FC2ブログ

2014-09

美味しゅうございました。

やっぱり、自分で釣ったお魚は美味しいです。(*^_^*)
美的センスがないので見栄えは悪いですが、ネタだと思ってお付き合いを(笑)
 
 
今回は、サワラではなく、ペラペラのサゴシちゃんでした。
下ろしてみたら、この前のサワラとは全く色が違っていて、刺身では美味しそうでない。そこで、これは炙るしかないと・・・(笑) 
 
血合い骨の部分だけはがして取って、バーナーオン!!  

これ、大正解(*^_^*)。 ペラペラサゴシは炙りましょう!!(笑) 
 
 ヒラメちゃんは、当然お刺身ですよね~。三男は縁側が大好きでして・・・・。

 
 もちろん私も刺身は好きなんですが、こうした↓方がもっと好きなんです。
はい、昆布締めですよん。(*^_^*)

これはもう、笑っちゃいました。だって、うんまいんだも~ん。縁側も最高ー!!
 
ハマチ君は、半身を当日食べまして、残りは一日寝かしてみました。

初日より脂がまわったような・・、気のせい?(笑)  全く臭みはありません。
以前は、ブリ系の臭いが好きじゃなかったのですが、船に乗るようになってから好きになりました。ハマチもワラサも、もちろんブリも。(^○^)
 
カサゴ、チャリコはヒラメのアラと一緒に煮付けになりまして、翌日は煮こごりです。
お刺身の残りは、いつもの漬けですね。ベイトには大きすぎた(笑)アジも5匹持って帰ったのですが、ちょうど茗荷をいただいので、ナメロウにしました。 
 
朝は、漬けに残ったナメロウも乗っけて、お茶漬けですわ~。(*^_^*)
 
こんな感じで、ごちそうさまでした。<(_ _)>
 
さて、今日から食べる魚がないんですけど・・・・(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
スポンサーサイト



やっとタテ釣り

9月28日(日)  勝丸  天気・・・・晴れ   中潮   5時半出船11時半帰港

釣魚好人さんから、「仲間がタテ釣りに行きたいらしいので、一緒にどう?」とお誘いをいただいた。お世話になった御大からのお誘いでは断れない。ということで、ご一緒させていただいた。(笑)  タテ釣りは行きたいばっかだったし・・・・(^_^)v
 
最初は台風16号のあとで、快晴釣り日和と思っていたら、急に台風17号が現れて
天気予報は「3mうねりあり」(@_@;) マジかよ~。未知の世界だぜぇ・・・。 
波予測をみると、2~2.5m 風は8~10m これならなんとかなるかも。


そんなテンションの上がらない状況の中、「タテ釣り」ではなく「イワシマダイ」になる可能性も出てきて、、タテ釣りに行けなくてウジウジしていた私は、ますますテンションが下がっていた。 まあ覚悟を決めて行くしかないわ。
 
先週は寝過ごしてしまったので、今回は気を付けなければと、目覚まし時計を確認すると、なんとアラームが壊れていた。 なんじゃ、犯人はお前だったのかー。(爆)
 
国崎の港には、4時半過ぎに到着。 外は真っ暗で、星がとってもきれいなんだけど、ドド~ンと外海の波が堤防にあたる不気味な音がする。
マジかよ~、やっぱ、波3mじゃないの? もう半泣き状態。(笑)
 
5時に好人さん、Fさん、Iさんが到着されて、早速船に乗り込む。3組11人で満員。
だれも、キャンセルしなかったのね。強者揃いだわ。
釣り座はくじ引きで、右舷舳にFさん、次に私、好人さんが左舷舳で、Iさんがその隣。よりにもよって波かぶり必至の場所である。くじ引いたのは私だけど・・(爆)
 
5時半出船し、港を出たところでは、ちょと波があったが、その後はなんてことない。
な~んだ、どうってことないじゃん。なにが「波3mうねりあり」だ。 こら天気予報!
脅かすんじゃないっての。もうマジでビビってたんだぞー。
 

配られた仕掛けは、タテ釣りのもの。
イワシも積んでいるようだが、好人さんが、タテ釣りで押し切ってくれたかな? まあ答志島沖の真鯛も下火になってるみたいだしね~。
 
これで、やっと今年初めてのタテ釣りができますわ。ルンルン(^○^)
 
船は北上し、石鏡と国崎の間ぐらい?
 
