FC2ブログ

2016-01

初釣り

1月9日(土)  海栄丸  天気・・・晴れ  大潮  8時出船15時沖上がり

 
正月明けの鳥羽沖はパッとしてないみたいだし、性懲りもなく竿を作り始めて、
『初釣りは、この竿が出来てからでいいかなぁ』なんて、思っていた。
ところが、7日の菅島船団の釣果を見て、唖然。 
ブリじゃ、ヒラメじゃ、真鯛じゃ、とお祭り騒ぎになってるじゃないの!!
 
でも、気付くのが遅かったので、いつもの海栄丸はもとより、長栄丸、三吉丸も
すでに募集〆切。 ダメもとで、海栄丸船長に「明日、キャンセルでてない~?」
と電話すると、「出てないけど、う~ん、ちょっと待ってて」と。 えっ、行けそう??
数分後に電話が鳴って、「一人分空いたよ~」って。超ラッキー\(^o^)/
まだ人数が確定してないグループがあったらしく、船長が調整してくれたみたい。
船長、ありがとね~、オイラ、頑張ってブリ釣ります!
 
そこから慌ててブリ用の仕掛け作り。 10号ハリスと親針はヒラマサ・ブリ王の12号、孫針は伊勢尼12号です。豚の尻尾にならないでね~(笑)
使い慣れた1000番リールはフロロ6号が巻いてあって、ちょっと心細い。巻替える時間はなさそうなので、今回は3000番を使うことにした。これが後で、時合いをの逃すことになるだが、そんなことは知る由もない。
 
当日、岸壁に着くと、そこにはなんと弟子2号さんの姿が・・・。(@_@;)
前日にメールでやり取りをしていたのだが、今日は、風邪で休養されているとばかり思っていた。そこで「2本目のブリが釣れたら連絡するね~」なんてメールを送っておいたのだ。長栄丸さんで予約を取れたそうで、こちらからも竿が曲がっているのが見えましたが、この日はブリ1本にワラサ4本と、大活躍されてました。
 
海栄丸には、ヤブリンさん、F名人、M名人、賑やかなTさんと、常連さんばかり。
8人乗り込んで、私は左舷艫になりました。

菅島の周りには、菅島の船はもちろんのこと、国崎や本浦、石鏡からも沢山船が来てました。ジギング船も来てますから、みなさん青物狙いなんでしょうね。
 
最初は島のすぐ南側のポイントでした。
イワシは20cmぐらいありまして、随分大きいです。
一投目から、穂先がビンビンきます。
『あれっ? 泳がせって、こんな穂先が動いたっけ? イワシが大きいからか?』
な~んて、ボケたことを考えてまして、 エサを抜かれて(笑)、初めて前アタリだったことに気が付きました。(^^ゞ
 
二投目もビンビン来てます。ヒラメのつもりで食い込みを待つんですが、食い込む前に、餌を抜かれました。 あれれっ? これって青物の前アタリじゃないのか?
全くもう、気付くのが遅いっちゅうの!!  すでに前の二人はワラサを続けてバラシているのに・・。(爆)
 
三投目も、ビンビンきて、青物のつもりで少し巻上げてやると穂先が入りました。
ワラサ君ですね。 ハリスは10号ですから、「来ちゃったよ~ん」と言いながら、自信を持って強引に電動巻き上げです。すると途中でパーンと竿がはじけました。
口切れです・・・・、やってもうた。 ワラサと言えど、なめたらあかんです。
 
今日は、菅島の若者は消防団の催しがあって、寛都君は居ません。
お祭りもちょくちょくあって、大船団の中、操船しながら船長一人で大忙しです。
 
バラシた後、しばらく見放されてましたが、1時間後に底付近で食い込みました。
ちょっと重たそうですし、先ほどの反省から、今回は手で巻きます。
ちょっと、ドラグも緩めっちゃったりして・・・、先ほどとは大違い(^^ゞ
ここで、右舷の方とラインが交錯して、一旦船長が交通整理。
テンションかけたまま、しばらくまって、「巻いていいよ~」との船長の指示で
巻き上げてきますが、リーダーのところからラインが巻けません。
 
