FC2ブログ

2014-09

サワラ獲ったどー!!(^○^)

9月21日(日)  強丸   天気・・・晴れ  中潮  6時出船12時帰港

なんかよく寝た感じで目が覚めた。 1時半にセットしてある目覚ましは、まだ鳴ってない。 でも、たった1時間の睡眠でこんなスッキリ感にはならないはず。
いや~な予感で時計を見ると・・・・、 「ゲッ、3時10分!!」(@_@;) やっちまった。
高速で行けばまだ間に合う。しゃあない、大名釣行じゃー。(^○^)
 
本来なら、今日はカツオを釣りに御前崎に行く日であった。
ところが、カツオが不調で釣り物変更となったため、週央にキャンセルした。
その後、何を釣りに行こうかと色々と悩んで、最終的に前回釣れなったサワラを狙いに行くことにした。今回はイワシの泳がせなので、この前よりは釣れる可能性が高いんじゃないかなぁ・・・。(^○^)
 
今日は、初めての船宿強丸(HP)さん。いつもお世話になってる船の発着場の対面にあるので、以前からちょっと気になっていた。
船宿には、5時半前には着いたのだが、いつも見ている大型船がない。
あれっ? 6時出船と聞いていたけど、間違えたか? もう行っちゃったの??
 
ジギング船のお客さんらしい人に聞いて、受付らしい建物に入ってみるも、誰もいなくて、メッチャ不安なんですけど・・・。
そうこうしてるうちに、船が戻ってきた。餌のイワシを積みに行っていたらしい。
良かった、置いて行かれたかと思った。 初めての船宿に一人で来るのは久ぶりなので、ものすご~いアウェイ感があるのよね~。(^^ゞ
 
ここは先払いで、場所はくじ引きで決める。今日は6人で、私は右舷の大艫。
こんな大きな船で6人とは、超贅沢~(*^_^*)

今日は、前回「一人だけ残念でした」の時と、同じタックルである。
クーラーも同じく45L。他の皆さんより一回り大きいので、ちょっと気が引ける(^^ゞ
 
さあ、今日こそ、このバイオセンス50-270に魂を吹き込まなければならない。
コイツは、まだ20cmぐらいのサバしか経験してないのよね~。(爆) 

 
 船は答志島の沖で、スローになった。あれっ?これって、この前のポイントじゃん。
もの凄い船団も前回と一緒。なんかいや~な予感。(笑)

 本浦や国崎の船も来ている。本浦の「イワシの泳がせ」とか国崎の「イワシマダイ」とか言っていたのは、全部ここがポイントだったのね。
来週、国崎の船に乗るんだけど、ひょっとして3回連続で同じポイントになるのか?
ちょっと、なんだかなぁ・・って感じですねぇ。
タテ釣りに出た菅島の船は見えなかったので、タテ釣りのベイトがかかる場所ではないのかな??
 
餌のイワシは,10cm~15cmぐらいでしょうか、ヒラメ釣りの時とほぼ同じです。
仕掛けもヒラメ仕掛けなんですが、ハリスは太目のフロロ10号です。
船長から、8~10号を用意してくれと言われましたので、急遽替え針を買って、自分でも数セット作ってきました。
 
「水深70m、底から30mぐらいまで探って下さい」とのアナウンス。
ヒラメ釣りのイメージで来たもんですから、「えっ?探るの? どうやって?」(爆)
 
1投目からアタリが出ました。底付近でしたので、ヒラメかな?と思ってしばらく待ってから合わせのですが、スカ・・・。(T_T)  イワシの頭だけ残ってました。
随分待ったつもりだったんけど・・・・。
 
さて、どうやって探りましょう。この前の鯛チョクリみたいにダダ巻きか?
まずは、ゆっくりと巻き上げてみます。活きエサなので、速くする必要はないだろうと思うのですが、どうなんでしょう?
 