「水深28m 15m以下でベイトでてます。」のアナウンスでスタート。
随分浅い所でやるんだなぁ・・。すぐ近くには同じ国崎の功成丸がおり、その後宏漁丸も参加してきた。 先週は、これらの船はみんな答志島沖に集結していたけど、
やっぱり、マダイ&サワラフィバーは終わったんだね。
 
いつも、タテ釣りの時はモデラートを使うのだけれど、今日はバイオセンスを使っている。先日のイワシ泳がせ釣りで、イワシの暴れる感じが、穂先に感じられなかったので、ベイトが付いたときに穂先に反応が出るか試してみたかったのだ。
なんせ、高感度穂先の謳い文句に引かれてかったんだからねー。
 
で、ベイトの付きはちゃんとわかりました。落としてく途中でちゃんとプルプルしてくれました。 なんでイワシの泳がせの時は、良くわからなかったんだろう?
ハリスの長さのせいか??
 
ところで、ベイトは付くものの、本アタリがなかなかありません。
ときどき、ヒラメらしきアタリはあるのですが、食い込んでくれずテンションが外れてしまいます。ならば早めにと、合わを入れると見事にスカ 。おのれ、ヒラメ~(爆)
 
そんなとき、お隣のFさんにハマチが来たようで、タモタモと叫んでおられて
中乗りのお兄ちゃんが近くにいないので、私がタモを持とうとすると私の穂先も入ってしまって・・。(^○^)

50cm弱のハマチが釣れました。結構太っていて美味しそうです。(^○^)
このサイズのハマチは、釣り堀ファンの皆さんには「なんだツバスか」とバカにされるのですが、これがなかなか美味しいのです。私も釣り堀時代は、たいして美味しいと思わず、いつも誰かにあげるか、せいぜいミンチにするぐらいでしたが、今では好んでお刺身にしてます。
あっ、これはあくまでも個人的な感想ですので、悪しからず。<(_ _)>
 
しばらくして、ベイトが付かなくなり、船長から「一番下にイワシを付けてみて」と活きイワシを配ってくれましたので、これでヒラメを狙うのですが、相変わらずです。
このまま、ベイトを探さずにここでやるのかなぁ・・・。 船を走らせて欲しいなぁ・・。
 
 
願いが通じたのか、船が移動します。タテ釣りはイワシを追っかけますので、走ってる時間は結構長いのです。私は、うつらうつら・・・(笑)
 
場所が変わって、水深45m付近に来ました。よく来る石鏡の沖かな?
今日は、菅島の船もタテ釣りにで出ているはずですが、姿は見えません。
どこで、やってるんだろう??
 
ここでは、ベイトが付くのですが、底付近で20cmぐらいのアジが食って来て、折角のベイトが台無しです、流石に20cmアジを食って来る大物は少ないでしょう。
 
また、アジが派手に暴れ取るなぁ・・と上げてきたらなんと、サゴシでした。(^^ゞ

本当は、先ほどお隣さんが釣ったサワラがいいんですが・・・。
まあ、このぐらいでも炙りで食べたら美味いかな?(*^_^*)
 
その後、チャリコなんかも釣れてきますが、アジより小っちゃい。(大笑)
1匹だけかろうじて塩焼きサイズが釣れました。

 そうそう、良型カサゴが1匹きました。根魚は三男の好物です。(^○^)
とりあえず、ここではそれなりにベイトが付くので、なんとか青物かヒラメがつりたいのですが・・。 
 
一旦落として、穂先でベイトが付いてないことを確認して、(ちなみに、私はベイトの有無が疑わしいときは、錘のテンションを抜いて穂先を確認します)、再度ベイトの層まで高速巻上してくると、その途中でベイトが付くのがわかりました。
そのまま、底まで落としてやると、プルプルしている穂先が引き込まれました。
来た~!!(*^_^*)  先ほどハマチを強引な巻上でバラシているので、今度は手で慎重に巻いてきました。

50cmはないかなぁ・・・、それでも。本命のヒラメちゃんで~す。(^_^)v
 
結局、この後はアタリがなく、そのうちベイトの付きも悪くなって沖上がりの時間となりました。 勝丸の船長の話では、今年はハマチが少ないそうです。
ハマチが沢山遊んでくれると、ベイトが付いた瞬間に竿がドーンときて楽しいのですが、そうでないとちょっと暇をもてあましてしまうかも・・。
 
