FC2ブログ

2014-11

ガサゴソ・・・、あ、あった(^^)

アカムツ釣りが没になって、『こりゃ日曜日はウタセ真鯛に行くしかないね』と思いながら帰ってきた昨晩、三男が私に「やっぱり俺も一緒に行くわ~」と言ってきた。
 
実は、この日の朝、「日曜日に富士山見ながらアカムツ釣りなんてどうよ」な~んて、船釣り嫌いの三男に、私が冗談半分で声をかけていたわけ。
 
まさかの返事に「あの~、アカムツ釣りが中止になりまして、もし午後からでもよろしければ、船長にかけあってみますが・・・」と、言いだしっぺの私。(^^ゞ
 
「じゃあ、他の所でもいいわ」と、のたまうご子息様。(笑)
 
船釣り嫌い、釣り堀嫌い、好きなのは筏の五目釣りか堤防の小物釣りという三男。
当然のことながら、ウタセ真鯛なんかは、もっての外。(^^ゞ
内湾でもウタセ五目とかアジ&カサゴとかなら酔わないかもしれないけど、すし詰め状態は間違いなし。落ちハゼ狙った船もすでに満員だし・・・。
 
さて、どうしよう・・、とっても困りました。
ネットで五目釣りが出来そうな筏を探しますが、時期的にちょっと遅いのか、チヌ以外はアオリイカ一色の様子。アオリの釣り方なんか知らんし・・・。
ヘダイやカワハギ、アジなんかが遊んでくれないとねぇ・・。
まあ、筏に乗って、チヌとアオリ以外のものを釣りたいってのが、おかしいわけで・・。
 
白子漁港の落ちハゼは、某釣具店曰く「狙ってる人はいるけどもう終わりました・・」
ならば、三方五湖のサヨリはどうかと、地元の釣具屋に問い合わせると「釣れてますよ~」とのこと。ホントかなぁ・・・。   三男が「よーし、それ行こう!!」
 
ってなことで、方針を大転換して、日曜日は福井でサヨリ釣り。(笑)
ガサゴソと道具箱を探っていると、出てきましたわ~昔の仕掛け。

 
サビキやらちょい投げ道具も持って行って、明日は息子と遊んできます。(^_^)v
なんか釣れるといいんだけど・・・
 
ウタセ真鯛は 来月6日に、いつもの船で行って来ます。(^○^)
 
 
 
スポンサーサイト



どっちに転んでも・・・

日曜日は、お天気も良さそうなので釣りに行くつもりで準備中
 
釣り物は、本命がアカムツで、もしダメならウタセ真鯛。
一応、どちらになってもいいように仕掛けは用意している。
後は、間違えずに持って出れば・・・(笑)

 
今回は、秘密兵器を持って行こうと思う。それは、磁石付きのマット。
私は、どんくさいので、ちょっと長い仕掛けになると、すぐに手前祭りをしてしまう。
それでなくても手返しが遅いのに、手前祭りでワッショイワッショイやってると
釣ってる時間が無くなってしまうのよね~(T_T)
以前から欲しかったんだけど、釣具屋でみると2000円~4000円ぐらい。
見てくれを気にしなければ、自作でもなんとかなるかと、ホームセンターで材料を買ってきた。材料費1512円。 なんか大して安くない(笑)
小さな磁石4つで、約1000円だもんなぁ・・、ちょっと高くないか??

 
使い物になるといいんだけどね。(*^_^*)

君を信じていいの?

たぶん、もう買ってから2年、おそらく40回以上は使ったかなぁ・・・。
5000円程度の安物なんだけど、今まで全く支障がなく使えた。
でも、最近、どうも様子がおかしい。

 
数か月前から、「満充電」を示す黄色ランプが点かなくなって、いつまで経っても
「充電中」の赤ランプの状態。バッテリーも以前より熱を帯びた状態だった。
でも、使ってみるとなんの問題もないので、充電時間(13時間)に気を付けて使っていた。
 
ところが、前回釣行の時に充電すると、すぐに「満充電」を示す黄色ランプが点灯。
でも、バッテリーは冷たいまんま・・・。 あれれ? おかしいぞ??
ということで、前回は船電源を使うことにして、バッテリーさんには休暇を与えた。
 
この休暇で、リフレッシュしてくれるかと思ったんだけど、どうもそうではなく
すぐに「満充電」のランプが点いてしまう。
そのまま半日つなげてみても、バッテリーさんは冷たいまんま・・。
 
壊れているのか? 安物バッテリーの寿命ってこんなもんなのかな??
 
