FC2ブログ

2014-08

チョクリにおちょくられ・・(T_T)

8月30日(土)  海栄丸  天気・・・曇りのち晴れ  中潮  5時半出船12時帰港

 
前回釣行の帰りに、PE12号が巻ける電動リールを手に入れたので、「次回はカツオ釣り」と心は決まっていたのだけれど、御前崎の船からは、カツオが釣れたという朗報が一向に聞かれない。そこで、もしカツオがいないのなら、このリールが使えそうな「金洲大物泳がせ」に挑戦してみようかという、とんでもないことまで考えていた。
 
そんな中、鳥羽沖の鯛チョクリが絶好調で、連日大きな真鯛がバンバン釣れており
万年さん、Pokiさん、サッカンさんと、素晴らしい釣果を披露してくれた。
最初は「やっぱ、鯛はウタセ真鯛でしょ」と、鯛チョクリにはなんとなく反感を持っていたんだけれど、「金洲の泳がせ」はまだ敷居が高いし、「こんなに釣れるんなら行ってみようかなぁ」なんて助平根性が出て来た。(笑)
 
そこで、お誘いしたのが、弟子2号さん。昨夏、海栄丸船長から「試しに鯛チョクリをやってみくれ」と言われて3枚ほどあげられた経験があり、いわゆる「鳥羽鯛チョクリの先駆者的存在」なのだ。まあ、経験はその1回だけなんですが・・・(爆)
いつもは鯛釣りには行かない弟子2号さんなんですが、「サワラ狙いで行ってみましょうか」ご一緒していただくことになった。ラッキー(^○^)
 

今日は、6月に買った、シマノのバイオセンス50-270の「入魂式」を行うことにした。私が持ってる竿の中で、一番の高級品。果たしてサワラ、大鯛にどんな曲りを見せてくれるか、楽しみです。
 
8人の満員御礼で5時半出船。1番くじで私は左舷艫、弟子2号さんは左舷大艫です。
本日の操船は寛都君で、船長が中乗りをしております。船長修行のようですね。
がんばれ~若船長!(^○^)
 
サワラは朝イチがチャンスのようですので、先日作った「サワラ用冗談仕掛け」で
スタートします。船長もヘンテコな私の仕掛けを見て、「まあ、朝はそれほど鯛も釣れんだろうから、ベイトの巾の上の方でサワラを狙ってみれば」と笑ってました。(^^ゞ
弟子2号さんもワイヤー仕掛けにワームを付けてサワラ狙いです。
 
いわゆる「道楽仕掛け」を真似したものなんですが、「下の小針に小さなイワシが食いついて、サワラが大きな鈎ごとそのイワシに食いつき、蛍光チューブがその歯からハリスを守る」という想定でした。(笑)

ところが、実際に使ってみると、こんな感じ↓で丸まって上がってきます。(^^ゞ

致命的欠陥ですね。これでは使い物になりません。作っているとき、チューブがカールしているのをなんとなく不安に感じていたんですが・・・(爆)
 
それでも、せめて小針にイワシが付いてくれないかと、チューブを引っ張りながら
1時間ぐらい頑張ってみましたが、一度も食いついてくれませんでした。
小さなイワシでも、そこまでバカじゃないってことですね。(^^ゞ
そこで、大鈎に冷凍キビナゴを付けてみましたが、やっぱりだめで・・・(T_T)
 
右舷大艫の方の竿が突き刺さりまして、お刺身サイズの鯛が上がってきました。
どうやら鯛の時間が来たようですので、自作の鯛チョクリ仕掛けに付け替えました。
 
船長が仕掛けに付いてるルミックスダンサーを見て、「これ買いたかったんだけど、ここらには売ってないんだよね~」って。サッカンさんがこれで沢山釣られたので、気になっていたんでしょう。さらに、私の針(真鯛王)をみて「平打ちの針の方がキラキラしていいよ」と教えてくれました。 大丈夫、ちゃんとそれも作って来てるから(^○^)
 
