FC2ブログ

2015-12

たまには川魚

『魚が食いて~』と思っていたら、叔父が子持ち鮎の甘露煮を送ってくれました。
 
今年初めての鮎です。ってか2年ぶり? いや3年ぶりかも?(^^ゞ

 
お気に入りのお酒をチビチビしながら、頭から丸かじり(笑)
 
「う~ん、たまんねっす」
   鮎も美味しいなぁ
スポンサーサイト



今年の三大「びっくりポン」!

年末に、ちょっとあがいてみようかと思ってましたが、潔く今年は納竿。(笑)
 
で、今年を振り帰ってみました。
 
一番印象に残っているのは、これですね

50cmのキジハタちゃんです。
どうしても「泳がせのハタ釣り」がやりたくて、海栄丸の船長にお願いして「カサゴ五目」ということで、船を出してもらいました。
活き餌は 弟子2号さんに活きアジと活きイワシを調達してもらって、仕掛けは
MOMOさんにアドバイスをいただいて、まさに『お陰様で』の奇跡でした。

綺麗な白身にうっすら脂が乗っていて、美味しゅうございました。
いつかまた、お会いしたいもんです。
 
お次はこれです。

生涯2回目のブリちゃんです。初めてお世話になった船でしたが、乗った日といい、偶然この船に乗れた事といい、本当に運が良かったです。
2年前に釣ったブリよりも、一回り小さいのですが、竿が違うのか、こちらの方が引きが断然強かったように感じます。 両手で竿を持って強引に耐えたなんて、記憶にないもん。
しばらくは、腕は痺れるし、腰は痛いしで、鍛錬不足を痛感しました。
もしあのとき、もう1本来たら、ギブアップしてたかも・・・。
なーんて、来るわけないじゃんね~。

コイツは美味かったです。ここのところ、ヒラメ、ブリ、鯛、カンパチと4週連続で、魚のしゃぶしゃぶをしましたが、「ブリしゃぶ」は別格でした。
私は、これを握り寿司にしましたが、息子達には、寿司飯を丼に入れて、この腹身をふんだんに乗っけて「ブリ丼」にしてやりました。
三男なんか、こんな美味い丼なんか食ったことがないって。(笑)
来年も御目にかかれることを、心から願っております。
 
最後は、これです。

やっぱりアカムツ様ですね。(笑) 3回目にして、初めて2匹釣りました。
まあ、4回目が坊主だったので、「平均1匹」は、昨年と変わりありません。
 

 
定番の炙りです。文句なく美味いに決まってますよね~。
今年も、家族の評価は、ブッチギリのナンバーワンです。
いつかは、5~6匹釣って、定番以外の食べ方もしてみたいもんですね。
まあ、いつのことになるやらですが・・・(笑)
この魚だけは、どれだけ釣れても、絶対お裾分けしないだろうなぁ・・・
 
そうそう、ちょっとした「びっくりポン」も、一つありました。
それは、オオモンハタです。 ヒラメのゲストで30cmぐらいのが釣れたんですが、
あんな美味い魚とは思いませんでした。 あれは、また釣りたいわ~。
 
 そんなこんなで・・・
 
会えずに終わったお魚さん達もいましたが、今年も、楽しく釣りができ、そして美味しいお魚が食べられました。
釣れてくれたお魚さん達、どうも、ありがとさ~ん。
 

ゴチになります

昨日のお昼頃、携帯に1本電話が・・・、電話の主は釣り友のご近所さん。 
 
三重の海上釣堀にいるそうで
「カンパチ2本釣れちゃったんで、1本貰ってくれる?」
 
お断りする理由は全くないので(笑)、夕方クーラーを持ってお魚引き取りです。

 
なんと、カンパチだけでなく、鯛と石垣鯛までいれてくれました。
どの魚もよく肥えてます。  真鯛も身が厚いですね。
 
今年は、アジ釣りの時にひそかに石鯛を狙ってズッコケて、 シオ(カンパチの子)を狙って、走りのウタセ真鯛に行って見事に撃沈して、悔しい思いをしております。
 
なんとか、これで多少は溜飲が下げられそうです。(笑)
 
とりあえず、カンパチは、半身をしゃぶしゃぶでいただきまして、石垣鯛は三枚におろして熟成中。3日ぐらいが丁度いいのでしょうか?
 