それとも本当に「満充電」なのか?
 
 信じちゃっていいのかなぁ・・・・(^^ゞ

しゃぶりましょう~(*^_^*)

なんだかんだと、難癖をつけた今回のアカムツですが(笑)、美味しいことに変わりはありません。身はすべて炙って食べてしまいましたが、まだアラが残ってます。

船長に教えていただいた、中骨の塩焼きです。これ、たまんないっす。 (*^_^*)
尾鰭の付け根の皮が付いてるところなんかは、脂ノリノリなんですよ~。
腹骨をすきとったところなんて、口に入れると溶けちゃいました~(^○^)
 
中骨で、こんな美味しいんですから、丸のまま塩焼きにしたら美味いでしょうねぇ。
まあ、5匹釣れたら1匹ぐらいは塩焼きにしてもいいかな。(爆)
 
前回潮汁になった頭とカマは、煮付けてもらいました。

見栄えが悪いですね。(^^ゞ  撮りなおそうかと思ったのですが、もう食べたいばっかりで・・・・。牛蒡とか一緒に煮付けると美味しいのでしょうが、そんなことやっとる場合じゃあないだろうと・・・(笑)
 
これも美味しいです。煮魚もいいですね。丸々1匹の煮魚も食べてみたいなぁ・・。
もし5匹釣ったら・・・(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
あんまり美味しいので、こんなになるまで、しゃぶってしまいました。(爆)

アカムツさん、どうもご馳走様でした。<m(__)m>

期待が大きすぎて・・・(^^ゞ

日曜日に釣ってきたアカムツ様は、二日間冷蔵庫でお休みいただきました。

前回の初めて釣ったアカムツ様は、喜びのあまり当日と翌日で食べてしまったので、今回は、余裕をみせての熟成です。(笑)
クンクンと臭いを嗅いでみますが、全く臭みはありません。大丈夫みたい。(^_^)v
 
ということで、炙ってみました。「おーい、アカムツ炙ったぞー、全員集合!!」

「さあ、あの感動をもう一度味わおう!」と、みんな一斉にパクッ。(^○^)
 
「・・・・・・・」
 
ここで、全員破顔一笑になるはずなんですが、誰もそんな様子がありません。(爆)
 
「確かに美味しいよね、でも、感動するほどでもない感じ・・・」と、冷静に息子達がいいます。釣ってきた本人としては、認めたくないことなんですが、実は、私も同じ感想をもちました。やはり、2度目と言うことで、感動が薄れるんでしょうか?
 
でも、あの時の感覚なら、たとえ2度目であっても、同じように感動できそうです。
「同じアカムツでも美味しいのとそうでないのがある」と船長が言っていたのを思い出しました。
ひょっとして、前回のは「モノが違った」んじゃないか??
 
今回釣ったのは30cmにちょっと足りないぐらいでした。

で、先回のは34cmだったかな? こちら↓です。

魚の大きさもそうなんですが、腹回りの太さがまるで違います。
前回の魚体は、丸々と太ってます。 ↓炙った時の脂の出方もまるで違います。

前回のは、背を炙ったのに、このように脂があふれ出て、皿に溜まってます。
 
もっと熟成させたら、今回もこんな具合になったのでしょうか?
 
 緊急家族会議が開かれました。(大笑)
 
「なぜ今回のアカムツには感動しなかったのか!!」
 
結論は、最初に長男の発した一言で決まりました。
つまり、「今回釣ったアカムツがイマイチなのではなく、前回釣ったのが、『とんでもない極上物』だった」ということです。(*^_^*)
 
アカムツ釣りは始めたばかりですが、またあんなバケモノみたいな極上物に出会うことができるのでしょうか?
 
なんか、一番最初にとんでもない奴を食べてしまったような・・・。
 
「嗚呼、あいつが忘れられない」
 
アカムツストーカーになったりして・・・・(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
 

あの感動をもう一度・・・

11月16日(日)  千秋丸  天気・・・曇りのち晴れ  小潮

先月食べたアカムツの美味しさがあまりに衝撃的だったので、なんとしても年内に「あの素晴らしい衝撃をもう一度~♪」と、釣行のタイミングを計っていた。
9日なら行けそうだと思っていたら、天気がよろしくない様子。合羽は完璧に直したものの、「遠征&悪天候&坊主」になったら目もあてらないと、腰が引けてしまった。
 