巻き速度を「4~7」の間で、いろいろ変えてみるのですが、なかなかアタリが出ないので、ためしにタコベイトを付けてみました。
それを見た船長が「タコベイトで釣れたのは見たことないなぁ、サバは食うけど・・。」
なるほど、20cmぐらいのサバが速攻で食ってきました。(爆)
 
またまた右舷大艫の方の竿が突き刺さって、今度は大鯛です。巻き速度を伺うと
「7」とのこと。私と同じだよなぁ・・・。何が違うんだろう? 仕掛けか?
そこで、その方が使っておられる船宿支給の「艶々真鯛」に切り替えてみました。
しかし、しばらくやってもアタリがありません。
 
船長が「ワーム付けた方がいいぞ」と教えてくれたのですが、なんとなくワームには
抵抗感があって、あえて買って来てません。船長が2つ分けてくれました。
すると、このワームにも、しっかりサバ君が反応してくれました。(泣)
タコベイトにはサバ、ワームにもサバ、私はどうすればいいの??
 
そんなとき、右舷艫に大鯛が上がりまして、仕掛けをみると、私が鳥羽のエサキチで買った瀬戸内用の仕掛けを使っているではありませんか。(@_@;)
 
鯛チョクリは瀬戸内地方が本場のようでして、どうせなら本場の仕掛けを使ってみるのも面白いかもと、ネットで良さそうな仕掛けを見つけたのですが、思いついたのが前日だったので、通販では間に合わず諦めてました。
 
そこで、鳥羽のエサきちで何かそれに近いものはないかと物色していたら、
私が欲しかった仕掛けのイメージとは違ってましたが、本場の仕掛けが置いてありましたので、一つ買ってみたのです。14mの長い仕掛けなので、半分にして使うことにしました。
 
ここで、ちょっと嫌な予感がありました。「他人の後追いはドツボにはまる。」という
かつて海上釣堀で学んだジンクスです。いったい何度はまったことでしょう・・・(爆)
 
しかし、ここは船、釣り堀ではありません。変な予感を振り切って本場仕掛けを使います。 でもお友達はやっぱりyサバ君だけ。
もう頭にきて、「まだ針は残っとるわい!」とサバ君を付けたままでゆっくり巻上てきたら、胴の間の方と祭ってしまい、仕掛けグシャグシャになってしましいた。
お互いに「どうもすみません」(^^ゞ 仕掛けを解きながら、若船長がこそっと私に、「サバを付けままほかって置いたらダメですよ。からんじゃうから」って。
あら見てたのね~。ごめんちゃい、私がお祭りの犯人です。<(_ _)> 
 
さて、困りました。本場仕掛けでも私には鯛は食いついてくれません。
右舷側はそこそこ形が見えているようですが、左舷はまだ常連さんの1枚のみ。
弟子2号さんも諦めモードで、お休み中です。(爆) まっ、移動中ですけどね。(^^ゞ

終盤に入り、周りでもそれなりに鯛が上がっているようでした。
 
船長から「あとは、あんたら二人だけになったわ」とプレッシャーが・・・(^^ゞ
弟子2号さんに「討ち死にするときは、一緒にしようね」とお願いしておきましたが、
果たしてそんなに上手くいくでしょうか。なんせ彼は先駆者です。(笑)
 
嫌~な予感がどんどん増してきますが、最後の望みを、まだ使ってない平打ちイサキ針の自作仕掛けにかけてみました。
 
最初は、「サワラが1本とれれば充分。鯛なんか、1~2匹ならなんとでもなるわ」と思っていたのですが、今は「真鯛様、どーか私に愛の手を」と祈るような気持ちで
仕掛けを落とします。
 
すると、穂先がプルプル・・・・、 わっ、出たーサバ!!(爆)
 
もう残り時間はあとわずか。こうなると、あとは弟子2号が鯛を釣らないことを祈るばかりです。「お願い! 一緒に討ち死にしようね!!」念を押します。
 
と、弟子2号さんの穂先が入りました。「それサバだよね。サバに違いないでしょ?
サバであってくれ~」と上がってくるまで叫んでましたが、笑いながら船長が掬ったのは、真鯛ちゃん。 
 
