FC2ブログ

2015-08

最終テスト

さて、前回のテストの結果、リメイク前後で、ほとんど竿の調子が変わってないことがわかりガッカリしてしまったのだけれど、ひょっとしたら何か大きな違いがあるのではないかと、再び心を奮いたたせて、今ある二つの竿を比較してみることにした。
 

 
それぞれ、150号 +5号、そして2kg  2kg+150号を吊るしてみる。
つまり、「150号の錘で釣っていたらアタリが出て、1kg級の鬼カサゴがかかって、
あげて来る途中で竿が叩かれた」という設定。(笑)
 
 こちら↓は、2本目に作ったカシュ-ウルシ塗装の竿です。
 

こちら↓は、今回リメイクした総巻き竿。 通称「ゾンビ号」(笑)
 

 
 
実験データを比較すると
      150錘    +5号         2kg         2kg+150号
2本目   69.5cm  68.5cm (△1.0)  33.5cm (△35.0)  27.5cm(△6.5)
ゾンビ   72.0cm  71.0cm(△1.0)   35.5cm (△35.5)  29.0cm(△6.5)
 
 
なにこれ~、いっしょじゃん!!
 
最初の穂先の位置こそ若干違うものの、錘負荷による曲がり巾はほとんど同じ。
つまり、半年以上もかけて、同じ竿を3本作っていたということなのか?
いくらなんでも、この結果は、悲しすぎるわ~。
 
2本目は、ブランクをそれなりに削ったもの、3本とも もとは同じブランク。
前回も書いたけど、やっぱ、竿の調子はブランクが命なんですね。 
総巻きとかウルシ塗りとかは、枝葉末節ってことなのか?
 
と、素人なりの悲しい結論を出しました。(T_T)
 
もちろん、これはあくまでもド素人の個人的な感想ですので、間違っていたらご容赦くださいまし。<(_ _)>
 
う~ん、ショックショック、大ショック!(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
 
それでも、折角苦労して作ったのですから、まずは使ってみましょう。(*^^)v
 
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する