FC2ブログ

2016-06

次回はスルメ

日曜は、アカムツ予定がまたまた変更となりまして、スルメ釣りでござんす。(^^ゞ
大王沖のデカアカムツは、3回企てましたが、結局出撃出来たのは1回だけ。
そして見事に坊主。
  
「持ってないわ~」と痛感しております。
マジで釣りたかったなぁ・・、と言うか食べたかったなぁ・・・。(爆)
 
 
さて、スルメは「2年ぶり2回目の出場」です。
今回は、1組だけ仕掛けを作ってみようと思います。 5本直結です。

 
船長の話では、私には5本ぐらいが使いやすくって丁度いいそうです。
 
一昨年は、ブランコでやりましたが、直結の方が大きなスルメが釣れてました。
沖干しには大きなスルメがいいので、今回初めてですが試してみようと思います。
 
沖干しが10枚できたら、ブランコに変えてサバと沖漬け狙いですね。
嫁さんがイカ嫌いなんで、せめてサバでも釣って帰らんといかんのです。(^^ゞ
 
できれば、イカやサバの泳がせとか、それらの切り身で何が釣れるかイタズラしたいんですけど、思いっきり怒られそうなんで、 大人しくしてます。
 
今回の目標は
沖干し10枚、沖漬け5杯、生10杯+船上イカ刺し1枚、 サバ1本。
万が一、坊主くらってもリベンジはしません。(笑)
 
それにしても、イカの仕掛けって高いですよね~。 イカヅノ1本160円。 
まとめ買いだと、25本入りで4000円。 全くお得感がないのが素晴らしい!!
スポンサーサイト



大成功!!

土曜日に、ご近所さんから「SOS」入電。
釣り堀で鯛を釣りすぎたので、少し引き取ってくれないかと・・(笑)
お断りする理由もないので
、鯛4匹&シマアジ1匹をいただいてきました。
 
それで、今回は、久しぶりに「鯛めし」を作ってみました。

いままでも、2~3回鯛めしは作ったことがあるのですが、その時の思いつきでつくるもんだから、ちょっと生臭かったり、味がしなかったりで、家族からもとても評判が悪かったのです。もちろん私も、「またやらかしてしまいましたー」みたいな・・(^^ゞ
 
そこで、今回は、takumiさんのブログを参考に、真面目に作ってみました。
鯛のアラを焼いてから、昆布と一緒に水から沸騰しないように煮て、これを濾してから、塩、醤油、顆粒だしで味を調えて出汁をつくり、これでご飯を炊きました。
 
ご飯が炊けてから、軽く塩を振った焼き鯛の身を乗せまして、ちょいとムラします。
もちろん、血合い骨は処理済みでございますよ~ん。
これをまぜまぜして、お椀に盛ってできあがり。
 
これは、大好評でした。
味にうるさい?長男も、「全く臭みもないし、これは旨い!」とおかわりしてくれましたし、三男も家内も「とても美味しい」と褒めてくれました。
やっぱり、ちゃんと手間をかけなければいけませんね。
今後、我が家の「鯛めし」はこれに決まり!!
 
 
さて、こちらは、お刺身です。

鯛も、シマアジも脂の乗りは、半端ないです。
鯛は、スカスカの天然物なら、良質の養殖物のほうが美味しいと思います。
 
脂がもっとさらっとして甘みが交じると、天然超えるかも。(笑) (あくまで個人的意見です)
 
鯛もシマアジも大変美味しゅうございました。 どーも、ご馳走さまでした。<(_ _)>

高嶺の花

いつかは、天然のヒラマサを釣って食べてみたい。
 
海上釣り堀から船釣りに移行していった理由の一つでもありんす。
 
完全フカセを2~3回体験してみたのも、「いつかはきっと・・」の思いから。
 
日本海の玄達が今月から解禁になって、各船の釣果欄をみると、結構ヒラマサが上がっているみたい。
 
今週末は、太平洋側は荒れそうなので、日本海はねらい目ではある。
 乗り合いを募集しているところもあるようです。
 
でもね~、いかんせん乗船料が高い。
乗船料で3万円、コマセなど入れたら4万を超えるらしい。
 
財布の中を覗いてみてれば、当然のことながら「ありえねー」となるわけでして(笑)、確実に釣れたとしても高額であることに変わりはないわけで、「撃沈常習犯」の私には、あまりにもリスクが高すぎます。
 