ガビ~ン(T_T)
 
これで私の「一人撃沈」が決定しました。(爆)
 
それにしても、今日は鯛のアタリがわかりませんでした。らしいアタリは確かにあったのですが、この釣りは合わせちゃダメと聞いていたので、コツコツッときても巻きながら待ってるとアタリは消え、それじゃぁと、今度は少し送り込んで聞いてみると、スカだったり・・。 どうしたらよかったのでしょう??
う~む、サッパリわからんがー (^^ゞ
 
船長から、「午後便も乗ってく?」と誘われましたが、もはやそんな気力もありません。とても今の私に釣れる気はしませんでした。
鯛を舐めていた私がバカだったのです。 鯛様、本当にごめんなさい。
 
でも
 
鯛なんか
 
鯛なんか
 
鯛なんか
 
大っ嫌いだー!!(爆)
 
 
 お付き合いいただきました弟子2号さん、ありがとうございました。
 最後は、見事に心臓をえぐられました。(笑)
 
船長、若船長にもお世話になり、ありがとうございました。
またまた一人撃沈をしてしまいましたが。今後ともよろしくです。(^^ゞ
見捨てないでね~(爆) 
残念賞の生わかめ、大変美味しゅうごさいました。<(_ _)>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



「お蔵入り」にはならんと思うが・・・(笑)

毎度の仕掛け作りでござりまする。(^^ゞ
 
ここのところ、仕掛けを作っては、釣りに行かないというパターンが続いてましたが、
今週末は、出かけることにしました。(笑)
 
今、鳥羽沖では「チョクリ」という釣り方で、鯛がよく釣れているそうです。
瀬戸内海方面で「鯛サビキ」と呼ばれている釣り方だろうと思います。
長いサビキ仕掛けを一定の速度で巻き上げて釣るそうです。
 
ここら辺りでは、昨年タテ釣りが始まったばかりの頃、まだ充分にイワシが回ってこないので短期間だけ試されたようですが、その後イワシが順調に回りだして、すぐにタテ釣りに切り替わり、大したブームにはなりませんでした。
 
ところが今年はそのイワシがまだ小さすぎて、タテ釣りの針には付かないようでして
、試しにチョクリをやってみたら、バンバン鯛が釣れて、「なんじゃこりゃー!!」となったようです。(笑)
私の釣り友も仕事をサボって、大漁旗を上げておりました。(爆)
 
2週連続でこの釣りに行かれて、竿頭となられたサッカンさんから仕掛けなどを教えていただきまして、早速買ってきました。
 

このルミックダンサーというのが、船宿の仕掛けより良かったそうです。
で、6本鈎で↓こんなように作って見ました。
全長約6m。めっちゃ長いのね~。(@_@;) ウタセ真鯛とか完全フカセで10mぐらいの仕掛けを扱ったことはありますが、サビキでこんな長いのは初めてです。
手前祭りで釣りにならんかもしれん・・・(^^ゞ

実は、もう一つ遊び半分で仕掛けを作りました。
 
コイツ↓です。 狙っているのはサワラ君。(*^_^*)  
 

船長の話によると、サワラがちょくちょくハリスを切っていくそうです。
タテ釣りの仕掛けにはベイトが小さくて付かないけど、サビキ仕掛けには時々つくそうで、それを狙ってサワラが食いつくとのことでした。 
サワラのお刺身って美味しいですよね~。(*^^)v
 
で、考えたわけです。小さい鈎なら小さなベイトが付きやすいですよね。そのすぐ上に大きな針があっても、お馬鹿なサワラ君だったら、間違って一緒に食べちゃうんじゃないかって。(爆)
 
本当なら、もっと軸の長い環付鈎をワイヤーハリスで結べばいいのでしょうが、とりあえず今あるもので、6本鈎(12本か?笑)約4mの仕掛けを作ってみました。(笑)
 
どうなるでしょうねぇ・・。これでサワラが1本獲れたら、大笑いです。(*^_^*)