そしたら、その日は爆釣だったとか。地団太踏んで悔しがったのは言うまでもない。
千秋丸さんのブログをみると、今がタイミングのようだ。早く行かなければ・・・。
16日は仕事が残りそうなので、「釣行できない日」としていたんだけど、そうも言ってられない。「よし!!、今週は真面目に仕事しよう!!」。
私、やればできる子なんです。(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
土曜日の夕方、なんとか仕事のキリをつけて、船長に「まだ入れる?」と電話をいれると、「ちゃんと席はとってありますよ~」って。 ヤッホー (*^_^*)
 
前回は時間が読めなかったので、自宅のすぐ近くICから、清水ICまで高速を走ったんだけど、今回はセコく、数百円節約。(笑)
 

5時集合と聞いていたのだけれど、4時半前には現地到着。
ほどなくして、船長が現れて、乗船。今日はお客さん4人で、私は右舷舳。
私以外は、アカムツのベテランさんの様子。 やばいなぁ・・この雰囲気。
 
「万が一のときは、船長の釣ったアカムツを貰って帰えりますわ~」と言うと
「私は、今日は竿出さないよ~」って。 
『ゲッ、マジか~!! 自力で釣らないかん。 こりゃえらいこっちゃ』 (爆)
 
今日は、先月とは違う方向に船が走ってる感じ。
左舷の常連さんも、いつもと違うなぁ・・って。 先週爆釣した場所に行くのか?
ちなみに、この常連さん、驚いたことに私と同窓で、この日はいろいろと親切にしていだいた。
 
しばらく走って、船長の「やってみましょうか」でスタート。
今日は、いくつか仕掛けを持ってきているんだけれど、まずは前回釣れた実績のある、フロート付の仕掛けでスタート。
 
右舷艫の方に一投目から赤ムツがあがった。今日は活性が良さそうとのことで、
私の期待も膨らむばかり。私にもあんなのが来ちゃうんだろうなぁ・・(^○^)
 
しばらくして、同窓の常連さんにもアカムツが来ました。
右舷の艫の方、またまた、アカムツゲット。 同窓の方も、「これはアカムツの引きですね~」と楽しんでおられる。 船長も「今日は活性がいいな」と大喜び。
「左舷艫でもアカムツ釣れました~」と船長のアナウンス。
 
って、ことは釣ってないのは、私だけ? 嫌~な予感が頭をよぎる。
「船中一人撃沈」は、もっとも私の得意とするところなのよね~。(T_T)
と思っていたら、私にも釣れました。

 
確かに、ノドは黒かったんですけど、ユメカサゴちゃんです。
煮付けには美味しいらしいのですが、私、あたなでは、ダメなんです~。(爆)
 
皆さんの仕掛けを見ると、親子サルカンとフロートは付いてません。
きっと、仕掛けが悪いに違いない。と腕のことは棚に上げて(笑)仕掛け交換。
 
今度は、先日船長が使っていた仕掛けをイメージして作ったものです。
ただ、針の選択に迷って、ムツ鈎3本と鯛鈎1本にしてあります。
掛りは鯛鈎の方がいいのだろうけど、バレ難いのはムツ鈎なんだろうと、自分でも考えがまとまらずに中途半端な仕掛けになってます。(笑)
 
コツコツとアタリが出て、あわせを入れると乗った感じです。
アカムツのアタリは「ガツガツ」らしいのですが・・・(^^ゞ
でも、途中で竿を叩くので、アカムツのような感じもします。来たかな??(^○^)
 
が、途中でバレてしまいました。
『鯛鈎に食ってバレたんだろうか? 全部ムツ鈎にしておけばよかったなぁ・・。』
と、後悔しながら仕掛けをあげると、鯛鈎には餌が残っていて、一番上のムツ鈎のエサがありません。バラした鈎は、どうやらコイツのようです。
 
「おのれ~、ムツ鈎のくせに、バラしおってからに!」(爆)
 
それにしても、とってもまずい展開です。自分だけ釣れずに、折角食ってくれたものもバラシてしまう。今までの経験からすると、これは「坊主街道まっしぐら」のパターンです。頭の中では、「坊主」がキャッキャッ言いながら走り回り始めました。
ダメだ、プレッシャーで吐きそう・・・(笑)
 
私以外の方の活性は本当に良いようで、皆さん釣っておられます。
船長からは「いまなら、オキアミの方が勝負が速いよ!」と激が飛びます。
そこで、オキアミにしてみましたが、私にはアタリがでません。なんで????
 
