FC2ブログ

2014-08

チョクリにおちょくられ・・(T_T)

8月30日(土)  海栄丸  天気・・・曇りのち晴れ  中潮  5時半出船12時帰港

 
前回釣行の帰りに、PE12号が巻ける電動リールを手に入れたので、「次回はカツオ釣り」と心は決まっていたのだけれど、御前崎の船からは、カツオが釣れたという朗報が一向に聞かれない。そこで、もしカツオがいないのなら、このリールが使えそうな「金洲大物泳がせ」に挑戦してみようかという、とんでもないことまで考えていた。
 
そんな中、鳥羽沖の鯛チョクリが絶好調で、連日大きな真鯛がバンバン釣れており
万年さん、Pokiさん、サッカンさんと、素晴らしい釣果を披露してくれた。
最初は「やっぱ、鯛はウタセ真鯛でしょ」と、鯛チョクリにはなんとなく反感を持っていたんだけれど、「金洲の泳がせ」はまだ敷居が高いし、「こんなに釣れるんなら行ってみようかなぁ」なんて助平根性が出て来た。(笑)
 
そこで、お誘いしたのが、弟子2号さん。昨夏、海栄丸船長から「試しに鯛チョクリをやってみくれ」と言われて3枚ほどあげられた経験があり、いわゆる「鳥羽鯛チョクリの先駆者的存在」なのだ。まあ、経験はその1回だけなんですが・・・(爆)
いつもは鯛釣りには行かない弟子2号さんなんですが、「サワラ狙いで行ってみましょうか」ご一緒していただくことになった。ラッキー(^○^)
 

今日は、6月に買った、シマノのバイオセンス50-270の「入魂式」を行うことにした。私が持ってる竿の中で、一番の高級品。果たしてサワラ、大鯛にどんな曲りを見せてくれるか、楽しみです。
 
8人の満員御礼で5時半出船。1番くじで私は左舷艫、弟子2号さんは左舷大艫です。
本日の操船は寛都君で、船長が中乗りをしております。船長修行のようですね。
がんばれ~若船長!(^○^)
 
サワラは朝イチがチャンスのようですので、先日作った「サワラ用冗談仕掛け」で
スタートします。船長もヘンテコな私の仕掛けを見て、「まあ、朝はそれほど鯛も釣れんだろうから、ベイトの巾の上の方でサワラを狙ってみれば」と笑ってました。(^^ゞ
弟子2号さんもワイヤー仕掛けにワームを付けてサワラ狙いです。
 
いわゆる「道楽仕掛け」を真似したものなんですが、「下の小針に小さなイワシが食いついて、サワラが大きな鈎ごとそのイワシに食いつき、蛍光チューブがその歯からハリスを守る」という想定でした。(笑)

ところが、実際に使ってみると、こんな感じ↓で丸まって上がってきます。(^^ゞ

致命的欠陥ですね。これでは使い物になりません。作っているとき、チューブがカールしているのをなんとなく不安に感じていたんですが・・・(爆)
 
それでも、せめて小針にイワシが付いてくれないかと、チューブを引っ張りながら
1時間ぐらい頑張ってみましたが、一度も食いついてくれませんでした。
小さなイワシでも、そこまでバカじゃないってことですね。(^^ゞ
そこで、大鈎に冷凍キビナゴを付けてみましたが、やっぱりだめで・・・(T_T)
 
右舷大艫の方の竿が突き刺さりまして、お刺身サイズの鯛が上がってきました。
どうやら鯛の時間が来たようですので、自作の鯛チョクリ仕掛けに付け替えました。
 
船長が仕掛けに付いてるルミックスダンサーを見て、「これ買いたかったんだけど、ここらには売ってないんだよね~」って。サッカンさんがこれで沢山釣られたので、気になっていたんでしょう。さらに、私の針(真鯛王)をみて「平打ちの針の方がキラキラしていいよ」と教えてくれました。 大丈夫、ちゃんとそれも作って来てるから(^○^)
 
巻き速度を「4~7」の間で、いろいろ変えてみるのですが、なかなかアタリが出ないので、ためしにタコベイトを付けてみました。
それを見た船長が「タコベイトで釣れたのは見たことないなぁ、サバは食うけど・・。」
なるほど、20cmぐらいのサバが速攻で食ってきました。(爆)
 
またまた右舷大艫の方の竿が突き刺さって、今度は大鯛です。巻き速度を伺うと
「7」とのこと。私と同じだよなぁ・・・。何が違うんだろう? 仕掛けか?
そこで、その方が使っておられる船宿支給の「艶々真鯛」に切り替えてみました。
しかし、しばらくやってもアタリがありません。
 
船長が「ワーム付けた方がいいぞ」と教えてくれたのですが、なんとなくワームには
抵抗感があって、あえて買って来てません。船長が2つ分けてくれました。
すると、このワームにも、しっかりサバ君が反応してくれました。(泣)
タコベイトにはサバ、ワームにもサバ、私はどうすればいいの??
 