でも、ベイトが付いたとき、「来るかな~」と待つワクワク感が、私は好きなんですけどね。(*^_^*)

好人さん、Fさん、Iさん、今日はありがとうございました。
あまり、お役に立てずにごめんなさいね。<(_ _)>
 
勝丸の船長、中乗りの息子さんお世話になり、ありがとうございました。
 
さて、片道150km、往復を下道走って、約7時間。やっぱきついですね。
なんとなく、不完全燃焼で、『来週も・・』と思うけれど、体力と資金力が・・(苦笑)
また、高速1000円にならないかなぁ・・(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
前日作ったサワラ用ワイヤー仕掛けは、結局出番なく、またしてもお蔵入り。
「お蔵入り仕掛け」がどんどんたまっていきます。(^^ゞ
 

ビビルマンが行く

明日は、波が高いので逃げたいのだけれど、お世話になってる釣魚好人さんの
お誘いなんで、キャンセルするわけにもいかず、覚悟を決めた。(笑)
 
天気予想では、「3mうねり」ありだけど、波予測だと2.5mぐらいかなぁ。
 
タテ釣りをやるのか、タテ釣りと称してイワシマダイになるのかよくわからない。
もし、イワシマダイなら、朝イチにサワラ狙いで↓コイツを使ってみよう。

先週の釣行にあわせて買ったワイヤーなんだけど、この後使う用途もなさそうなので、5本針の胴つき仕掛けにしてみた。 ハリス8cmぐらい、枝間30cm弱。
コイツにキラキラを張った錘を付けて、サワラを挑発してやろうかと・・。
 
もし、最初からタテ釣りになったら出番はないかな。(^^ゞ
ワイヤーハリスにベイトは付かないもんねぇ・・。 いや、ケイムラは付くか?(爆)
 
ところで、荒れたときって、ハマチとか青物は食ってくるのかな?
荒れたわ、魚はつれんわでは、ただの修行だもんねー。(笑)
 
さあ、今年、初めてのタテ釣りになるか? 
 
明日の目標!!
サワラとハマチとシオの青物お刺身3種盛り。 ヒラメの縁側と、鯛の潮汁。
 
こんなんで、いかがでしょうか?(爆)
 

素材がいいので・・・

今回のサラワちゃん、美味しくいただきました。
 
釣った当日は、もちろんお刺身です。背の方はバーナーで炙りました。
切り方や盛り方は、笑えるぐらい不細工です。お目汚しですんません。(笑)
子供の頃から美的感覚が欠けておりまして、どうしていいのかわんないの(汗)

でも、味は抜群です。腹身のお刺身も良かったですが、背の皮をバーナーで炙ったものも大変美味しかったです。
 
こちらは↓、2週間前に、知多のお店で食べたサワラの刺身です。
光線の加減や、部位の違いはありますが、釣って来た方が、はるかに綺麗な色をしていますし、もちろんお味もグー!!っていうか、全然違います。(^○^)

サワラは足が早いと聞いてますので、生食は釣った翌朝までと決めていましたが、朝、冷蔵庫から柵を取り出すと、結構臭います。「もうやばいか?」と思ったのですが、皮を引いたらそれほどでもなくなりましたので、漬け丼にしました。
サワラの皮って、結構臭うんですね。生食の場合、皮をひいてから保存したほうがいいかも。

この食べ方は、どのお魚でも期待をうらぎりませんよね~。(笑)
 
残ったものは味醂粕漬けにします。というか、このためにわざわざ残しました。(爆)

というのも、この日のために、随分前から漬け粕を買っておいたのです。(^^ゞ
当地には「鈴波」という美味しいサワラの粕漬けを食べさせるお店があるのですが、そのお店は守口漬けで有名な大和屋がやっているんです。
流石に「鈴波」で使っているものは売ってくれませんが、「これでも充分美味しい」と大和屋の店員さんが勧めてくれました。

・・・焼きすぎました。(大笑)  弱火でやったつもりなんですが、見事に焦げました。
でも、美味しかったですよ~。やっぱ、漬け床が良かったんですね。(^○^)
カマは塩焼きで食べましたが、今にして思えば、コイツに漬けとけば良かったなぁ。
 
美味しい魚は、料理下手でも、美味しいですね。(^_^)v
 
サラワちゃん、ご馳走様でした。<(_ _)>  また、ボクの針にかかってね。(*^_^*)
 

