FC2ブログ

2014-06

抱卵大アジ

6月1日(日) 海栄丸  天気・・・晴れ  中潮  5時半出船~12時帰港

毎度のことながら、どこに行こうか迷っていた。(笑)
金洲の五目釣りも面白そうだし、越前の完全ふかせや、鳥羽のウタセ真鯛も、もう1回チャレンジしてみたいし・・、って。
 
そんなとき、弟子2号さんから、「鳥羽の大アジは、まだ抱卵していて、脂ノリノリだよ~ん」と書き込みがあって、ますます、悩みは深くなった。(爆)
大アジが釣れているのは知っていたが、以前この時期に釣れたアジがサッパリ系だったので、今回もてっきり産卵後のアジだろうと、「あのアジなら、イサキ釣りのついでに釣れてくれればいいや」ぐらいに考えていたのだ。
でも、白子、抱卵、脂ノリノリなら、食べたいよなぁ・・。
 
アジはラストチャンスかもなぁ・・と思っていたら、万年さんが「日曜日の海栄丸アジ釣りに予約を入れた」と書き込んでくれたので、私も早速乗っかることにした。
「船長~、日曜日まだ空いてるー??」(^_^)v
 
それから、せっせと仕掛けを作り始めたのだが、その日の釣果欄を見て唖然。
「大アジ、サバの気配が消えた・・」 だって。
釣行前日、船長から電話が入った。ひょっとして、アジが消えて釣り物変更(笑)かと、心配してが、「イサキも交じるかもしれないので、コマセを小女子ミンチ(鉄仮面)からオキアミ(ラーク小)に変更する」という連絡だった。(^^ゞ
 
ところで、どうしてアジは鉄仮面を使った小女子ミンチで、イサキはアミエビのラーク小を使うのだろう? 今回、船長に聞いてみようと思っていたのに、「大事件」が起きて、その話ばかりになって聞き忘れてしまった。(爆)
 
今日は8人で満員御礼。他の船はそうでもなかったので、やっぱ人気あるのね。
万年さんがくじを引いてくれて、万年さんは揺れの少ない右舷艫、私は大艫です。

先日穂先を折ったので、コイツは二代目のモデラートです。
初代は、折れた個所にトップガイドつけて、控えております。 今日は、錘80~120号と聞いていたので、120号なら初代を試してみようと持ってきましたが、終日80号だったので、出番はありませんでした。
 
船は、波しぶきをあげてガンガン走っていきます。そんなとき波と一緒に、なにか飛んでいったような気がしました。
振り返って万年さんを見ると、呆然と立ちすくんで、後方を眺めています。
ん? なんか変な感じ・・・、なんだろう???。
 
あーっ、万年さんの竿がないー!!
 
船長は、船をUターンしてくれましたが、「竿って、沈むよなぁ・・・」と船長 、「ですよね・・・」と私。全く言葉がでない万年さん・・・。(爆)
頭が取れたチビラークが、むなしく船に残ってました。
 
たぶん、波が竿に当たって、その勢いでチビラークの頭が外れたのでしょう。
尻手ロープがついていれば、ひょっとして助かったかもしれませんが、してなかったようで・・・。定価十数万円の損害らしいです、・・・・・合掌
以上、「大事件」レポートでした。(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
霞んでよく見えませんが、相差のはるか沖付近でしょうか、アンカーが入りました。
「水深48m、下から5~6mぐらいを狙って下さい」とのアナウンス。
仕掛けは作ってきてますが、まずは、安心感のある船仕掛けでスタートです。(笑)
前回のアジ釣りと同じで、ハリス2.5号、全長1.9m 緑スキンのムツバリ12号の3本針です。
 
万年さんが、赤タンで始めるようなので、私も解凍した赤タンを取り出して、水切りしようと、タッパを傾けたら赤タンごとドボン・・・、あちゃー(T_T)
まあ、損害額は数十円相当なので、万年さんの辛さを思えば・・(爆)
 