残りのカンパチの半身は、背は漬け丼、腹は握り寿司ですかね。
表面を軽く炙って、タタキ風もいいかも。
カマは、石垣ともども塩焼きがいいなぁ・・。
石垣鯛は、お刺身と、やっぱり握り寿司がいいなぁ・・。
 
な~んて、今しばらく、お魚を堪能できそうです。ご近所さんに感謝~。
 
来年こそは、船で石鯛やカンパチを釣ってみたいなぁ・・
 
 

牡蠣にあたった?

寒くなってきまして、牡蠣の美味しい季節ですね。でも、あたると怖いのも牡蠣。
 
我が家では、私も息子達も牡蠣好きでして、特に殻つきの牡蠣なんぞをいただいた日には、大喜びです。(*^_^*)
 
で、数日前、ご近所から殻付き牡蠣をいただきまして、早速レンジでチ~ンです。
ご存じの方も多いと思うのですが、殻付きの牡蠣って、ラップしてレンジでチンすると
簡単に口を空いて、プクプクの美味しい身が食べられるんです。
そのままでも、ちょっとお醤油を垂らしても、どちらでもご随意にって感じです。
 
それでね、その日も美味しい牡蠣に・・・と思ったら、あたってしまいました。
私? いえいえ、  息子? いえいえ   嫁さん? いえいえ
 
 
 
 
 
         あたったのは コイツ↓です。 (爆)
 

我が家の7歳になる電子レンジ君(爆)
 
牡蠣を入れてあたためボタンを押しましたところ、しばらくしてエラー表示。
電源を入れ直してやり直しても、さらに他の物で試しても同じくエラー表示。
もう作動しません・・、ついに、帰らぬ人となってしまいました。
 
実は、先代の電子レンジ君にとどめを刺したのも、7年前の殻付き牡蠣でした。
まさかの、2代続けて・・・、です。
牡蠣って、あたるのは人間だけかと思ったら電子レンジもあたるんですね。
これで、嫁さんから「殻付き牡蠣の電子レンジ使用禁止令」が出たのは言うまでもありません。そして私の財布から、船代数回分の諭吉さんが飛んでいきました。
 
お年寄りの電子レンジさんをお持ちの皆さんには、どーか殻付き牡蠣にあたらないようお気を付け遊ばせ。(爆)
 

釣り魚、食い納め

先日釣って来たお魚さん達。
50cmの真鯛君は、私のカンチョー攻撃で絶命してしまったので(爆)、翌日鯛しゃぶとなりました。

魚のしゃぶしゃぶは、ヒラメ、ブリ、そしてこの鯛と、3週連続です。
先週のブリしゃぶがあまりに好評だったので、今回は、「まあこんなもんか・・」(^^ゞ
カンチョーでやられて、さらにブリと比べられて、気の毒な真鯛さんでした。
 
もう1匹私のカンチョー攻撃で絶命した真鯛さんは、近所のおばちゃんに貰っていただきました。とっても喜んでいただいので、きっと成仏できたと思います。
 
若船長のおかげて唯一生き残った真鯛さんは、神経締めして、3日間ミイラ状態

どーか、美味しい真鯛の刺身になってますように・・・・。
 

半身を切ってみましたが、それほど脂ののった感じもなく、大した甘みもなく・・・
まあ、こんなもんなのかなぁ・・・。 真冬の鯛に期待して残りは昆布締め。
 

今晩いただく予定ですが、これは間違いないでしょう。(^○^) 
 
そうそう、チャリコが1匹おりました。こいつは酢締めで酒の肴となりました。
なかなか旨かったです。
 
 
さて、ワラサちゃんです。久しぶりに半身に虫が入ってました。
そこで、虫を取って息子の彼女にプレゼント。(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
そして、我が家に残した虫のいない半身には・・

ゲッ、こっちにも入っとたんかい!!(大笑)
 
ちょっと丸っこいワラサで期待したんですが、思ったほどでもなく・・・
さらに、前週のブリと比較するもんだから、そりゃ無茶だよね~。(^^ゞ
 
ということで、先日のお魚さん達には、ご馳走様~でした。
でも、今年の竿納めは、ちょっと心残りだったかな? (爆)
 
恒例の大晦日の買い出しで、美味しそうな魚を探すことにします。(^_^)v

必殺技

12月12日(土)  海栄丸  天気・・・曇り後晴れ 大潮  8時出船15時沖上がり

まさかの3週連続の釣行です。(^^ゞ
先週は、このウタセ真鯛を予約した直後に「師崎沖青物祭り」を知って、衝動的に出かけてしまいました。
だったら、今週をキャンセルして大人しくしていればいいじゃん、となるわけですが、そうもいきません。だって、今年は、ウタセ真鯛でまだチャリコしか釣ってないんですもん。
 それに、
そろそろ真鯛も深場に落ちて、美味しくなっているはずなんです ということで、今年の釣り納め(たぶん)は、苦手なウタセ真鯛に行ってきました。
 
