FC2ブログ

2015-10

来週に期待

明日は、天気も良さそうなので、出撃しようと思ってましたが、お休み決定。
 
車のヒーターが調子悪いのよね~、明日はその修理に出す事にしました。 
この時期、ヒーターなしでは、夜間走行は寒すぎでしょ?
 
ということで、魚釣りは来週に期待です。 さて、何を釣りに行こうか?
 
鳥羽沖では、太刀魚、ヒラメ、ワラサ、真鯛と絶好調のようです。
太刀魚はともかく、ヒラメやワラサや真鯛はもう少し後の方が美味しいような??
でも、その頃釣れるとは限らないわけで・・・(爆)
 
越前沖タテ釣りのリベンジも気になるところ・・。
 
アカムツのリベンジもしなくては・・、でも出船なさそう、 いっそ福田沖デビュー??
 
そうそう、鬼カサゴのリベンジもあったよなぁ・・・、リベンジばっかり。
 
 
年内、たぶん、あと3回。 優先順位をどうするかも重要です。
 
う~む、どうしましょう。
 
悩み過ぎて、いつものように1週間仕事が手につかないといけません。(^^ゞ
 
 
ええ~い、とりあえずホームに戻って、ヒラメ釣りにするべか。(爆)
 
 
スポンサーサイト



奇跡はおきるか?

10月24日(土)  千秋丸  天気・・・晴れ  中潮  5時出船12時頃沖上がり

つい6日前の「越前沖完全試合」で、すっかり意気消沈しているにもかかわず、今回は顔を拝むのさえ難しいアカムツ釣り・・・。あぁ、とても釣れる気がしない。(爆)
そんな中、追い打ちをかけるように、千秋丸船長から、「アカムツは厳しそう」の連絡をいただき、お先真っ暗。
そこへ「保険にワラサ釣りもしてみたら?」との提案をいただいきまして、折角のお話なので、そうしてもらいました。
 
実は、三保沖でワラサフィーバーが続いており、「三保沖&アカムツのリレー」が可能なことは分かっていたんだけど、「二兎を追うもの、一兎をも得ず」のたとえもあり、船長にはあえて「アカムツ1本で・・・」と予約をお願いしていたのです。でも、「遠路はるばる(笑)くる客を、空っぽのクーラーで帰すのは忍びない」という船長の心遣いに深く感じ入った次第です。
 
『ヤバかったなぁ・・、あわや2週連続の坊主になるとこだったわ。ワラサが入れ食いらしいから、それならなんとかなるだろう。 今更こっちから「ワラサも・・」なんて言えんし、船長から切り出してくれて助かったわ~』。まあ、これが本音ですね。
 
5時出船ということで、万年さんとは1時半に待ち合わせて、万年号で出発。
一気に走って、4時前には船着き場に到着。助手席釣行最高!!(笑)
 
4時半頃には、船長も見えて、乗船開始。今日は私達二人を含めてお客さんは4人。
万年さんは、和歌山遠征されたときに酷い船酔いになって、それ以来船酔い恐怖症らしく、この日は、マリーナの駐車場に付いた途端、「あっ、酔ってきた・・・」(爆)
ということで、私が左舷ミヨシで、万年さんは揺れの少ない左舷胴の間となった。
 
真っ暗の中、先ずはアカムツポイントに向かいます。
今日は、朝の時合いにアカムツをねらって、その後、三保沖に行って、さっさとワラサを一人1本釣り上げたら、またアカムツ狙いに戻るという予定です。
 
期待した朝の時合いは不発で、船長が「こりゃダメだ~、ワラサ行きま~す」(^^ゞ
三保沖はこんな感じでした。右舷側には、船、船、船・・・。

左舷側にも・・・・(@_@;)

いったいどこからこんなに船が湧いてくるんでしょう?(笑)
昨夏、三重の答志島沖で真鯛がバカ釣れしているとき、こんな光景を見ましたが、それ以来です。 確か、あの時は「一人撃沈」したんだっけ・・・まさか今日も?
 