でも、憧れるよね~。(*^_^*)  これが高嶺の花って奴ですね。
 
 
ひょっとして、北陸に行ったら、お値打ちに買えるかなぁなんて思うんですが(爆)
 
 

恒例になってきた

最近は、父の日になると長男がヱビスビールを1箱買ってくれるのです。(^_^)v 
 
いつもは金麦なので、本物のビールが飲めるのは、この時期だけ(笑)

 
本当に、ありがたいこってすね~。
父親をやっていて良かった~と思う瞬間であります。
 
おとーちゃんは、父の日にこだわってませんから~、またよろしくねー。
 
もう一つ、この時期に恒例になってきたのが、カーエアコンの不調です。
昨年、コンプレッサーを換えて一旦は涼しくなったのですが、今年は涼しくない。
耐えるか、直すか、激安中古車に買い換えるか、悩ましいところです。
 
 
ちなみに・・・
 
エアコンが効かない車には、冷えたヱビスが最高です。(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
 

買っちゃえ!

昨日は、仕事もそこそこに、名駅デパ地下に突撃!
 
久しぶりの繁華街に、ほとんど「おのぼりさん」状態。(笑)
綺麗なオネーチャンも沢山いるんで、思わずキョロキョロ
 
お目当てはそれではなくって、鯖寿司なんです。(^_^)v

今まで、釣れた鯖で何度か作ったことはあるのですが、プロが作ったものは食べたことがないんです。 そこで、「本物」がどれほど美味しいのかを勉強したかったわけです。左側が1600円、右が1080円。 もう一つ、別のお店のも買いたかったのですが、お高いので断念。(T_T)

両方とも酢でしっかり締めてあります。私の好みでは、左側に軍配かな。
でも、できれば、もっと生っぽいのが食べてみたかったんだけどなぁ・・・。
 
この二つを食べてみて、以前自分の作ったものも、それほどひどいものではないことが分かりました。もちろん、見栄えはいただけませんが・・・(笑)
 
次回は、もっと生っぽい鯖寿司をお取り寄せしてみようと思います。
 
そして、今朝は4時起きで、三河一色の朝市に出かけてきました。

これ、まだ朝の5時半ですよ。 すでにこの人だかりですわ。(@_@;)
世の中には、物好きな人もいるんですねぇ・・・(笑)
 
ここで、本カツオとチビキンメとタコを仕入れてきまして、今晩いただきます。(^_^)v
 
往復120kmなんですが(爆)、この朝市はちょっと病みつきになりそうな感じです。
 
たぶん、来週も釣りに行かずに、ここに来てると思います。
  
 
 
 

しくじり父さん

父の日の19日は、なんとなく釣りに行きたくて、迷っておりました。
 
ぐずぐずしているうちに、毎度の船はスルメ釣りで満員御礼。
迷わず予約しとけば良かったか?、しくじったなぁ・・。
 
他船でもと思ったけど、イサキ釣りばかりで、イマイチ食指が動かない。
新規の船は、「猛烈な食欲」か「ワクワク感」がないと、腰があがりません。(^^ゞ
 
ならば、釣堀かキス釣りに行こうかと三男を誘ってみるが、「行かない」とあっさりと振られてしまって、次男なら付き合ってくれるかもと恐る恐るお伺いをたてると、こちらも「今週は忙しかったので、止めとくわ~」って・・・。 
見事に二人の説得にしくじりました。
とても一人で釣り堀に行く勇気はないし、キスも一人じゃねぇ・・。
 
途方に暮れた昨晩遅く、師崎の某船HPの「19日 タテ釣り、現在1名」を発見!!
一度乗ってみたかった船だし、これは行かねばと一気にテンションが上がった。
ところが、今朝になって予約するべくHPをみると「イサキ釣り 現在2名」に変更になってるし・・・
。きっと人数が集まらないので、人気のあるイサキ釣りに変更したのでしょうね。  しくじったわ、
もっと早く見つけていればなぁ・・・・
 
ガックリしながら、インスタントコーヒーでも入れるかと台所に立ちまして、
粉を入れたコップに、いつもならポットのお湯を入れるのですが
気が付くと、なぜか水道の蛇口からコップに水を注いでまして・・・・・
 
 
こんなときは、大人しくしているに限りますね。

お魚さんには見えるのか?