8時出船なので、途中で通勤の渋滞にあうかもしれないと、4時出発。
でも、全く渋滞の気配もなく、余裕の現地着。
今日は、掲示板に時々書き込んで下さるPokiさんも予約されているようで、駐車場で発見。
 さらに船着き場には、常連のM名人もいらしてまして、鯛の釣り方などを教えてもらってました。
 
お客さんは5人で、今日は寛都船長です。私は右舷大艫、Pokiさんは左舷ミヨシ
M名人は私の隣の右舷艫。これは、名人の釣り方を勉強できそうです。
 
水深70mぐらいのところで、錘30号、捨て糸3mでスタートです。
仕掛は左舷後方に流れて行きますが、底潮は上潮ほど流れてない感じです。
エサも取られません。そのうち、真ん中だけ取られることがあって、捨て糸を伸ばすべきか???です。 M名人も同様のようで、寛都船長に「こりゃ、なんでだ?」と聞いてます。(笑)
 
開始後1時間ぐらいたったでしょうか、どなたかが「巻上で食った」というので、
私も巻上で誘ってますと、竿先が入りました。

50cmの真鯛ちゃんです。 今年初めてウタセでまともな真鯛が釣れました。(笑)
ところで、今日の私は、釣りだけではなく、あることを試しに来ています。
それは、鯛のエアー抜きです。
この船では、いつも船長や寛都君がやってくれるので、なんらその必要はないのですが、他の船に乗った時はそういうわけにはいきません。 
実は1~2月の真鯛が美味いと聞いていて、海栄丸はその時期真鯛釣りをやらないので、食べるためには他の船に乗らなければなりません。
そんなことで、ちょっと勉強したいのです。
 
で、寛都船長に教えてもらいながら試してみました。

やり過ぎました・・・・。
子供の頃、なんかの漫画だったか「3年殺し」みたいなのが流行ったのですが、
これは3時間殺し。(爆)
 
この後、チャリコを1匹追加して、少し底潮が流れ始めたので、ドンドン糸を送って行くと、なんか重たい感じ。 ゴミでも引っ掛けたか? と高速巻上してると、途中から突っ込み始めました。 あれっ? 青物? それともサメか?
 
青物は先週沢山釣ったので、随分横着なやり取りです。(^^ゞ

ワラサ君でした。 まだ冷凍ワラサが残ってるんですが・・(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
 少しポイント替えして、今度は6mの捨て糸にちょうどいい感じのエサ取り具合。
お昼すぎぐらいです。

お刺身にはちょうどいいぐらいのサイズが釣れました。
これは活かしておきたいので、寛都船長にエアー抜きをしてもらいました。(笑)
 
さらに1時間ちょっと経ってもう一枚。ちょっと元気がありません。 

今度は自分でエアー抜きです。   お尻にプスッ・・・・・・今度は瞬殺。
 
この後は、2回程かけそびれて、これにて終了となりました。
今日は、寛都船長が盛んにポイント移動をしてくれましたが、全体的に低活性で
PokiさんやM名人も苦労されてました。
 

苦手なウタセ真鯛でしたが、今日は特等席に座らせてもらって、なんとか真鯛の顔を拝むことができました。寛都船長に感謝です。
 
ホントならもっと釣らなきゃいかんのだろうけど、なんせ下手なもんで・・・・(^^ゞ
 
寛都船長、今日はお疲れ様でした&ありがとうございました。
Pokiさん、M名人もありがとうございました。
 
それにしても、私のエアー抜きの技術は、2匹とも昇天で、致死率100%
  
 
お尻にプスッ、「必殺仕事人」あらわる! (゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
 
 
 
 

締めは真鯛で

今年は、明日の真鯛釣りで締めくくることになりました。
 
道糸はPEからフロロに巻替えまして、針は釣具店推奨のケイムラ伊勢尼。
伊勢湾の真鯛釣りで実績を上げている針らしいのですが、ホントに~??
 
