FC2ブログ

2015-01

なぜだろう?なぜかしら?

1月25日(日)   石鏡 利久丸  天気・・曇り後晴れ  中潮 
 7時出船14時沖上がり

初釣りは、フグか鬼カサゴかで迷っていて、なんとなく決めあぐねていた。
石鏡の利久丸さんは、深海専門の乗合船で以前から気になっていたのだけれど
ネットの露出が少ないので、どうも敷居が高い感じがしていた。
でも、船長の顔写真を見ると、とっても優しそうな笑顔だったので、思い切って電話で問い合わせてみた。すると、写真とたがわずいい感じで、道具など親切に教えてくれて、さらに25日は鬼カサゴで出ることも分かった。
そんな時、釣り堀チャンプのヤマトさんから「鬼退治に行くなら一緒に行きたい」と連絡があった。ヤマトさんは、昨年鬼退治のために電動リールを買ったのだけれども、まだデビューしてないのである。
これで迷いは吹っ切れた。(笑) そのまま利久丸さんに2名の予約(^_^)v
やっぱ、一人で行くより二人の方が楽しいもんね~(*^_^*)
 
7時出船ということで、6時半前に石鏡漁港に到着すると、港には沢山の釣り人が出船待ちしていてビックリ。いくつか釣り船があるのは知っていたけれど、こんなに人気がある港だったのねぇ・・・。(@_@;)
 
ヤマトさんは6時には着いており、勝手がわからぬ二人は船の前に荷物をおいて
なんとなく落ち着かない。(笑) まもなく船長がやってきて、乗船開始。
なかなか年季の入った船である。(*^_^*)
乗船名簿に名前を書くように言われたが、書いたのは私達二人のみ。
つまり、あとは常連さんということなのね。
 
我ら二人の釣り座は、初心者のため船長の横に指定された。
ミヨシに常連さん、船長横にヤマトさん、私は胴の間、艫、大艫には常連さんって感じの片側5人の合計10名。 船は12tだから、狭いとは感じなかった。

ほぼ定刻出船で、約1時間半かかって大王のはるか向こうのポイントに向かう。
この間、船長にいつかはやってみたいキンメやイシナギについても聞いてみた。
キンメは錘400号、PE8号800m、イシナギについてはPE20号でハリスは50号を使うという。昨年カツオ用に買ったダイワのタナコン750では全く太刀打ちできない。
船長いわく、「1000番でもキンメが5匹着いたらヒーヒーいうのに、750なんて、ここではエサ釣り用しか使えないなぁー」 ガビーン、買ったの失敗だったかも。(T_T)
まあ、それでもここは貸し道具無料とのことなので、いつか挑戦してみたいなぁ。

さて、エンジンがスローになりましたので、スタンバイです。
竿はモデラート225、リールはシマノフォースマスター1000にPE4号300m、錘は150号、50cmの天秤に1.5mの仕掛け、ハリス6号二本針です。
エサは、イカは支給といわれたので、シャケ皮、サバ、サンマを持ってきました。
仕掛けは鈎、ビーズ、サルカンなどを変えて、6種類作ってきました。
 
今日は9時半満潮なので、最初はビーズで接続した軽い仕掛けを使い、後半下げ潮が速くなったら、親子サルカン付の仕掛けを使う作戦です。
水深は130mぐらいだったと思います。シャケとイカにタコベイトを付けて、期待一杯で放り込みました。
 
でも、釣れないんだなぁ・・・(^^ゞ
そのうち、ミヨシの方に本命のオニカサゴが釣れました。なかなか良型でしたが
タモも使わず、抜きあげております。さらに大艫の方に良型鬼カサゴです。
この方もそのまま抜きあげてます。鬼カサゴってタモで掬うんじゃないの??
いままで、カサゴ五目で鬼カサゴが釣れた時は、大騒ぎでタモ入れいてましたし、
大塚プロの本にも、「鬼カサゴの取り込みはタモを使いましょうと」書いてあった。
ここでは、皆さん、当たり前のように、抜きあげてます。そして、平気でバスつかみして針を外してます。(@_@;) なんか、次元が違う感じで圧倒されます。(笑)
船長なんか、「刺されても2時間ぐらい七転八倒するぐらいだよ、アンモニアも積んでるし・・」って。 ま、まじかよぉ・・・(爆)
 
常連さんの仕掛けをみてますと、フロートが着いてまして、タコベイトは着けてません。私の仕掛けはビーズ接続なので、親子サルカン+フロートとそれほど変わるとは思えません。すると、タコベイトが余分か??
タコベイトを外してしばらくすると、こんなのが釣れました。

確か人気ブロガーさんの記事で見たことがあります。
テズルモズルだったけか? 微妙に動くんですよこれ・・・、海藻ではないのね(^^ゞ
 
その後、仕掛けを回収するとこんなもんがついてました。

一応、大本命の鬼さんなんですが、あまりにも小さい(爆)
アタリなんて、まったくわからんかったしぃ・・・・。(T_T)
でも、完封負けはなくなって、ちょっとホッとしてます。(笑)
 