「お結び」の練習

昨年の今頃、御前崎は、カツオフィーバーしていたんだけど、現状はさっぱりみたいです。
 
そこで、暇ついでに、ハリスの結び方の練習をしております。

ハリスはナイロン30号、針は環付カンパチヒラマサの16号。
 
昨年は、ネットに公開されていた「坂本結び」を釣行直前に練習して、全く自信無いまま持っていきました。(笑) その時は4回アタリがあって、かろうじて、1本は釣り上げたものの、チモトで瞬殺されたのものもありました。
 
そんなことで、釣行数日後、次回のためにと、チューブを入れてチモト補強をして結んでおいたのですが、調べてみると、どうも私が「坂本結び」と思っていた結び方の他に、もう一つ「坂本結び」があることがわかりました。
 
とりあえず動画を何度も見ながら練習してみました。

 
右側の結び方が、昨年覚えた「坂本結び」で、左側が先日から練習している「坂本結び」です。大きな違いは、チモトの枕の有無でしょうか?
 
どちらが「本物」なのか、よくわかりません。
坂本結びと書いてある市販の仕掛けでも、枕のある物とない物が、あります。
結びやすいのは、右側なんですが、某釣り具店開発?の「最強結び」と同じようなかんじでもあります。
 
左側は、枕の上を通っている本線が簡単に切れるのではないかという不安もあるのですが、どうなんでしょう??  多少不安はありますが、 折角新しい結び方を覚えたので、今回は左側で結んでみようと思います。
 
さて、もう一つ悩ましいのは、サルカンとの接続。
太いハリスには、完全結びがいいと書いてあるのですが、締めるときにハリスがよれてしまって、上手くいきません。
いつも使ってるダブルクリンチノットの方が使い易いのですが、強度が弱い??
 
それにしてもハリスが太いと、結ぶのに苦労しますね。 指が痛いし・・(笑)
 
 
強力?電動リールを買ったので、今シーズンもしカツオが来なければ、大物泳がせ釣りをやってみるかと、船宿に仕掛けを聞いてみたら、ハリス50号って!!(@_@;)
さらに、「PE12号では心もとない」とか、「そのリールでは弱いかも・・」とも。
な、なんと怖ろしい世界だこと(大笑)
 
カンパチ狙いの泳がせならハリス30号でOKとのことでしたので、とりあえず、30号がしっかり結べるように練習します。(^^ゞ

デカイ!!(@_@;)

先日購入した、ダイワタナコン750。 買うまで実物を見たことがなかったのですが、
今までに買ったリールと比べてみました。
 
こりゃ、デカいわ~(@_@;)

左からフォースマスター1000、3000、そしてタナコン750です。
 
フォースマスター3000を買った時も『デカイリールだなぁ』と感じてましたが、今回は
その比じゃないです。『超デカイ』です。(^^ゞ
 
黒一色で、いい意味で「質実剛健」とも言えますが、ちょっと安っぽい感じも・・・。
まあ、実際に安かったので買ったわけですから、贅沢は言えません(笑)
 
ちょっと裏返してみました。 おや??

左がタナコンで、右がフォースマスターです。
シマノのフォースマスターにはコードの差し込み口にピンが6本ありますが、ダイワのタナコンには、2本しかありません。
 
ダイワのリールは、どれもそうなんでしょうか? それともこの機種だけなんでしょうか? 電動リールはこれが3個目で、ダイワ製は初めてなのでよくわかりません。
当然2本だけでもちゃんと動くんでしょうけど(笑)、シマノは6本もあるのにとか、
ダイワでも上位機種ならもっとピンがあるのか?、などと、ひがみが・・・(^^ゞ
 
まあ、頻繁に使うリールではないので割り切るしかありません。
兎に角、早くその実力を体験してみたいもんです。
 
でも、いまだに御前崎からカツオの朗報がありません。
もし、今後もカツオが現れなかったら、このリールはどうなるんでしょう??(爆)
 