ウタセエビにケイムラってどうなの?って気もしますが、苦手な釣りなので藁をもつかむ気持ちですね。(笑)
なんせ、今年は2回ウタセ真鯛に行きましたが、2回とも撃沈なんです。

ここのところ神がかってますので、その勢いで一気にリベンジができるのか、
それとも今までの反動で、思いっきりこけるのか・・(笑)
 
できれば、45cmぐらいのポッチャリした真鯛を1枚釣りたいなぁ。
 
それと、コイツも練習したいですね。鯛のエアー抜き

 いつも船長や寛都君がやってくれるけど、できれば自分でもできるようになりたい。
これ買ってから鯛が釣れないのよね~(大笑)
釣れんかったら他の人の鯛で練習するか・・、殴られそう(爆)
 
なにはともあれ、どーか心穏やかに(笑)竿納めができますように。

ブリ週間

さてさて、先日のブリでございます。
当然、一日では食べきれませんので、毎日コツコツいただいております。
 
当日はすでにご紹介いたしましたように、背の身を使ってしゃぶりました。
 
二日目の月曜日は、腹身をちょいと握ってみました。

美味しかったですが、まだちょっと早かったみたい。
この日は、カマの塩焼きもありまして、養殖ブリのような脂の乗りでした。
それでもくどくはないのですが、もうちょっと、筋肉質の方が私は好みかな。(^^ゞ
 
三日目の火曜日は、ブリ&ワラサ大根です。写真はありません。(爆)  
これぐらいしかアラの食べ方を知りませんので、仕方なく沢山食べてます。
子供達がそれ程食べたがらないので、私の「責任食い」になってるのです。(T_T)
アラの美味しい食べ方があったら、どなたか教えてください。
 
四日目の水曜日は、腹身のお刺身です。

変色したところをそぎ落とすと、美しい身が出てきました。
二日目より、身が柔らかくなって、とっても甘くって美味しいです。
ううっ、たまんねっす。(爆)
 
で、今晩はいよいよ最後の「塩締めブリ」の登場です。
これは、海上釣堀に通っていたころ、滋賀の女性釣り師に教えていただいた食べ方なのですが、郷土料理のようです。一昨年鳥羽沖で釣れたブリで作ったら「悶絶もん」でしたので、今回『ブリが釣れたら絶対作るぞ!』と決めておりました。(笑)
 
作り方は、背身の一番太い所にドバッと塩をすり込んで、キッチンペーパーとラップでくるんだだけです。水分が出ますので、一日1回ペーパーを取り替えます。

三日経つと、こんな感じの切り口です。初日のブリしゃぶと比べてみて下さい。

全然、切り口が違いますでしょ? この、さしが入った濃いピンクがなんとも綺麗なんです。 普通はこのまま刺し身状に切って酢味噌などで食べるそうですが、わたしは塩の付いた部分をすべてそぎ落として、ちょっと厚切りして食べるのが好きです。

ねっとり感がたまんねっす。 今晩の晩酌はコイツですよ~
 
釣れてくれたブリちゃんに感謝ですね。 ご馳走様でした。<(_ _)>
 
ちなみにワラサも1本持ち帰りましたが、こちらは食べきれないので、切り身で冷凍してあります。冬眠に向けての「タンパク源」(笑)
 
美味しいお魚さんも、タンパク源となってしまうと、気の毒ですね。(^^ゞ

青物祭り

12月6日(日)  七福丸(元栄丸)  天気・・・晴れ 長潮  7時出船13時沖上がり
 

今の時期、日本海で釣れるハマチは脂が乗ってすこぶる旨いと聞いて、一度釣りに行きたいと思っていたんだけれど、私が行ける日は概ね荒れている感じなので、
ビビッて予約の電話が出来ないでいた。
 
そんなとき、突如師崎沖でブリやワラサが釣れ始めたと某釣具屋店長さんのブログで紹介されていて、『ホントかよ~』と知多のいくつかの船宿の釣果を覗いてみると、確かによく釣れていて、一時期の鳥羽沖ワラサとは違って、よく肥えていい感じ。 ブリなんかは丸々としていて、まさに垂涎もの。
 
嗚呼、あれが食べたい。(大笑)
 
師崎の船は「すし詰め状態」にされるので、今まで敬遠していたんだけれど、よく見ると大物釣りに限っては、ゆったり乗れるように人数制限している船宿もある。
そんなことで、電話で翌日の空き状況を問い合わせてみると、3軒目で「空いてます」となった。 「えっ?マジですか?」(爆)
この状況なら一瞬で満員になりそうなのに、空いてるってのはどういうこと? 
人気の釣り宿さんのはずだけど・・・、変に勘ぐりたくなる。(^^ゞ
 
「7時出船なので、6時までに来て受付してください。」と言われて、4時に自宅出発。
市内だけ高速を使って、コンビニにもよって5時45分現地着。 近いなぁ(笑)
余裕の受付かと思ったら、「お客さんが一番最後です」って。
 
釣り座が先着順ということもあるんだろうけど、みんな何時に来てんの??