 
実は、コマセでワラサを釣るのは初めてでして、船長に言われて8号10mで1本針、2本針の仕掛けを急遽作ってきたのですが、イマイチ要領がわかりません。
船長の指示棚をきっちり守れば何とかなるんだろうとやり始めましたが、自分の棚に疑心暗鬼です。 リールにはタテ釣り用に巻いたフロロのリーダーがそのままつけてあるんですが、20m巻いたはずなのに、フロロ+PEラインの目盛で数えた水深とリールのカウンターが数m合わないのです。どっちがホント??
 
大艫では早速ワラサが上がり、右舷の方もサクッと釣っておられまして、釣れてないのは私と万年さんだけ。 『やばいよ、やばいよ、これはあの鯛チョクリの一人撃沈の状況と一緒じゃん。 きっともうすぐ万年さんが1本釣って、俺だけ・・・・・
 
船長は「さっさと1本釣って、早くアカムツに戻りましょう」なんていうのですが、全くアタリません。う~む、棚に自信がないわ~。 そこでリーダーの長さをカウンターで測ると18mです。『なるほど、20mは覚え違いか? よし、カウンターを信じよう!』
 
1本針のハリスが切れてしまったので、2本針に変更して、投入です。
船長から「いったん、底まで落として27mまで巻き上げて」とアナウンス。
『な~るほど、一旦底まで落とすのね、知らんかったわ~』(^^ゞ
 
すると、穂先がプルプルッと来ました。「アッ、来るわ・・」  ズッコーン!!

みっともないぐらい走られて、ようやく上がってくれました。60cmのワラサ君。
良かった、本当に良かった。釣らせてくれた船長が仏様にみえてきまして、思わず操舵室でマイクを握っている船長に手を合わせてしましました。
どうもありがとうございました。 南無阿弥陀仏 (゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
もうこれで私は充分です。あとは万年さんが釣ってくれるのを待つだけです。
でも、万年さんはワラサを釣らずに何故か大きなサバフグを釣ってます。 
この方とはよくご一緒するのですが、ときどき不思議な釣りをされます。(爆)
 
私は、もう「余裕のよっちゃん」状態で、なんとなく竿をだしたらまた1本釣れまして、
最後の流しは、冗談で出してた竿がよそ見しているうちに突き刺さってもう1本。
釣れるときって、こんなもんなのね・・・。(^^ゞ
 
再びアカムツ狙いに戻って参りました。
わたくし、ワラサが3本も釣れちゃったもんですから、すでに達成感。(笑)
ワラサは「行きがけの駄賃」だったはずなんですが、駄賃が多すぎて・・・

 まだ本命のアカムツを釣ってないのに、自作の竿を試してみる余裕さえあります。
う~ん、いい感じじゃん。なーんて・・・(^○^)
 
すると、万年さんの「アカムツ、アカムツ!」と嬉々とした大声が聞こえました。
じゃ~ん! 33cmの体高のあるアカムツ様です。

 ワラサ釣りでは、完全にズッコケた万年さんでしたが、ここまで「運」を貯めていんたんですね。 値千金、やっぱ、「持ってる」わ~、この人。 (*^_^*)
 この前も船中一番のアカムツだったもんね。
 
 
それに引き替え「よっちゃん状態」の私は・・・、ドンキ―さんに好かれます。

 コイツを食って行った奴はなんだったんでしょう? 
スパッと食いちぎられていますが、全く気づきませんでした。(^^ゞ
 
結局、私にはアカムツは釣れませんでした。
そうそう、この自作の竿には大きなニベさんが魂を入れてくれました。
何度も竿を叩いていたので、上がるまでは、アカムツに違いないと思ったんですけどねェ・・・、「持ってない」わ。
 
で、これが私の釣果 60~65cmのワラサ3本、 40cmぐらいのニベ1匹

 
ドリームちゃんも1匹来ましたが、彼女はお帰りいただきました。
本命は坊主でしたが、前日の占い通り「力強くサポートしてくれる方」がいらしゃいまして(笑)、ルンルンと清水をあとにしました。
 
千秋丸船長、本当にお世話になり、ありがとうございました。<(_ _)>
次回は、リベンジ戦を考えずに伺いますので、どーかよろしくお願いします。(大笑)
 
万年さんにも、お付き合いいただき、ありがとうございました。
また、同船された方々にもお世話になり、ありがとうございました。
 
これで、脱坊主達成!! でも本命坊主・・・、なんか微妙ですね。(笑)
4連続アカムツゲットしたら、ちょっと奇跡だなぁと思って出かけたのですが
やっぱり奇跡はおきませんでした。世の中そんなに甘くないですね。(^○^)
 
でも、楽しい清水釣行でした。

見えた!!