水深200m~300mって、夕暮れ時の明るさ~暗黒だとか・・・。
 
アカムツにアピールするには、緑がいいとか、橙がいいとか、白がいいとか・・
 

 
で、我が家にある「アピール物」(笑)を並べてみました。
 
夕暮れ時~暗黒を想定して、電気を消してみますと・・・

 
上段の左から4つは 発光して見えますが、他はなんも見えません。
 
アカムツさんには、発光してないものも見えているんでしょうか?
 
一度、アカムツさんを連れてきて、視力検査をさせてみたいですね~。
 
 
「はい、線のところの立って下さい。 では、右目からいきますよ。 これは?」
 
な~んてね。

テスト

 
ふ~ん、ユーチューブって、こうやって使うんだ・・・
 
あらっ? 何を今更でした??(爆)
 
見てると酔いそうになるね。乗ってる方が酔わないかも(笑)

どうしたもんじゃろうのう・・・

先日のお魚さんは、失敗もしながらボチボチいただいております。
 
イサキは、お刺身&炙り、白子の天ぷらで美味しくいただきました。
まだ、塩焼き、干物が残っておりますので楽しみです。
 
サバは、〆まして、只今冷凍中。今週中に棒寿司予定です。
今回も、皮が綺麗に向けないのよねー。酢に漬けすぎか? (T_T)
 
「丸ソーダが、この時期脂が乗って滅茶苦茶美味しい」と聞いて持って帰りました。
皮の下の真っ白な脂は魅力てきなんですが、昨年食べたときにくらべると、血合いが大きくて、そうでない部分の境目が分かりません。ここも血合いか?なんて取り除いていったら、食べるところがなくって・・・・
悩んだ挙句、カツオのハラモとして、次回の釣りで活躍してもらうことにしました。
ゴメンね~、カツオ君。
 
でっかいウマヅラは、当日肝和えで食べるつもりが、食べる人がいなくて、さらに肝にも血が残っていたので断念。昆布締めにしたろとかと思ってさばいてみたら、血合いのデカさに怖気づいて、投げだしてしまいました。
結局、煮つけにしましたが、もう少し小さい方が旨いような・・・??
食べ甲斐はありましたけどね~。カワハギの方が好きかも・・・(爆)
 
困ったのは、イサキの卵です。煮つけぐらいしか思いつかないのですが、子供達は食べないし、私一人でもそんなに食べきれんし・・・。
 
知り合いの方が、干物にしたら美味しいとブログにアップされていたので、真似してイサキの干物を作るときに、一緒に干してみました。

で、どうやって食べたらいいんでしょう?(爆)
 
食べ方までは書いてなかったのよねー。
常識的には焼くのかな? このまま食べたらお腹壊すでしょうか?
煮たら干した意味がなさそうな気もするし、どうしたもんじゃろうのう・・・

リベンジはイサキから

6月5日(日)  海栄丸  天気・・・雨のち曇り  大潮 5時出船12時帰港

前回、先走って「アジ&イサキ釣り」に行って見事に撃沈した際に、船長からヤブリンさんが私にアカムツを企画して欲しいと言っていることを聞かされて、ヤブリンさんと相談して、この日に「アカムツ&イサキリレーの一日便」をセッティングしてもらった。あわよくば、一石二鳥のリベンジができるわけですよ。
メンバーは、海栄丸アカムツ一番槍のヤブリンさんとお連れさん、海栄丸アカムツ竿頭のKさんとお連れさん、海栄丸アカムツ出撃最多の万年さん、海栄丸アカムツ言いだしっぺで坊主の私。私以外はアカムツ名人?(笑) 
 
そんなことでいろいろ準備をしていたんだけど、東風10mの予報が出て、これではアカムツのポイントまで行けないということで、「イサキ午前便」に変更となった。
船長が、「今ならイサキは釣れるぞー」って。(笑) 
 