サワラ獲ったどー!!(^○^)

9月21日(日)  強丸   天気・・・晴れ  中潮  6時出船12時帰港

なんかよく寝た感じで目が覚めた。 1時半にセットしてある目覚ましは、まだ鳴ってない。 でも、たった1時間の睡眠でこんなスッキリ感にはならないはず。
いや~な予感で時計を見ると・・・・、 「ゲッ、3時10分!!」(@_@;) やっちまった。
高速で行けばまだ間に合う。しゃあない、大名釣行じゃー。(^○^)
 
本来なら、今日はカツオを釣りに御前崎に行く日であった。
ところが、カツオが不調で釣り物変更となったため、週央にキャンセルした。
その後、何を釣りに行こうかと色々と悩んで、最終的に前回釣れなったサワラを狙いに行くことにした。今回はイワシの泳がせなので、この前よりは釣れる可能性が高いんじゃないかなぁ・・・。(^○^)
 
今日は、初めての船宿強丸(HP)さん。いつもお世話になってる船の発着場の対面にあるので、以前からちょっと気になっていた。
船宿には、5時半前には着いたのだが、いつも見ている大型船がない。
あれっ? 6時出船と聞いていたけど、間違えたか? もう行っちゃったの??
 
ジギング船のお客さんらしい人に聞いて、受付らしい建物に入ってみるも、誰もいなくて、メッチャ不安なんですけど・・・。
そうこうしてるうちに、船が戻ってきた。餌のイワシを積みに行っていたらしい。
良かった、置いて行かれたかと思った。 初めての船宿に一人で来るのは久ぶりなので、ものすご~いアウェイ感があるのよね~。(^^ゞ
 
ここは先払いで、場所はくじ引きで決める。今日は6人で、私は右舷の大艫。
こんな大きな船で6人とは、超贅沢~(*^_^*)

今日は、前回「一人だけ残念でした」の時と、同じタックルである。
クーラーも同じく45L。他の皆さんより一回り大きいので、ちょっと気が引ける(^^ゞ
 
さあ、今日こそ、このバイオセンス50-270に魂を吹き込まなければならない。
コイツは、まだ20cmぐらいのサバしか経験してないのよね~。(爆) 

 
 船は答志島の沖で、スローになった。あれっ?これって、この前のポイントじゃん。
もの凄い船団も前回と一緒。なんかいや~な予感。(笑)

 本浦や国崎の船も来ている。本浦の「イワシの泳がせ」とか国崎の「イワシマダイ」とか言っていたのは、全部ここがポイントだったのね。
来週、国崎の船に乗るんだけど、ひょっとして3回連続で同じポイントになるのか?
ちょっと、なんだかなぁ・・って感じですねぇ。
タテ釣りに出た菅島の船は見えなかったので、タテ釣りのベイトがかかる場所ではないのかな??
 
餌のイワシは,10cm~15cmぐらいでしょうか、ヒラメ釣りの時とほぼ同じです。
仕掛けもヒラメ仕掛けなんですが、ハリスは太目のフロロ10号です。
船長から、8~10号を用意してくれと言われましたので、急遽替え針を買って、自分でも数セット作ってきました。
 
「水深70m、底から30mぐらいまで探って下さい」とのアナウンス。
ヒラメ釣りのイメージで来たもんですから、「えっ?探るの? どうやって?」(爆)
 
1投目からアタリが出ました。底付近でしたので、ヒラメかな?と思ってしばらく待ってから合わせのですが、スカ・・・。(T_T)  イワシの頭だけ残ってました。
随分待ったつもりだったんけど・・・・。
 
さて、どうやって探りましょう。この前の鯛チョクリみたいにダダ巻きか?
まずは、ゆっくりと巻き上げてみます。活きエサなので、速くする必要はないだろうと思うのですが、どうなんでしょう?
 
