます。(^○^)
船長が、からまったハリスを持ちながら、「早くタモで掬え!」というので、慌てて竿をもったままタモ入れ。(笑)

65cm、4kgのキメジちゃんですぅ。私の針がガッチリかかってました。(*^_^*)
 
生まれて初めてキメジを釣りました。
私の「ビギナーズラック伝説」は、まだ続いていたんですね。超ラッキー。(*^_^*)
 
魚を〆てホッとしていると、右舷の方に「もっとドラグを締めなきゃダメだ」とお叱りをいただきまして、船長からもドラグはガチガチに締めた方が良いと言われました。
自ら考えて、ドラグを調整したつもりだったのですが、これではダメなんだ・・・・(^^ゞ
 
結局、アタリはこの1回だけで終わりまして、船中でもあの時だけだったようで、
終盤は30分程お土産のイサキ釣り。
6号ハリスと10号の鯛鈎で適当に作って、やってましたが、2連荘でハリスが切れたり、針が曲がったり・・。なんじゃこれ?? 
そうか、ドラグはカツオ用でガチガチなんだし、なんかイサキ以外のデカイのが食ったんだ、と思っった時に終了の合図。(笑)
もっと、早く気付けよなー。 ってか、イサキ釣りは全然ヤル気無しでやってました。
 
帰りはベッドで爆睡しながら、清水港へ。楽チンでいいですね。(笑)
下船後、船長に聞いたんですが、私がキメジを釣った時、同時に右舷でも二人が当たっていて、私が釣ったキメジが右舷の海面を走り回り、その二人のラインを巻きこんでしまって、二人ともバレテしまったそうです。
なるほど、そりゃ、怒るのも無理はない。
唯一のチャンスを私がつぶしてしまって、本当に申し訳なかったです。<(_ _)> 
 
ガチガチにドラグを締めていても、20号ハリスなら4kg程度のキメジは上がってしまうのだろうか?
隣の方は、よくカツオやキハダに行かれるそうで、「カツオでは糸を出さず、キハダでは糸が出るぐらいのドラグ調整をする」と御前崎に向かう船中で言っておられて、我が意を得たりと喜んでいたんだけど・・。
 
まあ、キハダとキメジはまるで違いますからねー(爆)
周りに迷惑かけずに魚釣りをするのは、なかなか難しいですね、。(^^ゞ
 
彌太丸船長、お世話になりありがとうございました。
右舷の方々、ごめんなさいね~。<(_ _)>
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する