明日の釣行に向けて、なんかネタはないかと、無料占いで遊んでいたら、いい感じの出てきました。
 
 
明日の運気は絶好調です。何をしてもうまくいきますから、着手すべき事があるのならぜひとも積極的に行動してくださいね。多少の失敗があっても、すぐにそれを取り返せますよ。中途半端な覚悟で物事に取り組むよりは、明日はある程度勢いに任せて強気に行動した方がよい結果が得られるでしょう。ただ、疲れなどを引きずったまま明日を迎えると飛躍のためのチャンスを失ってしまいますから、今日はゆっくりと休んでリラックスしながら一日を終えてください。

絶好調の明日は何をしてもうまくいきますが、だからといって物事を他人任せにするのはNGです。何事も自分で責任を負うのなら問題はありませんが、他人へ責任転嫁すると余計なトラブルが生じてしまうでしょう。潔さが求められる日ですから、逃げ腰にならず、大きな責任もしっかり受け止めるつもりでどっしり構えてくださいね。苦境に立たされても、覚悟さえあれば力強くサポートしてくれる人が現れますよ。
 
 
明日のアカムツ釣りの状況はとっても厳しいらしいんだけど、「絶好調」ならいけるんじゃないの?
 
でも、今晩寝ずに出かけるので「疲れは引きずります」よねぇ・・・。
そうか、万年さんの車で行くから、助手席で爆睡しろっていうことね。(爆)
 
 
「他人に責任転嫁」・・・・・これは「船長、釣れ~せんがー!!」と文句いうことか?
あの船長にそんな恐ろしいこと、よう言わんし・・・。
 
 
「苦境にたたされても、サポートしてもらえる」・・・苦境とは「一人撃沈」の意か?
でも、サポートはしてもらえるんだ。
 
ふむふむ、これで、概ね明日のストーリーは見えてきました。
 
「うまくいく」ということは、明日はアカムツが食べられるということですね。
 
釣りは「一人撃沈」になるんだけど、船長に「釣れんぞー!!」なんて文句を言わず、「皆さん釣っているのに、私だけよう釣らずにすみません」と言えば、船長が「しょうがねーなぁ・・」と、私のクーラーにアカムツを入れてくれるって筋書きですね。
 
よ~し、明日はがんばろう!!
 
 

てんびん座のイケチャンの運勢 (2015年10月21日)



てんびん座のイケチャンの運勢は67点! (2015年10月21日)

総合:
好奇心旺盛になって、いろいろなことへの興味が湧いてきそう。ただし、すぐに行動には移さずに、下調べをしっかりとしましょう。友達に話をしてみると、身近なところに経験者を発見するかも。思いがけず内部事情を知ることができそうです。また、今住んでいる地域に目を向けてみると、お得な情報があります。公共施設や周辺のお店に注目してみましょう。無料や安価で利用できる、お気に入りの場所を見つけることができるでしょう。

恋愛:
どちらかというと気持ちが沈みがちになりそうな日。恋愛も、行動する前からあきらめてしまうなど、消極的な気持ちが先行してしまうでしょう。自分で決めつけてしまう前に相手の言葉に耳を傾けてみることが必要です。

金運:
欲しかった物を見つけられそうです。気になっていたお店があるのなら、これを機に訪れてみて。

仕事:
実力が試されるとき。全力で仕事をこなせば、最高の結果を出せます。今日が、頑張りどころです。

ラッキーアイテム:アクリルのティッシュケース
ラッキーカラー:シルバー
ラッキースポット:居酒屋
ラッキーレジャー:釣り
ラッキーグルメ:豆腐


今日は、私の誕生日でしてね、その割には「67点」とパッとしておりません。
 
今朝から嫁さんが体調崩して、午前中は病院までの運転手。
嫁さんが点滴打ってる間に、釣具屋に飛び込んで、土曜日の為にオキアミとホタルイカを購入。
 
まあ、還暦も近くなれば、誕生日なんてこんなもんですね。
 
 
僅かな望みは、仕事運。 
「実力が試される時」で、がんばれば最高の結果が出るらしいです。
よし、がんばろう!と思いながら、船長にメールしたり、今、これを書き込んだりしてまして、まったくがんばってません。(爆)
 