しばらくして、よれよれになった小さめのイワシを巻き上げてくると、変なアタリがあって、上がってきたのは30cm超えのアジでした。
船長が、すかさずタモ入れしてくれました。 船が密集しているので、船長は操船で大変だろうと思ってましたが、とてもフットワークの軽い船長です。
 
ところで、アジって、イワシを食べるのね。ちょっとビックリでした。(^^)

 なかなかアタリが合わせにくいです。待っても食い込まず、ポンと竿がはじけただけでエサが無くなったり・・・。
 「どうすりゃいいんじゃ!」といろいろやっていたら、ガツンと見事にとらえました。
重たいです。昨年10kgのブリを釣った時に味わった感触によく似ています。
『あれ~っ? またブリ釣っちゃたかな~?』(笑)
 
ちょっとドラグを緩めて、少しだけ糸を出しながら、慎重に手で巻いてきます。
頭の中では、『やっちまったなぁ、今日のヒーローだわ。写真載っちゃうよねー』状態です。(大笑) いよいよ姿が見えてきましたが、太くない。 あれれっ??
サワラのスレでした。(^^ゞ  船長がギャフを打って、「これ旨いぞ」って(^^)
ヒーローにはなれませんでしたが、嬉しい本命ゲットです。
バイオセンスにも、「ブリの引き風サワラ」でようやく魂が入りました。(*^^)v

それにしても、サワラの歯はすごいですね。イワシ↓がナイフで切られたようにスパッと真っ二つです。この時は孫針を伊勢尼にしていましたが、これをみてこの孫針ではサワラがかからないだろうと、トリプルフックに戻しました。 
 

 
コイツ↓はワイヤー仕掛けです。前日に釣具屋で、針が結べるケイムラワイヤーとして売ってましたので、これで1セット作ってきました。ちなみにワイヤーは5mで500円ぐらいでした。先ほど、10号ハリスをスパッと切られたので、試してみよっと。

 
ワイヤーハリスは食いが落ちると聞いたことがあるので、どうなんだろうと心配でしたが、確かにさわりが少なくなった気がしなくもなかったのですが、1本サゴシが釣れました。トリプルフックが頭に刺さってます。(笑)

あんまり、食いには関係ないのかなぁ・・・。 でもこのワイヤーハリスはよれが戻りません。一旦よれると伸ばして見てもダメです。
とりあえず1本釣ってくれましたので、お役御免にしました。
 
40m付近でエサが止まったので、電動フルスロットルで巻き上げたら、穂先が入りました。今度も同じぐらいのサゴシでした。
 
今日は、私の師匠である弟子2号さん(紛らわしくてすんません 笑)が他船で
タテ釣りをされてまして、サワラが釣れないので何とかしてくれと頼まれました。
できれば、サゴシではなくサワラを持って帰ってもらいたい。
 
終盤、一発当たりました。今度はサゴシより大きい感じです。
電動でまきあげてきますと、あと20mのところでテンションが外れました。
 
そろそろタモ入れタイムだろうと、フットワークの軽い船長がきてくましたが、
「あれっ? ばれちゃった?」って、「はいちょっと横着こいてました。」(^^ゞ
なんせ、自宅消費のサワラはあるんで・・・(゜O゜)☆\(^^;) バキ
 
でも、船長って凄いね。操船しながらでもちゃんと誰の竿を曲がっていて
そろそろタモ入れの頃ってわかるんだね。操舵室にずっと入ってるからわからいなだろう思ってましたが、今日はちょっと驚きでした。
 
最終結果は、
 70cmサワラ1本、約50cmのサゴシ2本、30cm超のマアジ1匹
 
 カツオは没になったけど、食べたかったサワラが釣れて万々歳。
 美味しいものを食べると、思わず笑っちゃいますが、サワラの刺身は
 まさにそれですね。家族全員、笑っちゃってました。(^^)
 
弟子2号さん、サゴシとシオ&ツバスの交換ありがとうございました。
念願のシオの刺身が食べられて、これまた嬉しゅうございました。
 
また、Pokiさんにも偶然岸壁でお会いできてうれしかったです。
また、よろしくです。 
 
強丸の船長にはお世話になり、ありがとうございました。<(_ _)>

やっぱり1年おきなのか?

カツオがダメです。(T_T)
初日に釣れて以来、6日連続撃沈のようで、今日から釣り物を変えていくようです。
ということで、21日の予約をキャンセルしました。
リールも買って、PE12号やカツオコードも買って、ハリスも結んだのにねぇ・・・。
相手がつかまらないんじゃ、しょうがないですね。
 
ここ5年ぐらいの釣果を調べると、御前崎のカツオは1年おきに好調だったんです。
で、昨年好調だったから、今年はちょっと心配していたんですが、現実になっちゃいました。でも、10月にひょっこり現れた年もあるので、まだかすかに期待してたりするわけですが・・・(^^ゞ
 
さてさて、今回は運が良かったのか悪かったのか・・・?
先週はタッチの差で予約が取れず、運の悪さを嘆いていましたが、もし行っていたら
撃沈していたわけで、結果的には運が良かったということ?
 
