FC2ブログ

2015-01

馬鹿舌の証明

実は、私、白身魚の淡泊な甘みがよくわかないんです。(^^ゞ
 
そこで、巷で流行っている?こんなものを仕入れてきました。

「ピチットシート」って奴です。釣具屋で見つけて、試しに買ってみました。
これって、あの「世界のオカモト」が作ってるんですねぇ、ビックリです。(@_@;)
 
これは水分だけを吸い取るらしいので、コイツを使えば私でも白身の甘みが感じられるのではないかと・・。

前日にいただいた真鯛の半身を、早速ピチッと包んでみました。
説明書きを読むと、コイツは12時間で干物にしてしまうそうです。干物にされては困ります。私はちょっと水分を抜いて、甘みのある鯛のお刺身が食べたいのです。
とりあえず、1時間だけ使ってみました。

向かって左側が、ピチットシートを使ったもので、右側がいつものようにキッチンペーパーとラップで保存したものです。個体差をなくすために同じ魚の半身ずつで試してみました。ちなみに、皮の引き方が悪いのはご容赦を・・(^^ゞ
 
左側は少し水分が抜けたのか、切った感じでは身はしっかりしていますし、ねっとりと刃にくっつきます。身にはなんとなく光沢もあるような気がします。
 
右側は、見慣れた「釣った翌日の釣り堀の真鯛」です。
 
三男と二人で食べ比べてみました。
まずは左からいきました。少し歯応えが残っているような感じですが、期待した甘みはありません。あれれ??そんな馬鹿な??(^^ゞ
 
鯛自体の味がないのか?と右側を食べてみます。
すっかり柔らかくなって水分もあるんですが、ほのかに甘みが感じられます。
これは。いつもの釣り堀の鯛の味です。
 
いやいや、それは、いかんでしょ。なにかの間違いです。(爆) 
甘みを増すのは、絶対にピチットシートを使った左側でなければなりません。
 
あわてて、もう一度食べ比べてみます。 でも、感想は変わりません。
 
絶望的な気持ちになって、三男に感想を聞いてみますと
「やっぱ右側の方が美味い気がする。左側はあまり味がないような・・・」と。
 
マジか~、あなたも私と同じなのねー。(T_T)
 
息子曰く「親子そろって馬鹿舌みたいね~」って。 ガビ~ン
 
馬鹿舌なのは、薄々感じてはいましたが、認めたくなかったのよねぇ・・。
でも、今回見事に証明されてしまいました。
 
 
ちなみに、このピチットシートでヒラマサの生ハムに挑戦中です。

これは、クレイジーソルトと黒コショウで味付けしてありますので、馬鹿舌でも
大丈夫です。ただ、いつ食べたらいいのかよくわかりません。(^^ゞ
 
1週間を目途にしているのですが、そのときは腐ってるかも・・(爆)
 
 
そうそう、昨日近所のジギングおじさんから、伊良湖沖で釣ったブリのおすそわけを
いただきました。

これは、とっても甘くって、さりとてくどさもなく、馬鹿舌の私でもわかる
超馬鹿ウマのお刺身でした。(*^_^*)
 
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する