私、巻きすぎ防止にいつも浮き球を入れているんですが、これが先ほどのライン交錯で、リーダーとPEの結び目を超えてしまって、元にもどらないのです。
やむなく、15mのリーダーを手で手繰り寄せて、ようやく船長のタモに入りました。

85cmのブリ。 キャッホー!! 「ブリ祭り」に参加出来たぞ~。\(◎o◎)/
 
ミヨシのヤブリンさんが見に来たので、「もう、帰っていいよ~」と言うと、「一人で泳いで帰れ~」って。まあ、毎度お決まりの掛け合いですね。(笑)
 
たぶんここが時合いと思うのですが、私は魚を〆るのとリーダーの巻きなおしで、しばらくお休みです。いつものリールの道糸を巻きなおして置けば良かったと思うわけですが、あとの祭りですね。 ぐやじいぃ・・。
 
30分ほど経って、「復活~!!」(*^_^*)
 
でも、アタリはないんだなぁ・・。(^^ゞ
 
まだ、ブリ狙いで流している感じなので、ローリング針を使ってみることにしました。
昨年の12月、この仕掛けを使って師崎でいい思いをしたもんですから・・(^^ゞ
すると、なんとなく当たったような? で巻き上げると

マトウダイ君でした。 なかなか立派な型なんですが、君じゃないんだなぁ(笑)
しっかり、針を呑まれたので、再びシングルフックの仕掛けに交換です。
 
念願のブリも釣ったし、とりあえずは安心してまして、『座布団ヒラメもあっていいかなぁ』なんて余裕をかましていましたら、穂先が入りました。
あれっ? マジで座布団?(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
結構重たいので、「ヒラメならデカイぞ~」なんて、軽口をたたいていたら、途中から青物っぽい引きになりました。 今回も丁寧に手巻きです。ドラグもやや弱気(笑)
でも、それほど糸を出す事なく、素直に上がってくれました。

 83cmのブリちゃん。先ほどよりちょっと小さいですけど、腹は太いです。
これは旨そう。(*^_^*) タモ入れしてくれた船長も、「コッチの方が、旨いナ」って。
 
この時点でブリ2本は私だけだったので、船長の腹積もりでは、今日の釣果写真の主役は「私のブリ2本持ち」になるはずでした。ところが、この後しばらくして、お隣のF名人に93cmの極太ブリがかかって、あっという間に主役の入れ替わり。(笑)
あれはホントに旨そうなブリでした。私の2本と交換したいぐらい。(爆)
 
青物が落ち着いたので、場所が変わって、ヒラメ狙いのようです。

一度だけこんな↑のがありましたが、どうしても喰わせられませんでした。
やっぱ、冬場のヒラメは難しいですね。
 
終盤、再び青物ポイントに移動して、船中ワラサフィーバーになりましたが、
何故か私は蚊帳の外。両隣に棚を聞きますが、大艫のTさんは「下から20m」と言うし、胴の間のF名人は「底」って言うし、????です。
 
 『フン、どーせワラサは要らんし・・・』と心の中で毒づきながら、マジで穂先を睨みつけたまま終了の合図を聞きました。(笑)
 
まあ、初釣りで、ブリ2本釣れたら言うことなしです。楽しい釣りができました。
船長、乗せてくれて本当にありがとうね~。(*^_^*)
ヤブリンさん、F名人、M名人、賑やかTさん、ありがとうございました。
 
弟子2号さんには、下船後「あれっ? 2本目のブリが釣れたらくれるんじゃなかったけ?」と冷やかされましたが、なんとか逃げて帰ってきました。(笑)
次回は是非ご一緒しましょう。(*^_^*)
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する