まさかのお蔵入り? 
仕掛けのお蔵入りならまだしも、リールのお蔵入りだけはご勘弁くだされ。(汗)

鬼退治

8月16日(土)  海栄丸   天気・・・曇り時々晴れ  中潮
 

先日注文したリールが「入荷した」と三重の某釣具屋さんから連絡があったので、
何がなんでも三重県に釣りに行かなければならなかった。あくまでも、「釣りに行ったついでに引き取る」というようにしないと、安く買った意味がないのだ。(爆)
 
で、毎度の海栄丸に電話を入れた。お盆の釣り物はまだ決まってないようだったので「13日か16日で、タテ釣りかオニカサゴに行きたい」と船長に希望をいうと、タテ釣りはまだベイトが小さ過ぎて食わないらしい。でも、オニカサゴなら行きたがってるお客さんもいるらしく、船長がその方の都合を聞いてくれて、「16日大王沖オニカサゴ(カサゴ五目)決定!!」となった。
 
 
オニカサゴなら行きたい人もいるだろうから、『誰か一緒にいかないか~?』と掲示板に書き込んだら、弟子2号さんからは「旅行中でダメ」とか、釣りガールの父さんからは「お盆は行っちゃダメ!と怒られた」というお返事をいただきガックリきていたのだけれど、なんとか万年さんが食いついてくれた。ラッキー(^○^) 
 
ところが、釣行日が近づくにつれて海況がよろしくない。いつもは天気や波予測を見てから直前に予約を入れるのだけれど、今回は「勢い」で1週間前に予約しちゃたからなぁ・・。 前日の予報では、波2m 南西の風8~10mって感じ。いつもなら、絶対予約しないパターン。大王沖まで行けるか?? ひょっとして島周りとか??
 心配になって船長に電話をいれると「南西は風裏になるから明日は大丈夫」って。
よっしゃー! これで気合が入った。(^○^)
 
そんなとき、0-さんから電話があった。今日も辨屋にいるのかな?と電話を入れると、「釣具屋で船竿を物色中」とのこと。えーっマジ??、どうしたん??(爆) 
というのも、4月のカサゴ五目釣行で、「もう船は乗らん」と言っていた御仁なのだ。
それが、「明日、俺も行くわ~」と言い始めて、まさかの展開。(大笑)  とりあえず、竿は買わずに、私の道具を使ってもらうことにした。
 
前回同様、4時半に鳥羽のエサきちで待ち合わせて、5時前には現地着。
万年さんはもう来ていた。しばらくすると、常連のY木さんも来て、お友達と一緒のよ
だった。席決めのくじでは1番を引いて、「どうでもいい時に1番引くなぁ」と船長にひやかされながら、私が左舷大艫、0-さんが艫、万年さんは胴の間に座った。

40分ぐらい走って、大王沖に到着。水深は60m弱。
カサゴ五目ではあるけれど、仕掛け、餌は完全にオニカサゴを意識してのもの。
仕掛けは幹7号ハリス6号で、全長2m、針はオニカサゴ18号の2本針。
エサはサバ短冊、鮭皮、イカの短冊、カツオのハラモを用意した。
さらに、2~2.5号のタコベイトを半分に切って、針に付けている。
 
1投目、いきなりの根掛かりで、仕掛けをロスト。サルカンからなくっていたんだけど、どういうこと? ちゃんと付けてなかったのか?? なんだかなぁ・・(T_T)
3投目ぐらいで、ようやくアタリがあって、何とか乗ったらそこそこ重たい感じ。
大き目のカサゴかな?と思ったら、途中から竿をたたく。えっ?鬼か??