モデラートは150号まで錘が乗ることになっているんですが、ちょっと柔らかすぎて使い辛いです。それで、スルメのときに買ったアルファータックルのショートアームに竿を変えました。これなら200号までのるんですが、今度は硬すぎるような・・・。(^^ゞ
船長の話によると、ミヨシの常連さんの竿はアリゲーターらしいです。15万ぐらい?
艫や大艫の常連さんも特製の竿のような感じです。う~む・・・・。
 
そして、またまた回収した時に付いてきました。チビ鬼ちゃん。
全然、アタリがわからないんですけどー。 なんで、私だけチビ鬼なんでしょう??

良く釣ってるミヨシの常連さんは、時々上下に誘いを入ますが、完全な手持ちではありません。ボコボコに釣ってる大艫の常連さんは、完全な置き竿で、時々ちょい巻きで棚をあわせている感じです。
 
ヤマトさんも、置き竿で中型鬼をあげられました。
終始手持ちで一生懸命釣っているのは私だけです。
なんで??、努力が報われないのはおかしいでしょ!!(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
そんなことを思っていると、なんとなく、アタリがあったような気がしましたが、合わせをいれましたが、のったかどうか自信はありません。
巻き上げてきても、竿を叩く気配はなく、気のせいだったかなと思ったら付いてました、ようやくお刺身に出来そうな鬼さんが釣れました。(^○^)
船長からは、「釣ったんじゃなくて、釣れたか~」と冷やかされました。

さらに、ようやく「いただけます」から「いただきます」になったなぁと。つまり、小さい鬼は食べるときに「いただきま~す」とは言えずに、かろうじて「いただける」ということですね。 この船長、ズバズバとなかなか上手い事言いますわ~。(笑)
 
そして、ヤマトさんに凄いのが来ました。

この日一番の大物、48cmのデカ鬼です。
鬼退治のために、リールと竿まで買って臨んだ甲斐があったというもんです。
この方、海上釣堀の世界では、一、二を争う凄腕の名人なんです。
前日も某釣り堀で、バカ釣りして、車には満タンになった80Lクーラーが入ってます。
やっぱ、「持ってる人」はちがうんだよね~。(*^_^*)
 
さて、私にもはっきりとわかるアタリが来ました。ゴンッ、ガツンッで乗りました。
これは、大きいです。大鬼であってくれ~と祈りますが、竿が叩かれないのよねぇ・・
 

40cm超のウッカリカサゴ君です。普通なら、これはこれで嬉しいのですが、皆さんの大鬼をみていると、なんだかなぁ・・・って気分です。(^^ゞ
 
確か、この後だったと思います。突然電動リールが動かなくなりました。(@_@;)
水深の表示は出ているので、間違いなく通電していると思うのですが、レバーを起こしても全く巻き上げません。ぎょえー リールが壊れた~(T_T)
やむなく、150号の錘をつけたまま、水深140mを手巻でえっちらおっちら・・・・。
重たいよ~勘弁してくれ~~(T_T)
文明の利器の有難さを、痛切に感じた次第です。(爆)
 
予備に持ってきた3000番のリールに変えてみますが、やっぱり動きません。
船電源に切り替えたら動いたので、原因はバッテリーのようです。
まだ買って間もないバッテリーで、満充電したのに何ででしょうか??
これより深いアカムツの時でも、同型のバッテリーで大丈夫だったんですが・・。
3000番より、1000番の方が電気を使うのか??
 
さて、その後、アヤメカサゴを2匹追加しましたが、これもアタリがよくわからず「釣れた」感じです。今日は底潮が動いてないそうです。私は下げに入ったら動くのかと思ったのですが、さらに動かないようです。いつも思うのですが、潮のグラフと実際の潮の動きは全然ちがうのね~。なんで??
そして、ついに14時、「潮が完全に止まったので、これ以上は釣れません」と、船長のアナウンスが入り、沖上がりとなりました。
 
結局 子鬼3匹(1匹リリース) ウッカリカサゴ1匹、アヤメカサゴ2匹で終了しました。大艫とミヨシの常連さんは、たぶん良型を10匹以上釣っていたと思います。
やっぱ、凄いわ、常連さんは。 目の保養になりました。(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
今度は、フロート仕掛けと水中ライトで挑戦してみるかなぁ・・。
エサもカツオのハラモかなぁ・・・。
 
最後まで、わけがわからずに終わった、鬼退治でした。
なんか、ぐやじぃ・・・(爆)
 
ヤマトさん、今日はお付き合いいただきありがとうございました。
また、機会がありましたらよろしくお願いします。<(_ _)>
 
利久丸船長、お世話になりありがとうございました。またお邪魔します。(^_^)v
 
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する