当日は雨と風。船は思いっきりローリングしながらポイントに向かいます。
左舷の前は知らない方で、艫にKさんのお友達、大艫がKさん。 右舷はミヨシからヤブリンさんとヤブリンさんの親戚の若者、艫に万年さん、大艫に私となった。
前回は、ミヨシで撃沈したので、今回は大艫でムフフ・・・なのよね~。

 
約1時間ぐらいかかってポイント到着。錘は100号です。
今回も自作竿です。グリップ前にガイドを足したので、もうラインが擦れることはありません。心なしか、しゃくり易くなったような??(笑)
 
期待を胸に第一投です。仕掛けがいい感じで流れ、カゴを投入。
すると、ラインがミヨシに向かって斜めに入って行きます。
 
ええっー!!
いやいや、これ、ダメでしょう。折角大艫に座れたのにー、潮が逆じゃん!!
 
前日の電話での船長の言葉を思い出しました。
「数日前から潮と風が真逆なんだよねー。浅場でもそうなんだから、深場はどうなることか。仮に行けたとしても、この潮ではアカムツも難しいだろう」 って。
なるほど、「風と潮が真逆」って、こういうことだったのね。
そんなことで、今日も自分の撒き餌で釣らなければなりません。なんてこった!
 
ところが、2投目でググンッと穂先が入りまして、まさかのイサキWです。
おおっ、天才!!  3投目もWです。
スゲー、俺ってイサキ名人かも・・・・(゜O゜)☆\(^^;) バキ
って、追い食いさせているわけではなく、勝手に2匹同時に食ってくれただけ。(笑)
開始1時間ぐらいで、早くもツ抜けが視野に入ってきました。
家族が食べる分は確保できたし、良型もあるし、完全に安心してます。
 
 

 
 ここで、余裕をかまして、自作仕掛けを試してみることにしました。
昨年買って、使う機会のなかった「植毛針」です。なんでも、師崎の漁師さんは植毛針でイサキを釣るのだそうです。 愛知と三重で県は違えども、それ程遠いわけでもないので、ここでも釣れるだろうと思ったのですが、なんと全く釣れないの。(^^ゞ
 
オキアミを付けた先針には食ってきましたが、植毛針には全くかかりません。
その後、白いムツ針を試してみたんですが、これもダメです。
 
船宿仕掛けは、チヌ針3本で、すべてオキアミをつけるのですが、これなら食ってきます。う~む、なんでだ??
 
自作の仕掛けは、ホンテロンの2号を使っているんですが、これが引っ張ってもカールが取れないのです。それが原因なのかなぁ・・・。
 
ちなみに、自作仕掛けにオキアミ付けてみたら、鳥が釣れました。(爆)
100号錘を物ともせず、仕掛けを浮かして良い引きをしてくれます。
鳥は生まれて初めて釣ったので、取り込みに面喰いましたが、ギャフみたいなもんで、寛都君が上手に外してくれました。 
魚釣りだけでなく、鳥釣りも上手いのね。(゜O゜)☆\(^^;) バキ
 
鳥の後には、こんな嬉しいゲストも来てくれました。 40cmぐらいのデカウマちゃん
 

 
ボチボチ、活性が無くなってきまして、ヒマヒマ状態となってきました。
今日は、雨と風と船の揺れで、周りを見る余裕がありません。
お隣のKさんの生簀は、私とそれほど変わりがないので焦りはありません。(笑)
潮下の万年さんの生簀もチラッと見えましたが、ほぼ安心材料です。(爆)
 
Kさんのお友達が、時々釣れる棚をおっしゃるのですが、私の6~7mぐらい上なので、そんなに棚が上がっているのか?と上まで探るのですが、釣れないし・・・。
Kさん曰く、お友達のリールの表示が狂っているんじゃないかと。
う~む、どうなんだろう?? (結局10mほど違っていることが判明 笑 )
 