お世話になるのは、七福丸さん所属の大物専門の元栄丸さん。6tの船で8人定員。
これなら、広々使えていいんじゃないですか~。(^○^)
私は、最後に残った右舷艫です。まあ、ヒラメ釣りと言っても私の狙いは青物なので
釣り座は関係ないでしょ。
 
今回予約した時に、クーラーの大きさを聞きました。というのは、師崎の船って皆さんクーラーが小さいんです。 以前、ウタセ真鯛に行ったときも24Lが主流でしたし
(鳥羽だとほとんど35L以上)、今回の釣果をみても、小さなクーラーからワラサがはみ出た写真とか、魚を折り曲げて無理やり詰め込んだ写真とかが多かったんです。
あれでは、美味しく魚を持ち帰ることは出来ないでしょうに・・・。
で、「45Lを持ち込んでいいか」と尋ねたら、大きいと船に乗らないので・・と暗に断られしまった。ということで35Lを船に持ち込んで、45Lはこっそり車の中に。(笑)
それでも他の方を見ると私が一番大きいぐらい。 みなさん、ヒラメ狙いなのか?
 

船宿仕掛けは、ハリス7号と8号から選べて、私は8号をいただきました。
自分では10号ハリスも持って来てます。ヒラメは眼中にない。(大笑)
 
ほぼ定刻に港をでて、最初のポイントは港からすぐの水深15mぐらいところ。
青物が速攻でアタックしてくるかと思いきや、全然そんな感じではなく、ミヨシでヒラメ、が上がった程度で、早々に水深30mぐらいの所へ場所移動。

 すごい船団が出来ています。こんな船団に毎日攻められたら、ヒラメなんか根こそぎ釣られてるんじゃないか?   やっぱり、師崎は私のような者が来るところじゃなかったかも・・・。ちょっと後悔しました。(T_T)
 
大艫の方にワラサが来ました。 よく肥えてます。
いいなぁ・・、あれが釣りたいな・・・、僕にも来てほしいなぁ・・・。
そうそう、ここで船頭さんに、「カンコを二人で一つ使ってね。」と言われました。
「個人生簀はないんだなぁ」と残念に思っていたんですが、こりゃ~いいわ。(^_^)v
 
 
そんなこんなで、1時間ぐらい経ったでしょうか、ようやくワラサが来ました。
というか、回収の巻き上げの時に竿が刺さった次第です。(大汗)

どんな釣れ方にせよ、念願のワラサが釣れましたので、思いっきり安堵です。
ついさっきまで、「来なけりゃ良かった」と思っていたのに、「来て大正解!!」に
なってます。(爆)
 
そして1時間後、今度はちゃんとアタリが出て、合わせを入れました。

なかなかいいお腹周りをしてますでしょ?(*^_^*)
 
この船頭さん、ヒラメを狙って流しているのかと思ったら、「仕掛けを上げて~」と言うや、すぐに「あっ、記録が出たんでやっぱり仕掛けを落として~」と言います。
記録ってヒラメじゃないですよね。(笑)  なるほど、船頭さんも青物狙いなんだ。
 
そこで、ワラサ&ブリ狙いの「活き餌ローリング針」を試してみることにしました。
すると30cmぐらいのマゴチです。 親針じゃなくローリング針にひっかっかてました。
その後、ヒラメのアタリがでるも食いこまずに、歯形の残ったイワシを回収。
ぐやじい・・・。この仕掛けでは、ヒラメは食い込みにくいだろうなぁ。
 
ということで、今度はヒラメ仕掛けに変更しました。さあ、来なさいヒラメちゃん!
 

来てくれたのは、ちょっと小ぶりなワラサ君です。 なんで??(爆)
 
ちょうど群れに当たったのか、船中でもバタバタと上がってます。
『もう、ワラサは充分釣ったし』、と思いながらも、何故かハリス10号の活き餌ローリング針仕掛けに変更。(笑)
 
10時10分、水深は50m。底付近でのアタリに合わせを入れると
 
ドンッ!!
 