同窓の常連さんが、見るにみかねて「置き竿の方が釣れますよ。」とアドバイスをくれました。確かに、釣ってるお二人さんは置き竿なんです。でも、故大塚プロの本には、一日中誘い続けるのがアカムツの釣り方と書いてあります。
 
「置き竿より、一生懸命誘った方が釣れるでしょう」と、私なんかは思うわけですが、この際、背に腹はかえられません。(^^ゞ

不本意ではありますが(笑)、置き竿釣法です。
 
ガガガン!!
 
ビックらこきました。本当にアタリがでました。これがアカムツのアタリか(@_@;)
前回も、先ほども、こんなハッキリしたアタリではありませんでした。誘いながらの釣りだったので、前アタリで合わせていたのかもしれません。
先ほどバラしているので、船長からも「慎重に上げてよ~」って。 (^^ゞ

巻いてる途中、竿はガクガク、心臓はバクバクでしたが、上がったー!!\(^o^)/
 
前回よりは、一回り小さいです、30cmないかも・・。でも、本命だもんねー。
『釣れてよかった~』。しみじみと喜びをかみしめておりました。(笑)
 
朝から雲隠れしていた富士山も、私が釣れたので、顔をだしてくれました。(爆)

どうやらアカムツ様の活性も、ここまでだったようです。
「間一髪滑り込みセーフ」って感じでしょうか。(笑)
 
いくつか仕掛けをもってきているので試してみます。
捨て糸+吹き流しは底取りがしやすくて良かったのですが、天秤と絡んで仕掛けがぐちゃぐちゃになって、一発でアウト。
 
フラッシャー付の仕掛けには、コイツが食ってくれました。

コツンと来たアタリを逃さず、完璧な合わせをくらわせてやりました。(^_^)v
やっぱり、あたなだったのね~。(T_T)
 
 
ぼちぼち沖上がりかと思いましたが、船長が30分延長してくました。
でも、残念ながら追加ならずで、残念~納竿。
 
でも、私の頑張りで、なんとか「船中坊主無し」で帰港することができました。(大笑)
 
本日の釣果、 アカムツ30cm弱1匹、ユメカサゴ2匹、ドンコ3匹(リリース)
 
 
千秋丸船長、お世話になりありがとうございました。ご心配をおかけしましたが、
おかげ様で、今回もアカムツの顔を見ることができました。(^_^)v
 
また、同船の皆様にありがとうございました。 
同窓のOさんには、お魚までいただいて、ご馳走様でした。<m(__)m>
 
帰りは国道1号を走って、途中から新東名に乗ろうと思ったのですが、随分1号線がスムーズに流れるので、磐田まで走って、そこから東名で帰ってきました。
約4時間弱。 これから帰りはこのパターンが良さ気です。
清水って、意外に近いかも・・(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
 

支離滅裂


 
左の二つは、福田沖で釣ってる方の仕掛けを真似して作ったもので、前回唯一のアカムツが釣れたもの。一つはハリスの長さを間違えた。まっ、いいか。(爆)
 
左から三つ目は、前回乗船時、船長の仕掛けを盗み見て、「こんな感じかな?」って作ったやつ。最初はムツ鈎用、鯛鈎用でそれぞれつくるつもりだったけど、ムツ16号の中に鯛12号を1本紛れ込ませただけ。
自分でも意味がよくわからない。(大笑)
 
その隣は、どうしてもフラッシャーが付けてみたくて、ムツ鈎に付けてみた。
でも、付け方が悪く、めっちゃ食い込み悪そう・・・。
鯛12号もまぜたけど、これはフラッシャーなし。付けるのが面倒になった。(^^ゞ
 
最後は、某ブログからパクッた、捨て糸を使った吹き流し仕掛け。
ちょっと面白そう。
 
本当は、針の違いとか、フラッシャー効果とかを比較できるように仕掛けを作ろうと思ったんだけど、やりながら何がなんだかわからなくなってしまった。(爆)
 
いったい、私は何がしたいんだろう??
 