しばらくして、よれよれになった小さめのイワシを巻き上げてくると、変なアタリがあって、上がってきたのは30cm超えのアジでした。
船長が、すかさずタモ入れしてくれました。 船が密集しているので、船長は操船で大変だろうと思ってましたが、とてもフットワークの軽い船長です。
 
ところで、アジって、イワシを食べるのね。ちょっとビックリでした。(^^)

 なかなかアタリが合わせにくいです。待っても食い込まず、ポンと竿がはじけただけでエサが無くなったり・・・。
 「どうすりゃいいんじゃ!」といろいろやっていたら、ガツンと見事にとらえました。
重たいです。昨年10kgのブリを釣った時に味わった感触によく似ています。
『あれ~っ? またブリ釣っちゃたかな~?』(笑)
 
ちょっとドラグを緩めて、少しだけ糸を出しながら、慎重に手で巻いてきます。
頭の中では、『やっちまったなぁ、今日のヒーローだわ。写真載っちゃうよねー』状態です。(大笑) いよいよ姿が見えてきましたが、太くない。 あれれっ??
サワラのスレでした。(^^ゞ  船長がギャフを打って、「これ旨いぞ」って(^^)
ヒーローにはなれませんでしたが、嬉しい本命ゲットです。
バイオセンスにも、「ブリの引き風サワラ」でようやく魂が入りました。(*^^)v

それにしても、サワラの歯はすごいですね。イワシ↓がナイフで切られたようにスパッと真っ二つです。この時は孫針を伊勢尼にしていましたが、これをみてこの孫針ではサワラがかからないだろうと、トリプルフックに戻しました。 
 

 
コイツ↓はワイヤー仕掛けです。前日に釣具屋で、針が結べるケイムラワイヤーとして売ってましたので、これで1セット作ってきました。ちなみにワイヤーは5mで500円ぐらいでした。先ほど、10号ハリスをスパッと切られたので、試してみよっと。

 
ワイヤーハリスは食いが落ちると聞いたことがあるので、どうなんだろうと心配でしたが、確かにさわりが少なくなった気がしなくもなかったのですが、1本サゴシが釣れました。トリプルフックが頭に刺さってます。(笑)

あんまり、食いには関係ないのかなぁ・・・。 でもこのワイヤーハリスはよれが戻りません。一旦よれると伸ばして見てもダメです。
とりあえず1本釣ってくれましたので、お役御免にしました。
 
40m付近でエサが止まったので、電動フルスロットルで巻き上げたら、穂先が入りました。今度も同じぐらいのサゴシでした。
 
今日は、私の師匠である弟子2号さん(紛らわしくてすんません 笑)が他船で
タテ釣りをされてまして、サワラが釣れないので何とかしてくれと頼まれました。
できれば、サゴシではなくサワラを持って帰ってもらいたい。
 
終盤、一発当たりました。今度はサゴシより大きい感じです。
電動でまきあげてきますと、あと20mのところでテンションが外れました。
 
そろそろタモ入れタイムだろうと、フットワークの軽い船長がきてくましたが、
「あれっ? ばれちゃった?」って、「はいちょっと横着こいてました。」(^^ゞ
なんせ、自宅消費のサワラはあるんで・・・(゜O゜)☆\(^^;) バキ
 
でも、船長って凄いね。操船しながらでもちゃんと誰の竿を曲がっていて
そろそろタモ入れの頃ってわかるんだね。操舵室にずっと入ってるからわからいなだろう思ってましたが、今日はちょっと驚きでした。
 
最終結果は、
 70cmサワラ1本、約50cmのサゴシ2本、30cm超のマアジ1匹
 
 カツオは没になったけど、食べたかったサワラが釣れて万々歳。
 美味しいものを食べると、思わず笑っちゃいますが、サワラの刺身は
 まさにそれですね。家族全員、笑っちゃってました。(^^)
 
弟子2号さん、サゴシとシオ&ツバスの交換ありがとうございました。
念願のシオの刺身が食べられて、これまた嬉しゅうございました。
 
また、Pokiさんにも偶然岸壁でお会いできてうれしかったです。
また、よろしくです。 
 
強丸の船長にはお世話になり、ありがとうございました。<(_ _)>
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する