それにしても、8月以降、すっかりカツオに振り回されました。
カツオ用リールを引き取るために、わざわざカサゴ釣りに行き、なかなかカツオが来ないので、やむなく鯛チョクリに行ったら見事に坊主をくらい、ようやくカツオが来たと思ったら予約がとれず、次週に予約を取ったらカツオはもういない。
「もう、いいかげんにしてくれ!!」状態です。(爆)
 
さて、ポッカリ空いた今週末はどうしましょう? お天気はよろしくないようで・・。
鳥羽沖のタテ釣りが始まったようなので、そちらへ出かけてもいいのですが、
28日にタテ釣りの予定が入ってるし・・・。
 
でも、ひょっとして28日までにまたカツオが現れたら・・・なんて。(^^ゞ
やっぱり、まだカツオに振り回されてますね。(大笑)
 

さ、3万円?(@_@;)

最近、美味しい刺身をたべてない。
思うように釣りに行けてないし、行っても「坊さん」だったりして・・・(^^ゞ
 
昨日も、絶好の釣り日和の中(笑)、「せともの祭り」に出かけた。
そこで、お刺身用の皿を2枚1500円で買ってきた。
そうすると、どうしてもこの皿で刺身を食べてみたくなる。

ひょっとして、釣友から、お裾分けの連絡がくるのでは?
な~んて、期待するも、そんな都合のいい話はあるはずもなく、近所のスーパーに
魚を買いに行った。 スーパーの刺身ってイマイチなんだけど、背に腹はかえられない。
 
そこで見つけたのが、丸々と太った50cmは超えているんじゃないかと思われる
「アカムツ」で、ラップにグルグル巻きにされて、他の魚とは明らかに特別待遇。
 
以前、これより小さいアカムツが確か7000円ぐらいで売られていたので、今回は
いったいいくらなんだろうと、覗きこんだら、な、なんと30000円の値札!!
 
見間違えたか?と、もう一度覗き込むと、間違いなく、30000円。(爆) 
これはたぶん、私が、今までここの魚売り場で見た中で、一番の高額だろうと思う。
アカムツって、すんげー高級魚なのね。(@_@;)
 
当然、そんなの買えるわけないので(ってか、このスーパーで買う人がいるの?)、サンマとイワシの刺身を買って帰って、皿に盛りつけた。 悪くないねぇ(^○^)
 
お味のほうですが、サンマは、まあこんなもんかなぁ・・って、感じだっただが、イワシは、しこたま生姜をいれないと、臭くて食べれたもんじゃなかった。
やっぱり、スーパーの刺身に期待しちゃいけない。
 
嗚呼、もう、ひと月以上新鮮なお魚を食べてないなぁ・・・(T_T)
 
来週こそは、と思っているんだけど、期待のカツオ君は、初日こそよかったものの、その後4日連続で撃沈の様子。今週前半の様子を見て、復活の兆しがないようなら考えなければ・・・。
 
鳥羽沖のタテ釣りで、いよいよベイトが付き始めたようだし、そちらに乗り換えるか?
それとも、3万円のアカムツを狙いに行こうか?(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
今週も悩ましいところで、ござんす。
 
 
 
 

矛盾?

先日おじゃました、大物釣り専門の釣具屋さんでのこと。
昨年のカツオ釣りの前にも、一度お邪魔して、鈎だけ買ったことがある。
 
店内にはアリゲーターとか剛樹とか、大物専用の竿やリールがゴロゴロ置いてあって、値段は十万円以上が当たり前の世界。そんなところで、千円ぽっちのものしか買わない私なんかは、とてもお客とは言えない。(^^ゞ
 
でも、ちょっと知りたい情報があったので、店員さんに質問すると、わざわざ店長さんが、2階から降りてきてくれて、親切に教えてくれました。
さらに、いつかはやってみたい「大物泳がせ」の話についても、私の超ど素人の質問に対して、馬鹿にするわけでもなく、とてもわかりやすく説明してくれまして、本当に、素晴らしい店長さんでした。
 