 
仕事運には、「棚からぼたもち」って、書いてほしかったな。

かんぱい

世間では、魚が沢山釣れて、「今日はこの魚で祝杯だ! 乾杯~!!」と使う場合もよくあるように聞いておりますが、完全に負けることも「完敗」と言います。
概ね、私が釣りに行って使うのは「完敗」です。(爆)
 
10月18日午前、越前沖タテ釣りで、完璧なKO負けをしてきました。
いわゆる、出家とか、オデコとか、坊主とか、いろいろ言い方はありますが、ものの見事にな~んにも釣れませんでした。 たぶん船中で「完全坊主」は私だけかも。
 
特に愉快な失敗談でもあればいいのですが、今回はそれもなく、真面目に釣ってこれですから、とても釣行記にはなりそうにありません。よってこれでおしまい。 
また次回がんばりまーす。
 
 
 
 
ということで、ここからは、だらだらと「越前往復日記」を書きます。(爆)
魚が釣れる話はほとんどありませんので、どうか悪しからず。<(_ _)>
 
 
 
 
10月18日(日) 心友丸  天気・・・晴れ   中潮  5時半出船12時帰港

 
最近鳥羽沖では、皆さん華々しい釣果を上げていて、興味がないわけではなかったんだけど、ワラサや鯛以外の魚が食べたくって、タテ釣りが始まった越前沖に出かけることにした。
 
ここは、3年前、覚えたばかりのタテ釣りで、「ヒラマサなんか釣りたいな~」なんて妄想しながらやってきて、ヒラメ1匹バラシて坊主で帰ったところである。(笑)
当時は同船のベテランさんが、キョクエイだのゴウキだのと竿を自慢されていたのだけれど、それが初めて聞く名前で、いったいなんのことやら???だった。
でも今は、だいたいわかるし(爆)、タテ釣りもそこそこ経験を積んだので、まあまあ自信のあるリベンジ戦だった。
 
今回お世話になったのは、越前小樟漁港の心友丸さん。
以前から気になっていた船で、過去に2回程予約を試みたけど、うまくタイミングが合わずに乗れなかった。やっと乗れるわい。、
 
5時半集合とのことで、1時半に出発。毎度の節約走行で「一宮~関ヶ原」を高速使って、あとは下道走行。 外気温は12度ぐらいで、前回の釣行時とは随分違う。
ちょっと寒いなぁ と車内の温度を上げるが、風が冷たいまま・・・。
げげっ、嫌な予感、 またヒーターが壊れたかも・・・。
 
今回は、情報が少なく、船のHPを見てもタテ釣りの釣果は9月22日、10月10日の二日だけで、キジハタなどの根魚が中心。ベイトは豆アジとカタクチイワシらしいが、「ベイトが付くかどうかは、出てみないとわからない」とのこと。
そりゃまあ、確かにそうだわねぇ・・・。 (^^ゞ
 
慣れ親しんだ船なら、気軽に直近の状況をきけるのだけれど、初めての船はやっぱり気兼ねして聞けない。、そんなことで、やや不安を感じながら国道8号を北上する。
万が一、ベイトがかからなかった時のことを考えて保険を掛けるかどうか・・。
オキアミとか切り身があれば、ベイトが付かなくなった時でも、遊べるよなぁ。
そんなことで、越前に向かう最後の餌屋さんの「つりえさスーパー越前」でオキアミだけ買っていくことにした。
 
ところが、その餌屋さんが閉まっているではないか。ガビーン!!
つぶれちゃったのかなぁ・・・。
まあ、いいや、スケベ根性を出した自分が情けない。
男は黙って「タテ釣り1本勝負」だわ!! 
結果的に、これが致命傷になるんだけれど、この時はまだ知る由もない。
 
現地には5時少し前に到着。船長はすでに来ていて、気さくな船長でホッとする。
今日は、5人グループと、私ともう一人の合計7人。くじ引きで私は右舷ミヨシを選択。
私の好きなポジションなので、なんか釣れそうな雰囲気だった。
 

