FC2ブログ

2015-04

初めての竿作り⑥涙のガイド取り付けpartⅡ

 
「ガイドは真っ直ぐに付けましょう」というご指摘をいただきまして、一部を付けなおす事にしました。
その前に、トップガイド元部にラインが当たるのがなんとかならないかと、思案です。
2番目のガイドを少し立て気味にしたら解消できるのではないかと考えて、ゆっくりとガイドを指で押し立てますと、 ペキッ・・・・・   ゲゲッ

見事に折れました。
  このガイドは、折れた竿から取った「5」サイズなのですが、
なにも、ガイドまで折れなくても・・・。
 
ということで、釣具屋までガイドを買いに走ることになりました。
「5」よりサイズを大きくしたほうが、解消されるのでは?と「5.5」か「6」かでサイズを迷いましたが、ガイドが最後に大きくなるのも不自然かと思い、隣のガイドと同じ5.5を購入しました。 650円也~。

折れたガイドを含めて、4つのガイドを付け直すことにしました。
糸を外すと、塗装も剥げて無残です。塗装ムラなんて小さな悩みでした。(爆)

ダブルフットガイドは、概ね真っ直ぐになりました。(^^ゞ

シングルフットガイドの方もなんとか??  まあこれ以上はご勘弁を・・・(笑)
 
こんなのやりだしたら、すべて付け替えなければならないのでここで打ち止め。
私にとってはこれが「真っ直ぐ」です。(爆)
 
トップガイドのトラブルも、2番目のガイドを少しトップ側に寄せて解消させました。
これで、ガイド間隔のバランスが、「???」となりましたが、しょうがない。(^^ゞ
3番目のガイドを動かせばいいんですが、もうやりたくないもんねー。

150号錘を下げても、今度はラインが当たりません。これでホッとしました。

150号錘でこんな感じのしなりです。 いいのか悪いのか、どうなんでしょう??

ガイドの取り外しで、塗装が剥げて目立つ部分があったので、ダブルフットガイドだけ、今まで巻いてあるスレッドの隣に、色の違う裁縫用の糸を少し巻いてみました。
 たぶん、一般的には「飾り巻き」と言うのでしょうが、私のは「ハゲ隠し巻き」です。
 
でも、1色だけのスレッドより、ちょっとアクセントが付いてよかったと思います。
ただ、アロンのたれた跡がいくつか竿に残って、目を覆いたくなる出来栄えです。 
 
ですから、これ以上近づいて見ることはできません。
 
「危険ですから、、黄色い線まで下がって下さ~い。」(゜O゜)☆\(^^;) バキ
 
 
 
なにはともあれ、これでガイドの取り付けが終わりました。
苦手な細かい作業で、しんどかったです。
 
あとは、ガイド部分にエポキシ樹脂をコーティングして終了です。
これもきっと酷いことになるのでしょうが、ここまでボロボロになったら、もうこれからどうなろうと、怖いものは何もないっす。(*^^)v
 
 
 思いますに・・・、竿って、ブランクの状態が一番綺麗なのね。(爆)
 
 
 
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する