で、店長さんに勧められのが、ケイムラ鈎。 カツオにはケイムラ効果抜群らしい。

もちろん、ためしに買ってみました。これで仕掛けを作りなおしてみよう。
 
でね、家に帰って思ったんです。店長さんから教えていただいたオキアミのつけ方は、「針が隠れるように、針に沿って、くるっと丸めるように1匹刺す」でした。
 
針がオキアミですべて隠れてしまったら、ケイムラ鈎の効果はあるのかな?(^^ゞ
 
またまた、悩みが増えてしまいました。(爆)

予約で撃沈(T_T)

今日から出始めたカツオ船。 「爆釣早上がり」の報がHPに記されいた。
でも、HPでは土日の釣り物は「五目 空き十分」 「鯛五目空き十分」となっていた。
やっぱ釣り物変わらないのかなぁ・・、すると玄人好みの船にのらないといけないか?
 
そんなことを思いながら、某釣り具店に出かけた。ここの店長なら大物釣りなどの
船は良くご存じのはず。カツオの仕掛けなどを聞きながら、「玄人好みの某船に
素人が乗っても大丈夫だろうか?」と伺うと、「あまりおすすめしない」と・・・。
 
ならば、昨年お世話になった船の釣り物が変わる事を期待しようと、仕事場からHPにアクセスすると、すでに日曜日は「カツオ 満」 土曜日は「カツオ 空きあり」に変わっているではないか!。(@_@;)
なんじゃー??、ほんの2時間前まで、土日はカツオのカの字もなかったのに・・・。
 
あわてて電話で、土曜日の予約をお願いすると、すでに満員になっちゃったって。
そ、そんな、バカな・・・。(T_T)  一瞬の戦いだったのね・・・
 
臨戦態勢のつもりだったけど、他の人はもっとシビアな臨戦態勢をとっていたのね。
私、完全に平和ボケしてました。(爆)
 
21日は、まだ空いてると言うので、とりあえず予約したけど、それまでカツオがいてくれるかどうか、それに海況が大丈夫かどうか・・・。
 
なんか、今年はチグハグでごじゃりまする。(T_T)
 
そんなことで、また今週末もヒマヒマおじさんになってしまった。(爆)
 

PEブレーカー

船釣りをするようになって、それまで縁のなかったPEラインを使うようになった。
海上釣り堀の時は、ナイロン道糸を使っていたので、根掛かりしても、手袋していたら手に巻きつけて引っ張れば、なんてことはなかった。
 
でも、PEの場合は、手袋してても思いっきり食い込んで、ハリスが10号ぐらいだと
ちょっと痛くてヤバイ感じだった。
そこで、買ったのはPEブレーカーなるもの。2年前、島根に遊びに行ったときに乗せてもらった船で、私が根掛かりしたら、船長がこれを貸してくれた。
なかなかのすぐれものだと、帰ってきてからすぐに買った。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、今まで、鳥羽沖で何度も活躍してくれました。
でも、鳥羽で使うのはせいぜい道糸はPE4号とか、フロロの6号、ハリスも太くて10号ぐらいです。今回太いPEをリールに巻いていたら、『もしこれが、道糸PE12号以上で、ハリスが50号とかになったらどうなるんろう』という不安がよぎった。
もし、握っているPEブレーカーが耐え切れずに潰れちゃったら、私の手も・・・・・
ギョエー!!
 
で、思い出したのが、私がいつも楽しみに読んでいる(読み逃げだけですが・・)
ブログの記事。こちら↓
 
なるほど、自分で作れるんだ。(^○^)  そこで、いろいろネットで調べてみると
PEブレーカーには輪っか状だけでなく、棒状のものがあることがわかりました。
これなら、不器用な私でも作れちゃいそうです
 
そんなことで、通りがかったホームセンターで、材料を物色。

手ごろな鉄パイプと、ゴムシートを発見。しめて、276円也~(^○^)
あっ、テレビのリモコンは、PEブレーカーの材料ではありません。(爆)
 
家にあった接着剤を塗って、鉄パイプにクルクルと巻きつけます。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大して考えずにまいたら、少しずれてしまいました。(^^ゞ
じゃあ、ビニールテープで誤魔化しちゃえ、ということで、家にあった黄色いビニールを巻きました。本当は黒いビニールテープがよかったんですが、これ以上コストはかけられません。(爆)

 
これで、出来上がりです。まあ、こんなもんでしょう。(^○^)
あとは、本当に使えるのかを現場で試すだけです。
そんな太仕掛けの釣りを本当にするのかって疑問もありますが・・(^^ゞ
 