 
 港をでたところで始めるので、すぐできるように支度をしとけよ~とのアナウンス。
まずは、自作仕掛けからスタートですね。
5人グループの方はこの船の常連さんのようだったけど、タテ釣りは初めてのようで、船長が盛んに事前のレクチャーをしていた。
 
「水深は60m 30m~50mで反応あります。」でスタート。。
しかし、ベイトは付きません。 船長が「あっ、消えた・・」って。
どうやらベイトが一瞬しか現れず、すぐに消えてしまうようです。
 
何度やっても全くベイトが付きません。 左舷ミヨシの方にも聞いてみますがやっぱり付かないそうです。
1時間ぐらい経ったでしょうか、巻き上げてくると10cmぐらいのカタクチが1匹付いてました。いつ付いたのだろう? 船長にも「何mでついた?」と聞かれましたが、全くわりません。今までの経験上、このぐらいの大きさなら、わかるはずなんですが・・・。 いつもより水深が深いのでわかりづらいのか??
 
鳥羽のタテ釣りでは水深はせいぜい40mで、ベイトは15mぐらいからですが、
ここは前述の通り、水深60m ベイトの位置は40m前後です。
でも、鳥羽の40mでもベイトが付いてるはわかるもんなぁ・・・。
 
そんなとき、左舷ミヨシの方に30cmぐらいのキジハタが上がりました。
ベイトが付いたのわからなかったとのこと。ただし、この方、エサも付けていたので
ベイトに食ったのか、エサに食ったのかちょっと微妙です。

 
今日は天気も良く、ベタ凪です。これで釣れたら良かったんですけどね。(笑)
5人グループの方は、事前に港で小アジを釣っておられたようで、それを付けてますが、それにも食ってきません。
 
船長も、ベイトさっぱりつかないので、こんなことなら港で小アジを釣っておけば良かったよ後悔されてました。出船準備の時、船下にウヨウヨ小アジがいたそうです。
でも、その小アジにも食ってきませんので、困ったもんです。
 
2時間経ってもダメなので、越前岬へ大移動となりました。
「水深は85m ベイトは60mより下」とアナウンスが入りスタートしますが、やはり何度やってもベイトが付きません。 きっとすぐに消えるんですね。
船長は私に「ベイトは付いたか?」と何度も何度も聞いてきますが、はっきりと付いたと確信が持てる「プルプル」を一度も感じませんので、「自信ない」としか言えません。
そんなとき、「60mから下に反応が出た」とアナウンスが入り、すかさず付けにいくと初めて、ベイトが付いたのがわかりました。
船長に「70mでベイトがついた!」と報告したら、すかさず「70mだー、70mでベイトが付くぞー」と大声でみんなに知らせてました。(笑)
 
ベイトが付くとちゃんとアタリがでます。穂先がビュンビュン揺れてグンッと入りました。ついに来たー!! オリャーッと渾身の合わせで竿を立てました
 
ガッチリかかりました、・・・・・ はい、根掛かりです。
 
なんでここで?? ベタ底にはしてなかったつもりなのに・・・。
 
本日のハイライトはここだけ。(笑) 
 
船長が、艫でのお祭りを解くためにしばらく操舵室を離れたので、その間ずーと魚探をみてましたが、1回もベイトの反応はでませんでした。
終盤は船長も水深を言うだけで、ベイトの棚のアナウンスはなし。(爆)
まあ、ベイトが居ないんだから、しょうがないよね~。(笑)
 
餌を付けてた方には、沖メバルとかウマヅラが僅かに釣っていたようですが、タテ釣りでは、船中30cmのキジハタ1本のみ。
漁礁の上を散々流したのに、活きアジにも全く反応なかったみたいです。
 
これだけ完璧にやられたらしょうがないです。
あの、ワンチャンスをものに出来なかった私の未熟。 持ってないわ~。
 
船長も「申し訳ない」と言いながら、何度もポイントを替えてくれましたが、最後は
「俺にできるのは、スタンプを余分に押すぐらいしかない」って。(笑)
 
なんとも厳しい日でしたが、船長のすぐ横でいろいろと話をしながら、退屈せずに
過ごすことが出来ました。
これからもタテ釣りもやるそうなので、またリベンジです。
心友丸船長、ありがとうございました。 次回こそ脱坊主じゃ!!
 
