FC2ブログ

2015-04

金アジゲッチュー(*^_^*)

4月12日(日)  海栄丸   天気・・くもり一時小雨  小潮 5時半出船12時帰港

この日は、自作竿「Momotaro195」(笑)のデビュー戦のつもりが、海況が悪いようで残念ながら中止。ならば、福井で完全フカセか、鳥羽のカサゴ五目か大アジのリベンジかで迷って、やっぱ今が旬の大アジに大きく傾く。(*^_^*)
 
弟子2号さん、万年さん、サッカンさん、Takakakaさんなど、皆さん大アジ釣られて
「白子も真子もはいって、脂ノリノリでもの凄く美味しかった」と喜んでおられて、前回中アジしか釣れなかった私は、羨ましくてしょうがなかった。(爆)
この前の中アジも旨かったけど、去年の大アジはもっと旨かったもんなぁ・・・。
 
海栄丸に、来月末の仲間内でのイサキ釣り会の貸切予約を入れがてら、「日曜日のアジはまだ空いてる?」と聞くと、思いっきり空いてるみたい。この前と同じ小潮だし、どうなんだろうと迷ったけど、大アジ狙って安乗の方まで走るって言うんで、
船長を信じて出かけることにした。(^_^)v
 
ここのところ、海況も悪くあまり出船してなく、出ても大撃沈してたりして、ちょっと不安なところはあったけど、前日の夜遅く 「大アジ復活」の釣果ブログが更新されて
頭の中は「バラ色の大アジ釣果」(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
空いてると思ったら、なんだかんだ人が集まってきて、満員じゃなかったのかな?
私は、くじ引きドべで、右舷舳。 ひょっとしてコマセ係でしょうか??(笑)
 
船は石鏡を超えてから、南に進路をとり安乗方面へ・・。50分ぐらい走ったか?
国崎の勝丸、功成丸、などが見えるポイントに入った。
以前から、国崎の船の方が大アジ釣れるよなぁと思っていたんだけど、同じ場所に来てくれたのね。 これで大アジはいただきだわ。(爆)
 

マグネットのマットは、最初ラークに付けていたんですが、コマセバケツと重なってしまうので、こんな感じでセットしました。ムフフ、バッチリでおます。(^_^)v
 
水深は40mぐらいだったと思います。一投目からゴツンと来ちゃいました。35cm君。
今日も、青虫君でした。前回の30センチを比べるとたった5cm違いですが、やっぱ引きが強いですね~。これですわ、これ! 体高もあって美味そう(*^_^*)
 
船長が、笑いながら「追い食い狙わんのか?」と冷やかしにきましたが、そんな恐ろしいことできません。念願の大アジですから1匹ずつ確実にだよねー(^_^)v

 
開始後30分ぐらいでこんな感じです。絶好調??(*^_^*) 何故か、立派な沖メバルも釣れちゃったりして・・、棚が悪いのか??
 
でもね、しばらくしたらアタリがなくなっちゃいました。
前日、ネットで大アジの釣り方を探してまして、その中に、「モゾモゾっとした前あたりがあった時に聞き合わせで、巻き上げながら大アジを掛ける」とありました。
で、モゾモゾの前あたりを探します。これか? うん?コイツか? う~ん・・・・・。
 
確かに、上手く合わせられたのもありましたが、ほとんどが外れです。
そもそも、「モゾモゾ」が良くわかりません。 「お前は、今、モゾモゾしとるんか?」と穂先を睨みつけているんですが・・・(笑)
寛都君にそのあたりを聞いてみると、「そんなこと考えずにしっかりと穂先が入るまで待った方がいいですよ~」って。 そ、そうなんか(爆)
 
天気予報では穏やかな日になるはずだったんですが、沖は随分うねりがあって
立ってるのが大変です。船べりが膝ぐらいまでしかない舳では、尻もちついたり、落ちそうなったりして、ちょっと怖いぐらい。
モデラートもうねりにあおられて、なんとなく頼りないような・・・。
 
で、場所移動の間に竿を替えてみることにしました。

本当は、しばらく後になってもいいから、清水沖でデビューさせるつもりだったのですが、我慢しきれずに持ってきてしまいました。(^^ゞ
寛都君から「これが、作った奴?」 「そうそう、他人には見せられん奴」(笑)
 
