FC2ブログ

2014-11

なんでお隣さんだけ?

10月31日(金)  海栄丸   天気・・・雨  小潮  12時出船17時半沖上がり

この日は平日釣行できる日で、ずっと前から「どこに行こう? どうせなら土日には乗れない人気の船がいいなぁ」なんて楽しみにしていた。
まず、頭に浮かんだのは、福田のアカムツと御前崎の泳がせ釣り。
アカムツは超旨かったのでまた食べたいし、御前崎の強引も経験してみたい。
ところが、平日って高速道路の割引がなくなっちゃたのよね~。(T_T)
26日に、清水まで遠征したばかりなので、2週連続で高速料金6000円コースは、貧乏人にはちょいと辛いわなぁ・・・。
北陸なら、「高速4000円コース」以下で行けそうなので、越前の船に吞ませ釣りを聞いてみると、喰いも悪いし、私一人だけでは船は出せないらしい。
なるほど、平日釣行って空いているので憧れるんだけれど、高速の割引はないし、
人数不足で船が出してもらえなかったりで、不便なことも多いのねぇ・・(^^ゞ
 
一番安上がりなのは、知多半島の船。平日ならギュウギュウ詰にはならいだろう。
でも、ウタセ真鯛の釣果をみると、焼き鯛サイズがほとんどのような・・・??
 
ということで、いつもの海栄丸の午後便でウタセ真鯛に行くことにした。
ここなら下道は走りなれてるので、高速使わなくても行けるし、午後便のウタセ真鯛も、この日を逃したら行けそうにないからね。(^○^)
雨がちょっと心配だったんだけど、「たぶん大丈夫だよね~」と船長に確認(笑)
まあ、先日の清水遠征でも「晴れ男」だったので、なんとかなるだろう。
 
7時半に家を出て、鳥羽には11時過ぎに到着。土砂降りなんですけど・・・(@_@;)雷注意報とか言ってるし、マジかよぉ・・・(T_T)  「晴れ男」返上でございます。(爆)

それでも船着き場に着いた頃は、やや小ぶりになっていた。
ちょうど、弟子2号さんから電話があって、「ワラサが沢山釣れたら船のクーラーに入れといて」とのリクエスト。弟子2号さんは翌日海栄丸に予約を入れてるらしい。
「うんうん、10本ぐらい釣れたら2~3本入れとくわ~」(爆)
 
実は、前日に船中6本のワラサが上がっていたので、ちょっと期待して45Lクーラーを持ってきた。(笑) 先日のワラサが、美味かったので、なんとか1本獲りたいと思っているのだ。だから今日のハリスは6号でやるつもり。(^_^)v
 
午前の太刀魚便が帰ってきた。おっと常連のY木さんが乗っておられるじゃないか。
船長ともども、「午後便もどう?」とお誘いしたけど、乗ってこられず、「坊主になるなよ~」と送り出していただきました。(^^)
 
今日は私と、もうお一人だけの超大名釣り。流石平日、といっても空き過ぎ。(笑)
乗り込むと、寛都君が「あのアカムツ食べてみたいわ~」って。
おや、ブログを見てくれたのね~、ありがとねー。(^○^)
 
菅島にウタセを積みに戻って、寛都君はここでお役御免。
「なんや~、竿だすんじゃないのかー」と私。(爆)
まっ、お客二人だから、中乗りはいらんわね。彼の場合、船は遊びじゃないし・・(笑)
 
ポイントに向かう途中、初めて操舵室の船長の横に座ってみた。
時々常連さんが座っておられるの見て、一度やってみたかったのだ。
GPSとか付いていて、かっこいい。操舵室からの眺めはなかなかいいもんですね。
今日は、随分うねりがあって、船は大揺れ。予報ではべた凪のはずだったんだけど、「台風以来、天気予報当たらんのだよな~」と船長も困った様子。
 
アンカーが入り、「水深35m、錘20号」の声でスタート。
私は右舷大艫で、もうお一人が左舷大艫。
一投目からチャリコがかかって、それから4連発。早々に坊主脱出して気は楽になる。それにしても、かかり釣りだと、このうねりがきついなぁ・・、胸やけするわ~。
 
お隣さんに良型真鯛があがった。でも私には焼き鯛サイズ・・・・。
またまたお隣さんに刺身サイズ。で、私には、やっぱり焼きサイズ・・・(T_T)
「あの~、捨て糸どのぐらいですか?」と伺うと「4.5mですよ」と教えてくれた。
私はこのとき3mから6mに伸ばしていた。お隣さんは上針に掛かっているというので、私の真ん中の針に食っても良さそうなんだけど・・。 なんで??
 