 
さて、家内には「釣れんかったら買って帰る」と言って出てきております。(笑)
で、漁港からしばらく走ったところに「越前さかな」というのぼり見えましたので入ってみたところ、なんとアカムツが沢山売られてました。
「越前漁港朝どれ」 となってまして40cmぐらいのが4000円ぐらい。
思わず手がでそうになりましたが、次回はアカムツ釣りなのでやめておきました。
 
敦賀まで戻って、日本海さかな街で地物の甘えびとアオリイカを買って帰りました。
大変美味しゅうございましたよ。
 
9月は沢山釣りに行きましたが、なんとなく不完全燃焼で、「月がかわればツキも変わると」と期待してでかけたのです、思わぬ方にツキが変わりました。(爆)
 
まあ、これ以下の釣果はありませんので、次回こそ、ツキが変わってくれることを願います。
じゃないと、完全にリベンジスパイラルになるじゃんねぇ・・。
 
ということで、越前往復日記の終了です。
こんな話に、最後までお付き合いいただき、大変有難うございました。<(_ _)>

どうなんだろう?

明日は、越前沖でのタテ釣り。 初めての船なので不安いっぱい。
ついでに、今月に入って2回目のタテ釣り出船らしく、状況が全くわからない。
 
それに、前回試せなかった自作仕掛けが、通用するのかも超不安

10号の幹糸を補強の為部分的に2本にして、そこに8号のハリスをちちわ結び。
どなたかのブログに紹介されていたのを完全パクリです。(爆)
これならハリスが撚れたときに交換ができるので良いと思うのだけれど・・。
 
 
「ベイトはアジで、根魚が釣れるんじゃないか」というのが、船宿女将さん予想。(笑)
アジがベイトのタテ釣りは、なんとなく苦手な感じがあるんですが、小アジが釣れれば、生かしておいて泳がせの根魚釣りもありですねぇ・・
ということで、MOMOさんに教えていただいた泳がせのキジハタ仕掛も、一つ作っておきました。この仕掛けは実績あり。(^_^)v
お天気はよろしく、たぶん凪だと思うのですが、果たして釣果は??
もしダメなら、帰りにアオリイカでも買って帰ろう。(笑)
 
 
こちらは翌週のアカムツ用です。

私は勝手に「千秋丸仕掛」と呼んでいますが、実際に船長の仕掛けをマジマジと見たことはないので、たぶん違うでしょうね。でも、実績はあります。
あとは、ドウツキとか、福田の船の仕掛けも作って行こうと思います。
アカムツは、「もしダメだったら」は許されないのよね~。(大笑)

モンタージュ

顔は浅黒く、髪の毛は ハゲちらかした五部刈り。
 
おでこはやけに広い。
 
眉毛は薄くて、まぶたは腫れぼったく、目は一重でやや細い。
 
鼻は、酒焼けしたように赤くって、団子鼻。
 
口は、大きくはないが、やたら下唇が厚い
 
頬は垂れていて、完全な二重あご。
 
 
ねっ、いかにも「犯人」って顔でしょ?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日交付された私の免許証でした・・・・

今年は、たぶんあと5回。 

早いもので、もう10月中旬。
前回釣りに行ったときは、半分夏仕様だったけど、今度は防寒着がいるか?(爆)
この時期の季節の変わり方はめまぐるしいですね。
 
さて、今月は次の日曜日に、今年最後のタテ釣りを、越前でしてきます。
3年前、ここで見事に坊主をくらっているので、リベンジ戦です。(^_^)v
青物は期待できないけど、「あわよくば、キジハタ&ヒラメ」です。(笑)
 
その次は、アカムツ釣りです。これは気合が入ってます。
誕生日のすぐ後なので、なんとか自分で「3日遅れのバースデープレゼント」を釣り上げたいもんです。
 
10月はこの2回でおしまい。
 
11月は初旬に行くつもりです。
釣り物は、アカムツリベンジか(笑)、イワシ泳がせのヒラメかウタセ真鯛。
あとは、月末に天候よければ平日釣行を企んでます。
これは、初旬の撃沈状況にもよりますが、ウタセ真鯛かヒラメでしょうね。
 
