FC2ブログ

2014-08

ムツ鈎に悩む

「ヒネリとは、ハリをねじっている商品をヒネリありと言います。
その効果は、空中で糸付の状態でハリ先を上から押さえると、ハリが回転します。
この現象を利用し魚がハリ掛かりした時、ハリがより深く魚肉をとらえながら刺さる作用を促します。
デメリットですが、エサを付ける場合、直線的に装着するのが難しく、仕掛回収時に水圧によってエサが回転することがあります。」 (OWNER HPより転載)
 
 
今まで大して考えてみたこともなかったんだけど、ヒネリってどうなんだろう?
 

これらは、最近購入したムツ鈎。(OWNERじゃないです。(^^ゞ)
左の16号は、ヒネリが入ってますが、他の二つは「ヒネリなし」です。
先日お蔵入りした(笑)アカムツ仕掛けは、写真の16号で作りました。
 
でも、市販のアカムツ仕掛けやオニカサゴ仕掛けをみると、「仕掛けが回転しないヒネリなしの鈎を使用」と謳っています。
『やっぱり、ヒネリがない方がいいのか?』と 市販仕掛けで使っているようなムツ鈎を探したのですが、ないのよね~。(T_T)
お店にあった「ヒネリ無し」の鈎は、写真の二つと、「極ムツ」ぐらいで、あとのものはヒネリが入ってました。 主流はヒネリあり??
 
次回は、オニカサゴ狙いなので、その名の通り「オニカサゴ 18号」で仕掛けを作るつもりなんですが(笑)、先日作ったアカムツ仕掛けは 『鈎を付け替えたほうがいいのだろうか?』と、お蔵入り覚悟(爆)で「ケイムラヒネリ無し」も買ってみました。
そうそう、このケイムラ鈎、高かったです。680円だったかな? (@_@;)
 
実際、ヒネリの有無って釣果に違いが出るんでしょうか? 
かつて海上釣堀で、ヒネリのある鈎をなんとなく好んで使った時期もあったのですが、ヒネリの無い鈎との違いなんて、全くわかりませんでした。(^^ゞ
 
相当な経験を積むと、違いがわかるのかなぁ・・・。
 
そういえば、市販仕掛けに使われているような、ヒネリ無しムツ鈎を見つけました。
それは、下田漁具のムツ鈎。 これ安いし、格好もいいじゃん。(^○^)
 
でも、これ、200本入りなのよね~。(@_@;)  私、漁師さんじゃないんで・.・・
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する