自宅で錘を下げたときは、それほどモデラートと変わらんか?と思ったのですが、
実際に仕掛けを落としてみると、随分硬い竿です。
一発目からガツンとアタリが来ましたが、途中で針が外れました。
その次も、アタリがあったのですが、やっぱり途中で針外れ・・・。
アジ釣りには硬すぎて、特に今日みたいにうねりがあると、口切れしちゃいます。
 
「もっと、ゆっくり巻いて、ドラグもユルユルにして」と寛都君からアドバイスがありまして、、そのようにするんですが、なんともヒヤヒヤもんです。
これ以上は心臓に悪いので、4打数2安打、2三振でモデラートに戻しました。(^^ゞ
 
でも、モデラートでも、口切れやらかして、船長から「半分ぐらい落としてないか?」とチャチャを入れられる始末。 「いやいやまだ5匹しか落としてないっす。」(爆)

それでも、こんなもんですから、やっぱ、半分ぐらい落としてるか・・(^^ゞ
 
当たりがなかなか出ないので、自作の1.9m仕掛け(船宿は2.5m)を使ってみました。すると、2連荘でチビカサゴWです。 なんでだ?
仕掛けが短い方が、仕掛けが立っちゃうのか?? 逆のようにも思うのだけど・・。
で、もう一度船宿仕掛けに戻したら、アジが釣れました。う~む・・・。
 
沖上がりの時間も近づいて、船長が魚を〆に来てくれました。
「おお、10匹釣っとるじゃん。」 今日は竿頭でも15匹ぐらいらしく、ドべではないみたいです。 そしてラストの投入で、いい感じで穂先が入りました。
「ウヒョー、最後にまた来たよ~11匹目だわ」と船長と寛都君に、穂先のしなりを得意げに見せつけて、ハリスを持って取り込もうとしたら、あれれ? おらん・・・(爆)
 
「まあ、潮は艫に向かって流れてたし、これで10匹なら俺にしては頑張ったよね」
って、船長に同意を求めると、「上潮は艫に流れとったんだけど、底潮は逆だったんやわ~」と・・・。
えっ? 「ってことは、私は特等席でギリギリのドべ回避ってこと?」
 
「言わんとこうと思ったんだけどね~」と大笑いの船長でした。(^○^)
 

数匹並べてみました。 一番下のややスレンダーなのが38cmです。
真ん中のが35cmぐらいでしょうか、体高はありますよね。
 
船長に教えてもらったんですが、これが「金アジ」と言われる瀬付きアジです。
 

 
背びれに沿って、金色の点々が見えますでしょうか?
生きている間は、はっきりと綺麗な金色の線が入ってました。
船長の話では、瀬付きアジの中でもこれがあるものは、最高に美味いんだそうです。それを聞いて、明らかに金色の線が入った奴を探して尾鰭を切ります。
「なにしとんの?」と船長。
「いや~、間違って近所に配らんように目印を・・・」 バカ受け。(笑)
 
38cmのアジの背は黒いだけでしたので、所謂外洋から入ってきたアジ。
大きければいいってもんでもないんですって。(*^_^*)
 
 
今回お持ち帰りのアジは、白子も真子も入っておりました。
ようやく私も、皆さんと同じように大アジをいただくことができました。(^_^)v
 
船長、寛都君、今日も楽しく遊ばせてくれてありがとうございました。 
またよろしくで~す。\(^o^)/
 
本日の釣果 アジ38cm頭10匹、 沖メバル25cm2匹、チビカサゴ2匹
         リリース、チビメバル、チビカサゴ
         不本意ながらの自動リリース  大アジ6匹(爆)
 
 
さて、「Momotaro195」です。鬼カサゴ&アカムツの中深海竿のつもりで作りましたが
実際に使ってみると、思ったより硬くって驚きました。
たぶん、鬼カサゴでは大丈夫だと思うのですが、モデラートよりアジが口切れしやすいということは、アカムツでは危ないかもしれません。
今日は、80号の鉄仮面でしたが、これが120号とか150号を乗せると、また感じが変わるんでしょうか?
竿の調子ってのは、難しいのね~。(^^ゞ
 
 
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する