 
 
で、まだ船の予約をしてないんですが・・・。(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
 
 
 
 

流行り病??(^^ゞ

夏から秋に向けては、頭の中はカツオがグルグル泳いでましたが、最近はアカムツがウロウロとおよいでます。(笑)
 
前回は、「船中1匹」を見事に引き当てたのですが(あっ、これ自慢話ですから~大笑) 炙り、湯霜、潮汁でいただいて、私の口に入ったのは極わずか・・。
それでも、とっても幸せ感を家族と共有できたのは言うまでもない。
 
今度は、刺身、炙り、湯霜はもちろんの事、煮つけ、塩焼き、干物なんてのも食べてみたい。そうなると、家族分としていったい何匹釣ればいいのか・・・・。
まあ、不可能だわな~。
でも、毎月出かければ、そのうちなんとかなるか??(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
サッカンさんの近所のスーパーでは30cmぐらいのアカムツが680円だったとか、ロードさんも1000円ぐらいで見かけたなんて聞くと、私がアピタで見た1匹7000円とか、3万円のアカムツはなんだったのか?? と頭が混乱する。(爆)
でも、そのぐらいのお手頃?価格で売られているのなら、そんなのを買って、煮つけや干物や、焼き魚を作ってみるのも悪くない。
通販でも生食用でなければ、買えそうなお値段もあるしねぇ・・
 
でも、今までの魚の美味しさを吹き飛ばしてくれた、アカムツ君の炙りや湯霜は
釣ったものじゃないとねぇ・・

右は、前回釣れたムツバリ16号。左は、バレ難いというホタ針(17号)にフラッシャーをつけてみたもの。ネットで調べると橙系のフラッシャーが良いらしいと書いてありましたが、そんなの近所に売ってないので、とりあえずありあわせのものです。
不細工ですが、今後、もうちょっと練習してみます。(^^ゞ
 
ちなみに、船長の話では、フラッシャー効果は不明らしいです。(爆)
でも、次回余裕があれば、使ってみようかなと思ってます。
 
あとは、鈎数を3本にするか4本にするか、それともいっそ5本鈎とか・・
あまり、長すぎても手前祭りしそうだしなぁ・・・
 
千手観音様みたいに沢山手があれば、数本の竿を出して、いろんな仕掛けやえさをためせるのにね~。(*^_^*)
 

残された回数は、たぶんあと3回

11月も前半は終わり、今年もあと50日。 早っ!!(@_@;)
 
年内に釣りに行けるのは、上手く行ってあと3回ぐらいかなぁ・・。
 
釣りたい候補の一番はやっぱ、アカムツ様だよねぇ・・
ぽっちゃり系を3人ほどはべらして、「あんなことやこんなこと」をしてみたいなぁ(爆)
 
真鯛様にも、もう一度お手合わせをお願いしたいもんです。
次回は、程よく脂がのって身の締まったお嬢さんと「グフフ・・」したいもんです。
 
あと、1回はリベンジ用に・・・。  ん? 1回で足りるのか??(笑)
 
 
 
ネタに困った「妄想おじさん」のたわごとでした。(爆)

モッタイナ~イ

たしか小泉さんの頃だったしょうか、流行った言葉「もったいない」。
なんか外人さんが、盛んにテレビで「モッタイナ~イ」と言ってたような??
 
さて、前回補修に失敗したダダ漏れのサロペットパンツ。
買ったときは安売りで7000円程度だった気がするんだけど、ネットで調べると2~3千円値上がりしていた。
 
う~ん、なんか新品買うのももったいない・・(笑)
 
ということで、余った当て布で大修理を敢行することにしました。
縫い目の所なので、上手く着くか心配でしたが、どうやら接着した模様。

水漏れもテストも無事合格して、修理は完璧!!(^○^)
 
これでもう1年ぐらいは、はけそうです。(*^_^*)
 
「モッタイナイ精神、大成功」の巻でした。ジャンジャン(^_^)v
 
さて、日曜日は、またしても雨模様?? 
雨対策はこれで万全ですが、テンションは
 
食べたいのはアカムツなんですが、「坊主上等」の釣りでラッキーが2回続くとは
とても思えんし、悩ましいところです。
 

思いっきり見当はずれ・・・

一年前から使っている、お気入りにのフレッシュレイニーのサロペットパンツ。
なんでも、釣り用合羽の中ではすこぶる丈夫で評判がいいらしいのです。
そんなことで、この一年、釣行時には毎回はいていました。
 
先日の釣行は雨になったので、フレッシュレイニーの上下で完璧な装い。
もちろん雨なんかまったく入って来なかったんですけれど、なぜかお尻だけ冷たいのです。 あれっ?  「おもらし」しちゃったかしら?? (゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
たぶん、お尻の部分に小さな穴が開いて、座った時に滲んできたのでしょう。
 