雨も小降りになってきて、気持ちに余裕ができてきたので、「おーい、釣れんぞー」とわめいておりますと、ヤブリンさんの親戚の若者が、操舵室横で好調だとか。
 
棚を聞くと「48mまで落としてコマセ振りながら45mで待つ」らしいです。
万年さんも真似しているようですが、何故か釣れるのは若者ばかり。(^^ゞ
 
そこで、ラインでキッチリ測って、若者のいうようにやってみると、本当に釣れました。 若者に「釣れたぞー!! ありがとー!!」と言うと、喜んでくれました。
その後も釣れると「おーい、若者!、また釣れたぞー!!」って。
さらにその後も釣れると、「おーい・・・」   くどいか(笑)
 
ここで、追い食いの練習をしてみました。 先針に食うので、アタリがあった後、ちょっと誘い下げをしてみたんです。そしたら、生体反応が消えました。
やるんじゃなかった・・・。
 
終盤、船長が魚を〆に来て、Kさんと私の生簀をみて、「大艫の二人は蚊帳の外かと思ったけど、それなりに生簀が黒くなっとるがー」と大笑い。
寛都君が私の魚を〆てくれた時、「一番大きいのに白子入ってますからね~」と教えてくれたので、そいつのヒレをカット。もちろん、お裾分け防止策でござる。
 
結局私の釣果は
イサキ 35cm頭25匹、ゴマサバ1、マルソーダ1、ウマヅラ1、鳥1
 
ご近所にもちょっと配れて、我が家でもそれなりに食べられるちょうどいいぐらいの量ですね。 舳のヤブリンさんや若者は、50匹ぐらい釣ったそうです。
まさか、大艫で終日エサ撒き係りになるとは思いませなんだ。(笑)
 
 
ところで、今回ガイドを追加したアジ&イサキ用の自作竿です。
コイツ、なかなか いいですわ~(大笑)
今まで随分ケチを付けて来ましたが、今回のイサキ釣りではいい感じでした。
『凪が良かったら、もっとモゾモゾしたアタリも取れたんじゃないかなぁ』なんて、今までと全く違った感覚を持っちゃいました。
いわゆる、「愛竿」っていう奴ですかね~。 (゜O゜)☆\(^^;) バキ
 
さて、私にはまだ大山沖のアカムツリベンジが残っております。
船長は全然行きたがってないけど(笑)、ここで引き下がるわけには参りませぬ。
ヤブリンさんの人徳&人脈で、まだチャンスをもらえそうです。
次回リベンジまで、いろいろ研究することにします。
 
船長、寛都君、今回も楽しく遊ばせてくれてありがとうございました。
また、ご一緒いただいたヤブリンさん、Kさん、万年さん、ヤブリンさんの親戚の若者君とKさんのお友達の方、ありがとうございました。<(_ _)>
 
なんとか、イサキは1回でリベンジできました。
 
 

やっとありつけました。(^○^)

皆さん、旬のイサキを爆釣される中、撃沈男の私はいじけておりました。
 
でも、ようやく我が家の食卓に乗せることができました。

いい感じで脂が乗ってますでしょ?
35cmの雄イサキさんで、デッカイ白子も入ってましたよ~ん。
 
リベンジスパイラルに陥るのでは?と、心配してましたが、間に合ってよかった。
 
それにしても、我が家の息子達。
帰宅途中に、次男にお裾分けしてやろうと思ったら仕事で居ないっていうし、長男も三男も遊びに行って晩御飯はいらないって言うし、なんとも張り合いがない。
 
折角の極上イサキが、嫁さんと二人で「責任食い」みたいになってしまった。
まあ、美味しかったからいいんだけどね~。
 
やっぱ、食べてくれる人がいないと、面白くねーな。
 
 

テンション爆落

ちょっと嫌な風だなぁ・・、ポイントまで行けるかなぁ・・
 
ってのが、昨日までの心配でした。
 
前回は7~8mぐらいの南風予報で、かろうじて行けたけど・・・、東風はどうなん?

 
 
あれっ? 雨が降るなんて言ってたっけ?

 
これって、いわゆる普通に雨ってこってすか?
 
東風でダバダバ、雨でザーザー、 あ゛ー、超テンション下がるわ~
 
いったい誰だ!、こんな日に設定した奴は・・・ このバカタレが!!
 
 
 
あっ、日程と釣り物の希望をだしたのは、ボクちゃんでしたね。
 
 
前回の「イサキ勇み足釣行」から、完全に歯車が狂った感じでござる。

«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する