すべての針にイカ短をつけて、スタート。
相変わらず、コマセ釣りの要領がよくわからないのですが、しゃくってから巻き上げて、またしゃくって巻き上げてとやっておりますと、なんとなく、小さなアタリ・・。
アジが小さいのか?と上げてみると、20cmにも満たないカサゴちゃん。
その後は、沖メバル、さらにはカワハギ・・・・(爆)
おいおい、私はいったい、何を釣りに来てるんだ??
「明らかに棚が違うんだよねぇ」と寛都君の顔をみると、苦笑い・・(^^ゞ
 
万年さんの生簀には、すでにアジ、サバが泳いでます。
貸し竿なのに素晴らしい。(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
万年さんに棚を教えてもらうのですが、私は当たんないし・・・・??
そうこうしているうちに、ようやく私の仕掛けにもアジが食いついてくれました。
天秤をコマセバケツにおいて、ルンルンとハリスを手繰ると、ハリスが緩んだのか針外れ。ああっ、大アジさんが逃げてゆく~。(T_T)
 
しばらくして、またアタリがあって、今度も一番下の針にアジがついてます。
「今度は逃すまじ!」と、天秤を持ったまま、タモで掬ったら真ん中の針がタモにかかって、アジが掬えてない。何度も試みるも、かかった針が邪魔して掬えない。
なんか、かつてもこんなことがあったような・・・・。しゃあない、あの手で行くか。
「どーりゃー」と、タモでハリスを引きあげてやったら、アジが飛び込んできた。(*^_^*)
 
この一部始終を見ていた船長が、笑いながら「天秤はコマセのバケツに置いてから取り込むの!」って。 「だって、さっきそれで逃げちゃったんだもん・・・」(^^ゞ
なにはともあれ、これで抱卵アジの刺身は食えるワイ。(*^_^*)
 
それから2匹アジが追加できた。棚は底から10mぐらい上だった。

この頃から、アジに交じってサバが釣れ出した。そのうちサバ一色でお祭り騒動。
私も、サバに走られてお祭りの餌食なった。このときは6本のサバが3人の仕掛けをぐちゃぐちゃにして上がってきた。私の仕掛けには、3本針パーフェクト。(笑)
 
ここで、サバ除け仕掛けを試してみることにした。
ネットで調べたところ、「空針で釣るのがいい」と書いてあったので、金色ムツ針11号の2本針を作ってきたのだ。空針でもコマセに針が入っていれば、アジは食ってくると書いてあった。ほんとかなぁ・・・。
 
すると、これがビンゴで、みなさんサバフィーバーしているのに、私だけアジ3連荘。
お隣の方も、船長も、寛都君も、万年さんも、「なんで?」って。(笑)
空針を使ってることを言うと、お隣の方、「そんな仕掛け持ってきてないし・・」って。
いやいや、ちょっとの時間だけ独壇場でございました。(*^^)v
 
サバの猛攻で、場所替えとなった。
先ほどの空針仕掛けをつづけるも、サバがいなくなった代わりに、アジも釣れない。イカ短つけてもダメ。でも、周りではボチボチアジが釣れている。なんでだろう???
 
さっきから、やや潮が流れるようになったので、短い「空針2本仕掛け」ではコマセに同調しないのだろうか?
 
ということで、緑スキン3本針の船仕掛けに替えてみた。
今度は、これが正解だった。 ポツポツとアタリがでるようになって、終盤6連荘でアタリがあってウハウハ気分だったけど、途中のバラシも多くって、獲れたのは半分ぐらい。(T_T)  ばれちゃったけど、今日イチのいい引きがあったよなぁ・・
あれは50cm級のアジに違いない。(゜O゜)☆\(^^;) バキ
 
結局、大アジ11匹、ゴマサバ6匹、カワハギ、カサゴ、沖メバル各1の合計20匹。
35Lのクーラーが、程よく埋まりました。

 
大アジは38cmが最高で、40cm超えは無かったものの、体高もあり白子パンパンで
脂ノリノリだった。
いや~、抱卵大アジに間に合ってよかったわー
やっぱ、旬のお魚は美味しゅうございますね。(*^_^*)
 
次は、イサキちゃんだな~。
昨年食べた、40cm級腹パンイサキちゃん、早くいらっしゃ~い。(^^) 
 
海栄丸船長、寛都君、ありがとうございました。<(_ _)>
万年さんも、本当にお疲れ様でした。(^^ゞ
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する