 よく見ると小さな穴が数か所空いています。犯人はこやつ等でしょう。
 

 
ということで、ネットで補修のやり方を検索して、備え付けの当て布を張り付けることにしました。 まずは、紙やすりで裏地と貼りつける当て布をこすって・・っと、
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     ビニール用のセメダインでぺったんこして、待つこと24時間

  どうやら、しっかりくっついているようです。これならもう安心ですね。
 
 
  修理は完璧ですが、念のため、水漏れのテストしてみることにしました。

 
 
な、な、なんですと??  全く違う場所から大量の水漏れです。(爆)
 
ちょっとした小さな穴とは大違い。こりゃえらいこっちゃ。(@_@;)
 
う~む、どうしましょう・・・・(^^ゞ

こんなもんなのかなぁ・・・・。

金曜日の午後便で釣ってきた真鯛ちゃん。
前回の失敗を繰り返さないように、神経締めして、冷やしすぎないように新聞でくるんで持って帰ってきた。〆てから約5時間後にさばいてみたのだけれど、すでに冷却硬直しており、またも失敗。でも、まだ身に透明感があって、弾力もあったので、
ギリギリセーフって感じでしょうか?
 
当日は、霜皮造りで、半身ほど、いただきました。
釣った当日は身がいかって、味もしないので、霜皮造りにするのが美味しいそうです。たしか、NHKの「ためしてガッテン」という番組でそんな実験?があったとか・・。
それなりに美味しゅうございました。
 
その後、、三枚におろした身はキッチンペーパーとラップにくるんで、クーラーBOXへ。途中で、キッチンペーパーを交換したりして、気を使います。(笑)
 
で、土曜の晩酌は、当然鯛のお刺身です。 でも、あれ???
旨みがないし、なんか水っぽいんです。家族からも「イマイチでんなぁ・・」と。
皮を引いたときも、全く脂が乗った感じがなかったし・・・。
う~ん、なんでなんだろう???
 
日曜日の晩酌は、悩みましたが、やっぱり旨みがでないので、カルパッチョで
ごまかしました。(^^ゞ

洋風のお刺身には、飛騨銘酒、天領を合わせます。 
ってのは、真っ赤なウソで、たんにスーパーで安かったから買ったまでのこと。
お酒と料理のバランスがわかるほど、鋭い舌は持ち合わせておりません。
私の味覚は金額に比例しますんで・・・・。(大笑)
このカルパッチョは、美味しかったです。ドレッシングが良かったかな?(^○^)
 
天然真鯛とくれば、潮汁なんですが、一日半たっているので、焼いてから作りました。あまりに豪快な盛り付け(大笑)で、潮スープって感じでしょうか。(爆)
 まあ、これはこれで少し香ばしくって美味しかったです。

お暇なので、ゴチョゴチョと鯛のタイを取り出して遊んでました。(^^ゞ

なかなか旨みがでないので、最後は昆布締めに期待します。
昆布の力を借りれば、なんとかなるでしょう。
 

う~ん、悪くはないのですが、期待したほどでもないのよね~。
まあ、昆布も安物ですからねぇ・・、でも安物昆布でもいいときはあるんですが・・。
 
私、ここ7~8年、海上釣堀にはまってまして、養殖の真鯛は随分食べました。
養殖真鯛というと馬鹿にされそうなんですけれど、実は、結構美味しいものもあったりします。もちろんハズレもありますけれど・・。(^^ゞ
 
その時は、天然真鯛にあこがれてまして、きっと養殖真鯛をはるかに超える美味しさなんだろうと、思っていたんです。
でも、実際食べてみると、期待したほどでもないんです。もちろん、びっくりするほど美味しかったのもあったのですが、なかなかそんなのに当たりません。
 
天然物は時期や個体差があるとは聞いてますが、そのせいでしょうか?
もうちょっと寒くなってからのほうが、脂がのって旨いのかなぁ・・・??
今月末に、もう一度チャレンジして、確かめてみようと思います。 (*^_^*)
 
流石は天然もんだわ~と、ウハウハするような真鯛様にお会いしたいなぁ・・(^○^)

なんでお隣さんだけ?