アヤメカサゴちゃんの下に、30cmぐらいの鬼カサゴがついてました。
ヤッター本命ゲットだぜい!!(*^_^*)
でも、針がお腹に刺さっていたんですけど・・・・(^^ゞ
きっと一旦は口にして、それからお腹に刺さったんだと苦しい解釈。(爆)
 
ここは、やや根が荒いのか、ちょくちょく引っかかって、今度は天秤ごとロスト。(T_T)
しょうがないので、安物の天秤をつかう羽目になったのだが、これがどうもいけない。すぐに仕掛けが絡んでしまうのである。いままで天秤なんてどれでも一緒だろうと思っていたんだけれど、絡みやすい奴、そうでない奴があるのねぇ・・。
ここからは仕掛けのトラブル続出。
おまけになんの仕業かわからないが、何かに道糸をスパッときられて、50m分のPEを持っていかれた。もちろん仕掛けもろとも・・。もうガックリ(T_T)
近くにナブラがたっていたところをみると、犯人はサワラか??
 
しばらくして場所変わり。今度は水深75mぐらいのところ。先ほどより根はきつくなさそう。そんな時に来てくれました。明らかに竿をたたくので、鬼さん間違いなし。

先ほどと同じくらいの鬼君です。こんどは間違いなく食ってました。(笑)
この2匹で、なんとか、今晩家族にオニカサゴの刺身を食わすことができます。
帰省している次男は、オニカサゴは初めてじゃないかなぁ・・。
絶対に「こりゃ美味い!」っていうだろうなぁ・・、ムフフ・・(^○^)
 
できれば、もう1匹ちょっと大きめの釣って、一晩寝かした刺身も食ってみたいなぁ
と思っていたら、またもオニカサゴちゃんです。

こんな小っちゃくても、上げてくるとき、いっぱしに竿を叩くんですね。
でもこいつは20cmにも満たないのでお帰りいただきました。
オニカサゴってのは、成長するのにものすごく時間がかかるそうで、ホントかどうかは知りませんが、1年に1cmぐらいしか成長しないという説もあるそうです。
だから、資源保護のため25cm以下は強制的にリリースさせる船もあるようです。
 
チビ鬼君、何年か後に、大きくなってまた私のエサに食いついてね。 (^○^)
でも、その頃私は、よぼよぼのおじいちゃんですねぇ・・。(笑)
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後半から、結構風が強くなってきまして、船べりの低い大艫では、立っているのがちょっと大変になってきました。
船が苦手と言っていた0-さんは、アネロンも飲まずに頑張ってます。鬼も2匹退治しておりますが、やや気分が悪いのか「やっぱ釣り堀がいい」って。「船竿を買うのはやめた」と言ってましたので、ホントにこれが船釣り最後の貴重写真になるかも(笑)
 
万年さんは途中から何故かオキアミで、サバフグやこの辺りでは珍しい赤イサキを釣ってましたが、なんとか鬼退治もできたようです。そうそう、今回はマーライオンに変身しませんでした。絶対になると思ったんだけど・・(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
私? もちろんアネロン飲んでます。超ビビりですから。(^_^)v
 
今日は、寛都君が鬼の散髪屋さんをやってました。私の2匹も散髪してくれまして、「活かして持って帰る」というと、「じゃあ顔だけそのままにしときますわ~。顔の針を取っちゃうと迫力なくなるから」って。
 
で、家に帰って、クーラーから取り出した1匹。

つついて怒らすと鰓をはって、もっと迫力のある顔になるんですが、暴れられると私の方がビビって触れなくなりますんで、こんなもんで・・・・(笑)
 
活き造りのお刺身は、期待を裏切らない美味しさで、胃袋も最高でした。
翌朝、家内が鬼のアラで吸い物を作ってくれましたが、、家族全員「絶品!!」(^○^)
美味しい魚は、シンプルな食べ方が一番ですね。
 
こんどは、40cm超える鬼を退治してみたいなぁ(*^_^*)
 
本日の釣果、 オニカサゴ 3匹 (1匹リリース)、アヤメカサゴ8匹
 
竿頭はお隣の常連Y木さんかな? オニを5匹も釣ってたなぁ・・。アヤメカサゴも生簀にいっぱいだったし、流石に上手だわ。
 
万年さん、0-さん、今日はありがとうございました。
ご一緒できて楽しかったよ~(*^_^*)
 
また、船長には無理を聞いていただいて、ありがとうございました。
寛都君、Y木さんもありがとうございました。またよろしくです。(^○^)