12月は初旬に1回行って、たぶん年内打ち止めになると思います。 
これも、それまでの状況によって変わりますが、美味しい真鯛、デブワラサ、肉厚ヒラメがゲットできていたら、鬼カサゴ狙いもありかな~、なんて考えてます。
まあありえないだろうけどね。(爆)
 
ひょっとすると、まだアカムツリベンジしてるかもしれんし・・・・。
 
昨年は年末年始の休みが多かったので、初めて年末釣行なんてやってみましたが、今年は無理そうですね。(T_T)
 
ということで、今年はあと5回。
 
今月の目標は、もちろん、「アカムツゲット!!」 ですね。
 
 
 

憧れの釣り

数釣りが苦手な私が、昔からあこがれているのは「大物泳がせ釣り」。
 
坊主は当たり前だけど、上手くすると10kg級のカンパチ、ヒラマサ、ブリなんか釣れちゃって、5~6kgのクエやハタが釣れちゃうこともある。
もちろん、もっと馬鹿でかいのもいるらしいが、これは手に負えない。(笑)
 
船釣りに転向して、ウタセ真鯛、完全フカセ、金洲、カツオ、タテ釣り、イワシの泳がせ、鬼カサゴ、アカムツなど、わけもわかぬまま一人で飛び込んできたけど、流石に、この「大物泳がせ釣り」だけは、敷居が高すぎるのよね~。(^^ゞ
 
でも、カツオが来なくて、すっかり箱入り娘が板に付いた「タナコン750」の使い道には、もうこれしかないようにも思う。
 
今年に入って始めた竿作りも、実のところ、自分で作れるようになれば、高額な泳がせの竿を安価に自分で作ることができると思ったから。(爆)
でも、実際に竿を作ってみると、材料費だけでもバカにならないことがわかり、これは中古品を買った方が安くて安心なのではないかと、悩ましいところである。
 
昨日、ずーと以前から気になっていた御前崎の某船に電話を入れてみた。
ここは、今年に入って予約をいれようかどうか迷っているうちに、船長が急逝されてしまった。お店のブログによると現在は、営業再開に向けて準備をされている。
まだ、もう少し時間がかかるようだけど、再開されたら一度出かけてみるつもり。
まずは、軽いタックルでの泳がせから、デビューしてみようと思う。
 
 
さて、今月下旬は、久しぶりに「赤い宝石」狙いでござんす。
これも、坊主覚悟の釣りなんで、緊張するのよねぇ・・。
 
どうも私は、数釣りよりも坊主覚悟の釣りの方がワクワクするようだ。
ひょっとして、私は「M」か?(爆)
そういえば、釣れるまでのあの船長の目は、仁王様。でも、釣れたら仏様に変わる。
このギャップがたまらないのよねぇ・・。
う~ん、やっぱ、ボクちゃん変態かも・・・(爆)
 
 

未知との遭遇

昨日は、三男と嫁さんを連れて、生まれて初めてピザ屋さんに出かけました。
宅配のピザは食べたことがありますが、この手のお店は苦手なイメージがありまして、いままで避けていました。
なんせ、数年前まで、「イタメシ」を「炒めた飯」と思っていたぐらいですし、いまだにパスタとスパゲッティの違いが分かりません。(爆)
 
近所で、個人店とチェーン店の2軒ピックアップして、先ず個人店に行ってみました。
20年もやってる個人店なので、きっとチェーン店より美味いはずだと思ったのですが、駐車場をみると、昼時なのにお客さんはひと組だけ・・・。
息子も嫁も「ちょっとやばいでしょ」というので、チェーン店へ。
同じ個人零細事業者として、「変わらないリスク」を考えさせられました・・(爆)
 
打って変わって、チェーン店は大盛況でした。私なんか、『世の中にはこんなにピザを食べたい人がいるのか』とビックリ仰天です。
お店の雰囲気も、行きなれた回転寿司とは全く違っていまして、なんか場違いな所に来てしまったような・・・。
さらに、若い人ばかりと思っていたら、中には、私のように頭の禿げたオジサンなんかも来ていて、なんと斬新なオッサンなんだと感心してしまう始末。(笑)
 