10月31日(金)  海栄丸   天気・・・雨  小潮  12時出船17時半沖上がり

この日は平日釣行できる日で、ずっと前から「どこに行こう? どうせなら土日には乗れない人気の船がいいなぁ」なんて楽しみにしていた。
まず、頭に浮かんだのは、福田のアカムツと御前崎の泳がせ釣り。
アカムツは超旨かったのでまた食べたいし、御前崎の強引も経験してみたい。
ところが、平日って高速道路の割引がなくなっちゃたのよね~。(T_T)
26日に、清水まで遠征したばかりなので、2週連続で高速料金6000円コースは、貧乏人にはちょいと辛いわなぁ・・・。
北陸なら、「高速4000円コース」以下で行けそうなので、越前の船に吞ませ釣りを聞いてみると、喰いも悪いし、私一人だけでは船は出せないらしい。
なるほど、平日釣行って空いているので憧れるんだけれど、高速の割引はないし、
人数不足で船が出してもらえなかったりで、不便なことも多いのねぇ・・(^^ゞ
 
一番安上がりなのは、知多半島の船。平日ならギュウギュウ詰にはならいだろう。
でも、ウタセ真鯛の釣果をみると、焼き鯛サイズがほとんどのような・・・??
 
ということで、いつもの海栄丸の午後便でウタセ真鯛に行くことにした。
ここなら下道は走りなれてるので、高速使わなくても行けるし、午後便のウタセ真鯛も、この日を逃したら行けそうにないからね。(^○^)
雨がちょっと心配だったんだけど、「たぶん大丈夫だよね~」と船長に確認(笑)
まあ、先日の清水遠征でも「晴れ男」だったので、なんとかなるだろう。
 
7時半に家を出て、鳥羽には11時過ぎに到着。土砂降りなんですけど・・・(@_@;)雷注意報とか言ってるし、マジかよぉ・・・(T_T)  「晴れ男」返上でございます。(爆)

それでも船着き場に着いた頃は、やや小ぶりになっていた。
ちょうど、弟子2号さんから電話があって、「ワラサが沢山釣れたら船のクーラーに入れといて」とのリクエスト。弟子2号さんは翌日海栄丸に予約を入れてるらしい。
「うんうん、10本ぐらい釣れたら2~3本入れとくわ~」(爆)
 
実は、前日に船中6本のワラサが上がっていたので、ちょっと期待して45Lクーラーを持ってきた。(笑) 先日のワラサが、美味かったので、なんとか1本獲りたいと思っているのだ。だから今日のハリスは6号でやるつもり。(^_^)v
 
午前の太刀魚便が帰ってきた。おっと常連のY木さんが乗っておられるじゃないか。
船長ともども、「午後便もどう?」とお誘いしたけど、乗ってこられず、「坊主になるなよ~」と送り出していただきました。(^^)
 
今日は私と、もうお一人だけの超大名釣り。流石平日、といっても空き過ぎ。(笑)
乗り込むと、寛都君が「あのアカムツ食べてみたいわ~」って。
おや、ブログを見てくれたのね~、ありがとねー。(^○^)
 
菅島にウタセを積みに戻って、寛都君はここでお役御免。
「なんや~、竿だすんじゃないのかー」と私。(爆)
まっ、お客二人だから、中乗りはいらんわね。彼の場合、船は遊びじゃないし・・(笑)
 
ポイントに向かう途中、初めて操舵室の船長の横に座ってみた。
時々常連さんが座っておられるの見て、一度やってみたかったのだ。
GPSとか付いていて、かっこいい。操舵室からの眺めはなかなかいいもんですね。
今日は、随分うねりがあって、船は大揺れ。予報ではべた凪のはずだったんだけど、「台風以来、天気予報当たらんのだよな~」と船長も困った様子。
 
アンカーが入り、「水深35m、錘20号」の声でスタート。
私は右舷大艫で、もうお一人が左舷大艫。
一投目からチャリコがかかって、それから4連発。早々に坊主脱出して気は楽になる。それにしても、かかり釣りだと、このうねりがきついなぁ・・、胸やけするわ~。
 
お隣さんに良型真鯛があがった。でも私には焼き鯛サイズ・・・・。
またまたお隣さんに刺身サイズ。で、私には、やっぱり焼きサイズ・・・(T_T)
「あの~、捨て糸どのぐらいですか?」と伺うと「4.5mですよ」と教えてくれた。
私はこのとき3mから6mに伸ばしていた。お隣さんは上針に掛かっているというので、私の真ん中の針に食っても良さそうなんだけど・・。 なんで??
 