でもね、思ったんです。これって鉄パイプでしよ、だから、カツオの頭を叩いて気絶させるにはちょうどいいかもって。
ためしに、軽く自分の頭を叩いてみたんです、メッチャ痛いわーー(T_T)。
 
「親父狩り」に使われては行けませんので、子供達には内緒にしておこう。(爆)

臨戦態勢です

先日の鯛チョクリで坊主をくらって、リベンジに行く気にもならないくらい意気消沈していたんだけれど、御前崎にようやくカツオが現れたようで、ここにきて一気にやる気が出て来た。(笑)
 
台風通過後の明日からカツオを追いかけるそうで、もし釣果がよければ週末に予約を入れるつもり。ただ、昨年カツオでお世話になった船宿の土日の釣り物が五目とか鯛五目になっているのが気になる。希望が多ければ 先の予約者と相談して、カツオに変更されることもあるとは、言っていたが・・・。
 
 
そんなことで、先日買ったタナコン750にPE12号300mを巻いた。

初めてコイツに通電したんだけど、巻き音が「ガー」とうるさくてビックリ(@_@;)
 
いままで使っていたシマノの電動は、「ウイーン」って感じで、それほど大きな音ではなかったんだけど、メーカーによってずいぶん音が違うもんなんですね。
ダイワの電動リールは初めてなので、他の機種は知りませんが・・。(^^ゞ
ひょっとすると、シマノも大型リールになると、「ガー」ってなるのかな?
 
それにしてもPE12号って太いですね。「糸」っていうより「ひも」って感じ(笑)
こんなのをぶち切ってく魚なんかいるのか?
 
先日、某船宿に聞いたら「泳がせの底物狙い」だと、PE20号ぐらいを使うようなこと言ってたけど、そんなのもう「ロープ」じゃんね~。(爆)
 
 
さて、カツオでは使わない「主力リール」を修理に出そうと思っていたんだけど、
「カツオリベンジ戦」の可能性は高いので(笑)、軍資金が乏しい今は、無駄な出費は控えなければならない。 フォースマスター1000君、修理はもうちょっと待ってね。

液晶の3ケタ目の数字の表示が(赤い四角部分)、が時々おかしくなるのよねー。
常にダメなら、すぐに修理に出すんだけど、釣りの途中で時々ダメになって、しばらく経つとまた正常になったりするので、やっかいなのだ。
 
カツオが終わった後の、タテ釣りやウタセ真鯛では活躍してほしいので、しばらく休息してもらって、年末にオーバーホールするまでは、「がんばれよ~」、とか「疲れてないか~」とか、ご機嫌取りながら、使うことにしよう。(爆)
 
なにはともあれ、カツオ君、どうかお友達に声かけあって、大勢でいらして下さいね。
オキアミ付けて、こころばかりの「おもてなし」をさせていただきます。(^_^)v
 
昨年の船宿がカツオ釣りにならなかったら、もう一つの船宿しかない。
あの船は、玄人好みの船みたいだから、初心者が一人で行くのは勇気がいるよなぁ・・。(^^ゞ
 
とりあえず、両船の明日の釣果が楽しみです。
釣れていたら、「週末カツオで出ませんか?」と、昨年の船宿にもう一度聞いてみよっと。(*^_^*)
 

異常なの?

昨年の今頃は、御前崎ではカツオで盛り上がり、鳥羽はタテ釣りで盛り上がり、
越前沖でちょっと小さめのヒラマサがバンバン上がって盛り上がっていたと思う。
 
でも今年は、それらのどれも今のところ盛り上がってない。
まあ、鳥羽沖では大鯛が釣れまくって、「こんなこと初めてだわ」と大騒ぎなんだけど、何故か私だけ蚊帳の外。(爆)
 
私が蚊帳の外なのは、とくに異常でもないんだけど、今年の海は昨年と違うみたい。
今年が異常なのか、昨年が異常だったのか、はたまた、こんなもんは誤差範囲なのか、いったいどうなんでしょうね。
 
イサキがだいたい2週間ぐらい遅れた感じだったから、これらも2週間遅れとすると
もう始まってもおかしくないんだけど・・・??
 
早く、昨年のように盛り上がってくれないと、いつまでたっても先日の傷を引きずっちゃうじゃんねー。(爆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する