今までと全く重みが違います。なかなか底が切れません。
思わず「船長~、デカイの食ったー!!」と叫んでました。(笑)
ハリス10号なのでドラグは強く締めてあるのですが、それでも魚が突っ込むと
2~3m糸が出てしまいます。今までのワラサは電動で強引に巻き上げてましたが、
コイツには通用しません。ってか、バラシちゃ不味いと慎重に手巻です。(^^ゞ
 
今日の竿は毎度のバイオセンスなんですが、コイツが根本からひん曲がっています。この竿がこんなに曲がったのは、初めて見ました。
最初は左脇に竿を挟んでましたが、それでは負けそうなので、竿尻を私の大きなお腹にあてて、両手で竿を持って、突っ込みに耐えます。
 
ウヒョー スゲーよー、たまんねーー!!

上がってきたのは、84cm 7kgぐらいのポッチャリ鰤ちゃんでした。
 
ヤッホー\(^o^)/
 
しばらくは、放心状態です。 ウヒョヒョ、今晩は、マジで「ブリしゃぶ」じゃん!!
これは美味いぞ~
 
「もう帰ってもいいよ」状態でしたが(笑)、終盤にもう1本ワラサが食ってくれまして、
ワラサ4、ブリ1で終了。
 

魚は、港についてから船頭さんがすべて〆てくれました。
それも神経締めまでやってくれたのでビックリ。(@_@;)
この船では、大物釣りの場合、すべてこのようにしているそうです。
「他の大物専用船でもやってるからなぁ・・。」と船頭さんは言ってましたがホント??
 
 

 
船は、ちょうど駐車場の前に接岸して締め作業をしてましたので、私は45Lクーラーを意気揚々と車から出して、〆た魚をいれました。私以外にも車から大きなクーラーを下ろされる方がいました。なるほど、これなら大型クーラーをわざわざ船に持ち込む必要はないわな。
 
カンコが使えて、ゆったり釣れて、神経締めまでしてくれて、船頭さんも親切だし
今回は、新規開拓でしたが、良い船に出会ったみたいです。
土日1000円増しってのが、ちょっと気にいらないけど・・(爆)
 
帰りは、下道通って2時間半。 近くでこんなに釣れたら言うことなし!
まあ、でも、今回は間違いなく「ビギナーズラック」でしたね。
 
元栄丸の船頭さん、お世話になり、ありがとうございました。
またお邪魔しますんで、どうかよろしくお願いします。
大艫の常連さんにも、いろいろ教えて頂いてありがとうございました。
おかげさまで、不安なく釣りが出来ました。
 
師崎って、凄腕の怖そうな人ばかりで、常連さん以外は釣れないんだろうと思ってたけど、こんなこともあるのね。
 
 

ブリしゃぶだ~い(*^_^*)

包丁を入れたらこんなんなってました。

 
こりゃ、うみゃーに決まっとるわ。(*^_^*)
 
てなことで、半身の背の部分だけしゃぶりました。

 
でも、これの半分はしゃぶる前に、刺身でたべられちゃった。(笑)
 
「やっぱ、ブリの脂はクセがなく甘いなぁ・・」 と息子たちが申しておりました。
 
 
明日は、腹身をお寿司にしましょうかねぇ・・、イヒヒ  (゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 

ブリなら丸呑み?


以前、泳がせの根魚狙いで買ってみた「活き餌ローリング針」。
あの時は、食い込みが悪そうで、結局普通の仕掛けに戻したところでキジハタが釣れた。
 
でも、ブリだったら親針ごと「ひと呑み」してくれるんじゃないかなぁ・・・。
 
来週、鳥羽で今年最後のウタセ真鯛を予約したので、今週は心静かに過ごそうと思った矢先二日程前から、知多のヒラメ釣りで ワラサやブリがボコボコあがっていることを知ってしまいました。 さらに昨日は国崎沖でも美味しそうなブリがあがってます。 今までのワラサやブリと違って、肥えた個体が多いようにみえます。
 
ブ、ブリしゃぶが食いたい・・・。(爆)  
 
3週連続で鳥羽へ行く元気はないので、近くの知多の船にでも乗れればと、断られるのを覚悟で電話したらまさかの予約が取れちゃいまして・・・(^^ゞ
 
ということで、釣れた記憶がない(笑)知多の船で、ヒラメ釣りに行ってきます。
サービス満点のいつもの船とは違うので、ちょっくら緊張気味。
世間の厳しさを体験してきます。(爆)
 
1本でいいから釣りたいなぁ・・・
 
 
 

«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する