この方は、アジ釣りでは海栄丸をよく使うらしいのだけど、鯛釣りでは初めてとのことで、場所移動の間に、どうやって釣ったらいいか私に聞いてくる。
いやいや私に聞かれても・・、おじさんの方が 良型沢山釣ってるじゃんねぇ。(^^ゞ
 
今日は全く潮が動かず、20号、15号の錘でも真下に落ちる。
前回、潮が動かないときに、上に誘って釣れたので、今日も盛んに上への誘いをするんだけど、今日は全くアタリがない。
 
横にも飛ばないし、上への誘いも効かないし、いったいどうしたらいいの??
するとお隣さんにまた良型真鯛がくるので、「どうやって誘っているんですか?」と聞くと、「ただ仕掛けを落としてるだけですけど・・・」って。 えっ?誘ってないの??
 
そういえば、一昨年、初めてこの船のウタセ真鯛に乗った時、その時の竿頭の人がいっていた。「今日は誘ってもだめだったので、棚を決め打ちした」って。
喰いが渋いときは、誘わない方がいいのだろうか??
 
 
雨はそれほど強くはないが、シトシトと常に降ってい状態。
船長に言わせると、「青物が釣れそうな雰囲気はあるんだけどなぁ・・」って。
でも、まったく青物のアタリはない。
って、おいらまだ刺身級の真鯛さえも釣ってないんですけど・・・(T_T)
 
まもなく夕まづめ。こんな薄暗い雨の日でも夕まづめって関係あるのか?
なにはともあれ、せめて1匹だけでも刺身級真鯛が釣りたい。
真ん中や上鈎までエサを取られるので、さらに捨て糸を伸ばして7.5mにした。
 
すると一発でアタリがでた。4時45分、ようやく刺身級が釣れて大喜び。\(^o^)/、自分だけお刺身級が釣れないので、いままで半泣き状態だったのだ。
喰った棚が分かったので、次も同じ棚で、もう一発。 さらに、上から誘いさげでもう1発。 グハハハ、3連発じゃん(*^_^*)
 
船長に「捨て糸伸ばしたのが大成功だったわ~」と、はしゃいでいると、「隣も釣れてるから時合いなんだろう」って。(爆)
 
で、4連発を期待して仕掛けを投入すると、やはり来ました。
 
ドン!!  ギュルギュル、 ブチッ  ・・・・・
 
全くなすすべがなく、瞬殺。(@_@;)
 
一気に竿が入って、ラインが飛び出し、 あっという間にチモトで切られた。
 
大鯛? ブリ? なんせ今までに感じたことのない重みだった。ぐやじい・・・(T_T)
 
バラシちゃうと、もうだめですよね。 全くアタリが無くなってタイムアップ。
 
本日の釣果
 刺身級真鯛3匹  焼鯛6匹  リリースチャリコ数匹。
 
 
 今日は、平日とはいえ、まさかのたった二人での大名釣行。
船長曰く、「釣れん日はみんな来んでなぁ・・、今日、明日は潮が動かんから、みんなよう知っとるわ」って。 えっ?そうだったの? 私、全然知らんかったし・・・(爆)
 
帰港途中、また操舵室の船長の横に座って、「お隣さんと私の違いはなんだったんだろう?」と聞いてみた。すると「手返しの速さ」だと教えてくれた。
言われてみれば、お隣さんは途中で「餌をくれ~」と言っていた。私のはまだ充分残っているのに・・・。私は仕掛けを動かし、どっかでアタリが取れないかと、探っていたのだけれど、お隣さんはダメと思ったら餌を付け替えて投入していたということ。
船長に言わせると「その方が魚の活性が上がる。」らしい。
なるほど、以前やっぱり私の隣で沢山釣った方にコツを聞いたら、3回仕掛けを飛ばしてダメなら回収してやり直すと言っていたなぁ・・。
次回はもう少し手返しを速くしてみよう。鯛釣りは難しいね。
 
 
船長、今日はありがとうございました。真鯛の顔が見れて良かった~(*^^)v
 

 
前回、鯛の持ち帰りに失敗したので、今回は神経締めして、濡れ新聞にくるんで
板氷から離して持って帰ったが、すでに冷却硬直していた。まだ冷え過ぎ??
それでも、身は弾力も透明感が残っていて、ちょっとだけ霜皮造りをしてみたら、
まあまあ美味しかった。
 
ところで、今回、初めてウタセ真鯛でシマノのバイオセンス50-270を使った。
これの為に買った竿なんだけれど、実際に使ってみるとちょっと胴が硬い感じで、
鯛の引きが今までより鋭く手元に伝わり、ハリスが切れるんじゃないかと心配になった。いつも使ってるモデラートが、とても粘り強いので、そう思うのか?
ウチでは、一番高い竿なんだけど、ちょっとイメージと違ったなぁ・・。
 
 

«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する