そんなとき、右舷艫に大鯛が上がりまして、仕掛けをみると、私が鳥羽のエサキチで買った瀬戸内用の仕掛けを使っているではありませんか。(@_@;)
 
鯛チョクリは瀬戸内地方が本場のようでして、どうせなら本場の仕掛けを使ってみるのも面白いかもと、ネットで良さそうな仕掛けを見つけたのですが、思いついたのが前日だったので、通販では間に合わず諦めてました。
 
そこで、鳥羽のエサきちで何かそれに近いものはないかと物色していたら、
私が欲しかった仕掛けのイメージとは違ってましたが、本場の仕掛けが置いてありましたので、一つ買ってみたのです。14mの長い仕掛けなので、半分にして使うことにしました。
 
ここで、ちょっと嫌な予感がありました。「他人の後追いはドツボにはまる。」という
かつて海上釣堀で学んだジンクスです。いったい何度はまったことでしょう・・・(爆)
 
しかし、ここは船、釣り堀ではありません。変な予感を振り切って本場仕掛けを使います。 でもお友達はやっぱりyサバ君だけ。
もう頭にきて、「まだ針は残っとるわい!」とサバ君を付けたままでゆっくり巻上てきたら、胴の間の方と祭ってしまい、仕掛けグシャグシャになってしましいた。
お互いに「どうもすみません」(^^ゞ 仕掛けを解きながら、若船長がこそっと私に、「サバを付けままほかって置いたらダメですよ。からんじゃうから」って。
あら見てたのね~。ごめんちゃい、私がお祭りの犯人です。<(_ _)> 
 
さて、困りました。本場仕掛けでも私には鯛は食いついてくれません。
右舷側はそこそこ形が見えているようですが、左舷はまだ常連さんの1枚のみ。
弟子2号さんも諦めモードで、お休み中です。(爆) まっ、移動中ですけどね。(^^ゞ

終盤に入り、周りでもそれなりに鯛が上がっているようでした。
 
船長から「あとは、あんたら二人だけになったわ」とプレッシャーが・・・(^^ゞ
弟子2号さんに「討ち死にするときは、一緒にしようね」とお願いしておきましたが、
果たしてそんなに上手くいくでしょうか。なんせ彼は先駆者です。(笑)
 
嫌~な予感がどんどん増してきますが、最後の望みを、まだ使ってない平打ちイサキ針の自作仕掛けにかけてみました。
 
最初は、「サワラが1本とれれば充分。鯛なんか、1~2匹ならなんとでもなるわ」と思っていたのですが、今は「真鯛様、どーか私に愛の手を」と祈るような気持ちで
仕掛けを落とします。
 
すると、穂先がプルプル・・・・、 わっ、出たーサバ!!(爆)
 
もう残り時間はあとわずか。こうなると、あとは弟子2号が鯛を釣らないことを祈るばかりです。「お願い! 一緒に討ち死にしようね!!」念を押します。
 
と、弟子2号さんの穂先が入りました。「それサバだよね。サバに違いないでしょ?
サバであってくれ~」と上がってくるまで叫んでましたが、笑いながら船長が掬ったのは、真鯛ちゃん。 
 
ガビ~ン(T_T)
 
これで私の「一人撃沈」が決定しました。(爆)
 
それにしても、今日は鯛のアタリがわかりませんでした。らしいアタリは確かにあったのですが、この釣りは合わせちゃダメと聞いていたので、コツコツッときても巻きながら待ってるとアタリは消え、それじゃぁと、今度は少し送り込んで聞いてみると、スカだったり・・。 どうしたらよかったのでしょう??
う~む、サッパリわからんがー (^^ゞ
 
船長から、「午後便も乗ってく?」と誘われましたが、もはやそんな気力もありません。とても今の私に釣れる気はしませんでした。
鯛を舐めていた私がバカだったのです。 鯛様、本当にごめんなさい。
 
でも
 
鯛なんか
 
鯛なんか
 
鯛なんか
 
大っ嫌いだー!!(爆)
 
 
 お付き合いいただきました弟子2号さん、ありがとうございました。
 最後は、見事に心臓をえぐられました。(笑)
 
船長、若船長にもお世話になり、ありがとうございました。
またまた一人撃沈をしてしまいましたが。今後ともよろしくです。(^^ゞ
見捨てないでね~(爆) 
残念賞の生わかめ、大変美味しゅうごさいました。<(_ _)>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する