この方は、アジ釣りでは海栄丸をよく使うらしいのだけど、鯛釣りでは初めてとのことで、場所移動の間に、どうやって釣ったらいいか私に聞いてくる。
いやいや私に聞かれても・・、おじさんの方が 良型沢山釣ってるじゃんねぇ。(^^ゞ
 
今日は全く潮が動かず、20号、15号の錘でも真下に落ちる。
前回、潮が動かないときに、上に誘って釣れたので、今日も盛んに上への誘いをするんだけど、今日は全くアタリがない。
 
横にも飛ばないし、上への誘いも効かないし、いったいどうしたらいいの??
するとお隣さんにまた良型真鯛がくるので、「どうやって誘っているんですか?」と聞くと、「ただ仕掛けを落としてるだけですけど・・・」って。 えっ?誘ってないの??
 
そういえば、一昨年、初めてこの船のウタセ真鯛に乗った時、その時の竿頭の人がいっていた。「今日は誘ってもだめだったので、棚を決め打ちした」って。
喰いが渋いときは、誘わない方がいいのだろうか??
 
 
雨はそれほど強くはないが、シトシトと常に降ってい状態。
船長に言わせると、「青物が釣れそうな雰囲気はあるんだけどなぁ・・」って。
でも、まったく青物のアタリはない。
って、おいらまだ刺身級の真鯛さえも釣ってないんですけど・・・(T_T)
 
まもなく夕まづめ。こんな薄暗い雨の日でも夕まづめって関係あるのか?
なにはともあれ、せめて1匹だけでも刺身級真鯛が釣りたい。
真ん中や上鈎までエサを取られるので、さらに捨て糸を伸ばして7.5mにした。
 
すると一発でアタリがでた。4時45分、ようやく刺身級が釣れて大喜び。\(^o^)/、自分だけお刺身級が釣れないので、いままで半泣き状態だったのだ。
喰った棚が分かったので、次も同じ棚で、もう一発。 さらに、上から誘いさげでもう1発。 グハハハ、3連発じゃん(*^_^*)
 
船長に「捨て糸伸ばしたのが大成功だったわ~」と、はしゃいでいると、「隣も釣れてるから時合いなんだろう」って。(爆)
 
で、4連発を期待して仕掛けを投入すると、やはり来ました。
 
ドン!!  ギュルギュル、 ブチッ  ・・・・・
 
全くなすすべがなく、瞬殺。(@_@;)
 
一気に竿が入って、ラインが飛び出し、 あっという間にチモトで切られた。
 
大鯛? ブリ? なんせ今までに感じたことのない重みだった。ぐやじい・・・(T_T)
 
バラシちゃうと、もうだめですよね。 全くアタリが無くなってタイムアップ。
 
本日の釣果
 刺身級真鯛3匹  焼鯛6匹  リリースチャリコ数匹。
 
 
 今日は、平日とはいえ、まさかのたった二人での大名釣行。
船長曰く、「釣れん日はみんな来んでなぁ・・、今日、明日は潮が動かんから、みんなよう知っとるわ」って。 えっ?そうだったの? 私、全然知らんかったし・・・(爆)
 
帰港途中、また操舵室の船長の横に座って、「お隣さんと私の違いはなんだったんだろう?」と聞いてみた。すると「手返しの速さ」だと教えてくれた。
言われてみれば、お隣さんは途中で「餌をくれ~」と言っていた。私のはまだ充分残っているのに・・・。私は仕掛けを動かし、どっかでアタリが取れないかと、探っていたのだけれど、お隣さんはダメと思ったら餌を付け替えて投入していたということ。
船長に言わせると「その方が魚の活性が上がる。」らしい。
なるほど、以前やっぱり私の隣で沢山釣った方にコツを聞いたら、3回仕掛けを飛ばしてダメなら回収してやり直すと言っていたなぁ・・。
次回はもう少し手返しを速くしてみよう。鯛釣りは難しいね。
 
 
船長、今日はありがとうございました。真鯛の顔が見れて良かった~(*^^)v
 

 
前回、鯛の持ち帰りに失敗したので、今回は神経締めして、濡れ新聞にくるんで
板氷から離して持って帰ったが、すでに冷却硬直していた。まだ冷え過ぎ??
それでも、身は弾力も透明感が残っていて、ちょっとだけ霜皮造りをしてみたら、
まあまあ美味しかった。
 
ところで、今回、初めてウタセ真鯛でシマノのバイオセンス50-270を使った。
これの為に買った竿なんだけれど、実際に使ってみるとちょっと胴が硬い感じで、
鯛の引きが今までより鋭く手元に伝わり、ハリスが切れるんじゃないかと心配になった。いつも使ってるモデラートが、とても粘り強いので、そう思うのか?
ウチでは、一番高い竿なんだけど、ちょっとイメージと違ったなぁ・・。
 
 
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する