若い女性店員さんに、テーブルまで案内されたのですが、途中で、「こちらが○△&%$となります。#■@%$ならご利用できます。」と、いわゆるサラダバーらしき場所を教えてもらいました。聞きなれないカタカナの言葉は、よくわかりません。なんか怪しげな中華料理店みたい。(爆)
 
メニューをみても、沢山のピザやパスタの名前が並んでいましたが、どうしたらいいのかサッパリわかりません。
そこで,「パルメカンターレ」という3人用のセットを頼むことにしました。
内容はこんな感じです。
 
アンティバストバー
お好きなローマ風ピッツァ
お好きな名物パルメナーラ
お好きな生パスタ
ドルチェ
フリードリンク
 
 
私には「ピザとパスタが食べられて、ドリンク飲み放題」しか理解できません。
ピザは3人で30cmぐらいのが一枚、パスタも3人で取り分けて食べるらしく、それでは全然足りないだろうと、この他にもう一枚ピザを追加しました。
だって、お好み焼きと焼きそばを3人で分けたら、全然足りないでしょ?(爆)
 
「パスタは、どの麺がよろしいですか?」と、いくつかサンプルを見せてくれましたが、細麺とか太麺、あるいは二八とか十割ならわかりますが、私には???なので、息子にお任せ。(^^ゞ
 
無事オーダーが完了しまして、アンティバストバー(いわゆるサラダバー?)で、適当に見繕って食べておりますとピザが2枚きました。
熱いうちにいただきまして、なかなか美味しゅうございます。
 
次に、丸くデッカイチーズを持ってきまして、これに熱いパスタを絡めて、さらに煮立ったホワイトソ―スにそのパスタを絡めたものがでてきました。
てっきり、これが「お好きな生パスタ」と思ったら、これが「お好きな名物パルメナーラ」らしいのです。 デッカイチーズには刻印が入っていまして、これが「本物」の証なんだそうです。タグ付きズワイガニみたいなもんか?(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
さて、パルメナーラがパスタなら、生パスタはどうなるんだ?と思ったら、エビとホタテのクリームソースに入ったパスタも出てきました。
このソースは私がオーダーしたのですが、パルメナーラが同じ様にクリームソースのパスタだったので、完全にかぶってます。
こんなことなら、ボンゴレとかにしとけばよかった・・・(T_T)
 
当初は、さらにピザをもう1枚頼むことになるだろうと思っていたのですが、この時点で充分お腹いっぱいになっていました。
 
余分に頼んだピザは、まさに「余分」だったかも・・・
 
ピザって、結構お腹が膨れるんですね。さらにクリームソースのパスタのWも効いたみたいです。
 
メニューの「ドルチェ」というのは、デザートのことらしく、ケーキなど3種類を食べられるそうですが、3人とも「もう満腹」で、すべてお持ち帰りとなりました。(^^ゞ
 
いや~、ピザ屋さんをなめておりました。
お一人様2000円ぐらいで、美味しく満腹感ありで、充分満足しました。
これにはまることはないでしょうが、たまには出かけてみるのもいいですね。
 
そこの「炒めた飯」思ってるオジサン、一度チャレンジしてみては?(大笑)
 

こんなことなら

今日はね、もし釣りに行ったら鰆やワラサやハマチがボッコッボコに釣れて、クーラー満タンになる予感があったわけ。
 
ところが、ここのところ4周連続でお出かけしてるし、6日、11日は息子と嫁さんの誕生日で、今日ぐらいしか私は一緒に食事が出きないしで、あえて自粛したわけ。
 
でね、折角なら美味しいものを食べに行こうよと、息子に「何が食べたい?」と聞くと、「普通にピザでよかったのに・・」。 えっ?
さらに、嫁さんに「何が食べたい?」と聞くと「別になんでもいい・・」と。
 
 
なんて張り合いのない奴らなんだ!! 
俺は断腸の思いで、爆釣を諦めたんだぞ。
 
ハイハイ、「ピザ」&「なんでもいい」ですか~
じゃあ、吉野○行って、帰りにスーパーで冷凍ピザでも買いましょうかね。
 
あー、つまんねぇ・・・。
 
こんなことなら、気を使わずに釣りに行けばよかったわー。
スクランブルに備えて、バッテリーも充電済みだったんだからなー(爆)
今頃は、クーラーが満タンになって、船のクーラーを借りてる頃だったになぁ・・。

«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する