ムツ鈎に悩む

「ヒネリとは、ハリをねじっている商品をヒネリありと言います。
その効果は、空中で糸付の状態でハリ先を上から押さえると、ハリが回転します。
この現象を利用し魚がハリ掛かりした時、ハリがより深く魚肉をとらえながら刺さる作用を促します。
デメリットですが、エサを付ける場合、直線的に装着するのが難しく、仕掛回収時に水圧によってエサが回転することがあります。」 (OWNER HPより転載)
 
 
今まで大して考えてみたこともなかったんだけど、ヒネリってどうなんだろう?
 

これらは、最近購入したムツ鈎。(OWNERじゃないです。(^^ゞ)
左の16号は、ヒネリが入ってますが、他の二つは「ヒネリなし」です。
先日お蔵入りした(笑)アカムツ仕掛けは、写真の16号で作りました。
 
でも、市販のアカムツ仕掛けやオニカサゴ仕掛けをみると、「仕掛けが回転しないヒネリなしの鈎を使用」と謳っています。
『やっぱり、ヒネリがない方がいいのか?』と 市販仕掛けで使っているようなムツ鈎を探したのですが、ないのよね~。(T_T)
お店にあった「ヒネリ無し」の鈎は、写真の二つと、「極ムツ」ぐらいで、あとのものはヒネリが入ってました。 主流はヒネリあり??
 
次回は、オニカサゴ狙いなので、その名の通り「オニカサゴ 18号」で仕掛けを作るつもりなんですが(笑)、先日作ったアカムツ仕掛けは 『鈎を付け替えたほうがいいのだろうか?』と、お蔵入り覚悟(爆)で「ケイムラヒネリ無し」も買ってみました。
そうそう、このケイムラ鈎、高かったです。680円だったかな? (@_@;)
 
実際、ヒネリの有無って釣果に違いが出るんでしょうか? 
かつて海上釣堀で、ヒネリのある鈎をなんとなく好んで使った時期もあったのですが、ヒネリの無い鈎との違いなんて、全くわかりませんでした。(^^ゞ
 
相当な経験を積むと、違いがわかるのかなぁ・・・。
 
そういえば、市販仕掛けに使われているような、ヒネリ無しムツ鈎を見つけました。
それは、下田漁具のムツ鈎。 これ安いし、格好もいいじゃん。(^○^)
 
でも、これ、200本入りなのよね~。(@_@;)  私、漁師さんじゃないんで・.・・

本当に安く揃えたんだろうか・・・?? (^^ゞ

カツオは未だ御前崎には現れず、泳いでいるのは、私の頭の中だけ。(大笑)
衝動的に買ってしまったリールは、入荷しましたと昨日連絡を受けた。
 
 

どこのネット価格より安かったのだけれど、自宅から約100km以上離れた県外の釣具屋さんで、「店頭渡し」だけなので、引き取りにいかなければならない。(大笑)
普通に取りに行くと、交通費だけで近所の店より高くなってしまうので、釣りに行った帰りに引き取るつもりなのだが、 これって安く買ったことになるんだろうか??(汗)
 

リールを買ったお店でラインを購入すると、100mあたり1000円と聞いていたので
12号300をお願いすると、お店には8号までしか置いてなく、12号だと別料金でお取り寄せとのこと。おいくらになるか聞いてみると、な、なんと「某社製、300m 7700円」 うひょー、たっけー!!(@_@;)
 
そこでパワーハンターをネットで探すと、77%OFFを見っけ。
早速電話で問い合わせると、送料など入れると、先日4号ライン73%OFFでお世話になったお店の方がわずかに安い。ということで、そちらのお店に本日発注。
 
これで、リール&ラインの合計で約47000円(税込) 
釣具店までの交通費を考えなければ、思い切り安いとおもうのだけれど・・(笑)
 
 

コイツは、昨年、初めてカツオを釣りに行った時に、常連さんがつけていた「カツオコード」って奴。船長にも、「あれば付けてください」と昨年言われたけれど、この辺りではどこにも売ってないので、どんなものか見当もつかず、ないままで行った。
 
今回はネットで探して、本日購入のポチッ。(^^)
これは高かったなぁ・・。二つ買ったのだけれど、送料、手数料で3つ分の金額になってしまった。 まあ1個800円ちょっとなんだけどね(大笑)
 
お盆休みに強引に釣りに行って(笑)、リールを引き取ることにしたので、お盆明けには準備万端。(*^_^*)
 
さあ、来なさい! カツオ君!!  
 
 お魚くわえたドラ猫~♪   いや、あんたじゃないってば・・。(爆)
 

美味沖漬け(*^_^*)

今日は、2週間前に釣ったスルメの沖漬けをいただきやした。
 
 

 
ご近所の方に、「沖漬け作るんだったら、肝を何本も入れると旨い」と教えていただいていて、いったんハラワタを抜いてから、3本分の肝を突っ込んで、冷凍しておきました。
 
いやいや、こりゃ、美味いわ~。(*^_^*)
「もう1回スルメに行っちゃおうかな?」みたいな感じになりました。(笑)
 
「どうだ、これ美味いぞー」と、高校生の三男にも食べさせてみたのですが、
「ちょっと苦くてイマイチとか・・。」
 
「そりゃぁ、ビールか酒と一緒に食べないかんわ。 どうだ?ビール飲む?」と私。
 
「高校生が、ビール飲めるわけないじゃん」と三男
 
「えっ? そうなんか、お父さんの頃は、高校生でもお酒飲めたけどなぁ・・・」
 
たしか、そうでしたよねぇ・・・(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 

学習能力皆無・・・(^^ゞ

アカムツに振られて以降、頭の中ではカツオが泳いでます。(大笑)
 
昨年初めて行って、今まで味わったことのない暴力的な引きと、美味しい刺身に魅了されてしまいました。 釣行記 http://www.ric.hi-ho.ne.jp/bakutyou/13.08.18.htm
 
昨年私が出かけたときは、PE8号でOKだったのでフォースマスター3000に200m巻いて出かけたのですが、その後、高切れ続出したのか、PE12号指定になったため
そんなリールを持っていない私は、そのまま行けず仕舞い。
 
なので、「PE12号が巻けるリールが欲しい!」が、今年の道具仕入れの最大のテーマでした。ところが、5月にモデラートの穂先が折れて買い替え、6月は買いたくても手が出なかった竿が特価になっていたのでつい衝動買いし、7月は急遽スルメイカ釣りをしたくなって竿買ってしまい、大散財。
おまけに、アカムツでは仕掛けや道糸を大枚1枚払って買っておいてからに、予約が取れないという大失態まで演じてしまいました。
 
ここで、さらにリールを買って、お蔵入りすることになったら、家族に顔向けができません。ここは、我慢です。そう、ひたすら我慢です。
「今年は、絶対カツオ釣りなんか行かないぞー」というぐらい我慢です。
いい歳こいた大人なんですから、そのぐらいの分別はないといけません。
 
 
 
 
でも、人間には「魔がさす」と言うことがありますよね。(爆)
 
 
 
 
 
 
『欲しいなぁ、欲しいなぁ、って言いながら、仕事が手につかないぐらいだったら、買っちゃった方がスッキリして仕事もはかどるんじゃないか』 
 
そんな<悪魔のささやき>が、どこからともなく聞こえて来ちゃったのです。
 
気がついたら釣具屋に電話してましたわ~。とりあえず値段だけでも・・って。
そしたらよせばいいのに、その釣具屋さん、ネットで見た最安値よりさらに安い値段を言ってくるんですよ。そんなの反則技ですよねぇ・・
 
もういけません。(笑)    
 
 
「タナコン750、 オーダーしやす!!」 (゜O゜)☆\(^^;) バキ
 
 
やってしまいました。カツオが来るかどうかもわからないのに・・・
来たとしても、予約がとれるかどうかもわからないのに・・・。
 
ただいま、ふか~く反省しております。(爆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する