FC2ブログ

2014-06

やっぱすげーな、玄達(@_@;)

今週から玄達瀬が解禁になって、昨年、今年とお世話になった越前の船の釣果欄を興味深く見ている。
 
メーター級、あるいは70~80cmのヒラマサが、1船で10数本上がってるわ~(@_@;
解禁早々なので、特に食いつきがいいのだろうか?
先日、ヒラマサをばらしちゃった私目としましては、羨ましい限りでござんす(^^ゞ
 
越前からだと、玄達まで船で2時間ぐらいかかるらしい。
一度は、チャレンジしてみたいと思うけれども、なんせ釣り代で3万円。
さらに、オキアミが1枚(3kg)が1000円で、これを一人20枚近く撒くらしい。
だからと言って、確実に釣れるわけでもなく、潮が悪ければウマヅラだけなんてのも
あるらしい。
 
自然相手だからしょうがないんだけれど、5万円払ってウマヅラだけだったら、私は発狂するかもしれない。(笑)
 
某船長が、「昔ほど釣れないし、ダメだった時のお客さんのダメージが大きいので、玄達行きはプレッシャーがかかる。」とも言っていた。
 
釣れればいいんだろうけど、大きなヒラマサが3本とか4本とか釣れて、さらに鯛だワラサだブリだ、とかなっても困ってしまう(笑)
 
でも、まあ、いつか金が余ってしょうがなかったら、5万円捨てるつもりで行ってみたいところではあるなぁ・・・。
 
宝くじがドカーンと当たらないと、無理だけどね・・・(大笑)
 
玄達瀬、あこがれの釣り場です。(*^_^*)
スポンサーサイト



至福の父の日

昨日の父の日。長男からヱビスビールのプレゼントです。(*^_^*)

箱買いしたのね。いや~こんなに沢山、幸せー。 いつもの金麦とは違うわ(笑)
ありがとねー。  これで、美味しいお刺身をいただきましょう。
一日寝かした、旬のイサキちゃんで~す。

初日は、弾力ありすぎって感じでしたが、一日置くと、程よい歯応えが残っていて
激ウマです。今回は、真子ばかりで、白子がないのは残念でしたが、脂ノリノリの
美味しいイサキちゃんでした。
 
TaKakakaさんが、「炙りが絶品」と教えてくだっさったので、炙りましたよ~(^○^)

ウヒヒヒ~、本当に絶品です。やっぱり、炙りたてを食べなきゃね~。(*^_^*)
あまり皮つきを好まない息子達にも、これは好評でした。
 
締めは、三男からのプレゼントで、ハーゲンダッツのアイスクリーム。
流石高級アイス。食べなれたクーリッシュとはひと味ちがいます。(笑)
 
いやいや、美味しい父の日でした。子供達よ、ありがとねー。(^○^)
 
ちなみに、山陰にいる次男からは何の音沙汰もありませんでした。(爆)
まあ、遊び呆けてそれどころではないんでしょう、あいつらしいわね~。  
こらー、たまにはノドグロでも送ってこんかい!(大笑)
 

腹パンイサキで一人撃沈(T_T)

6月14日(土)  海栄丸  晴れ  大潮   5時15分出船12時過ぎ帰港

今月は、もう2回もでかけたので、次回は7月初旬でイサキ狙いと思っていたのだけれど、先週から鳥羽でも一気に「腹パンイサキ」が本格的に釣れ始めた。
これは、7月まで待っていては「旬」を逃してしまいそう。早くいかなくっちゃ(^^)
ということで、15日(日)に出かけることにした。
 
ところが、15日の海栄丸の午前便は「カサゴ五目」なっている。
『えーっ!!なんで、今、カサゴなの???』(爆)
他船も考えたが、船長に電話すると「土曜の午前便なら一人入れる」とのことだったので、「しゃーない、仕事をさぼって出かけるかー」となった。(^^ゞ
旬のイサキと仕事、大変難しい選択だったなぁ・・・。(゜O゜)☆\(^^;) バキ
 
いつもより早い「5時集合」とのことなので、1時半に出発して毎度の下道走行。
鳥羽のエサキチでオキアミLを購入。Mサイズは家から持ってきたのだけれど
船長から「Lサイズの方ががいい」と教えてもらったので・・・。
あとは、イカ短と赤タン、ついでに魚かしの生エビ(笑)も持ってきた。生エビは、釣り堀でイサキが釣れるんで、船でもいけるんじゃないかと・・・。(^^ゞ
 
岸壁に荷物をおいて、駐車場で着替えていると、私に手を振りながら入ってくる車があった。誰だろう?と思ったら、この船の常連、Yさんだった。
今日はお一人で来られているらしく、船長に「誰か知ってる人来る?」と聞いたら
私の名前が出たそうだ。おや?、 私も常連の仲間入り?(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
船を待ちながら、Yさんと雑談していて、私が「旬イサキの時期にカサゴ五目なんて、信じられんですよね~」と15日の話をしたら、「実は、私が犯人でして・・・」って(爆)
今日の午前便でイサキ、明日は午前カサゴ、午後イサキに行くらしい。
す、すごい 筋金入りの常連さんだわ。(@_@;)
ちなみに、カサゴ五目は「営業妨害だ~」と、船長に言われたらしい。
うんうん、私もそう思う(笑)

満員の8人乗っけて5時15分出発。私は、左舷ミヨシ。くじ引きドべだったの。(T_T)
40分近く走ったかなぁ・・、この前のアジ釣りと同じ場所だろうか?
エンジンがスローになって、アンカーが入った。
 

「潮が流れないときは、2号ハリスがいい」と船長に言われて、2号で仕掛けを作ってきたけど、船の仕掛けもハリス
2号だった。針も小さいなぁ・・。
 
自作のは、オキアミチヌ3号だけど、こっちは、2号の鈎。
まずは、信頼のおける船仕掛けでスタートですね。(^^)
 
水深は45mで、「下から5mぐらい」で反応があるようです。
 
 
さあ、苦手なコマセ釣りのスタートです。どうしても撒き餌と餌を同調させるイメージがわかないのよねェ・・。(T_T) 餌は、上から赤タン、オキアミ、イカ短をつけてみた。
 
2投目、39mぐらいでアタリがあって、イサキ君ゲット!! 早々に坊主脱出(^_^)v 
真ん中のオキアミに食っていたので、すべてオキアミに変更。
次も同じ棚で、イサキ君が来た。 中乗りの寛都君が「調子いいですねぇ~」って。
うん、 ボクちゃんコマセ釣り得意になったかもしんない。(*^_^*)
 
イサキは、どれだけ追い食いをさせるかが勝負らしいので、アタリがあってもゆっくり巻き上げてそれを狙うのだけれど、そのうち生体反応がなくなって、嗚呼(T_T)
ようやく、『追い食いさせれたかな?』と上げたらマトウダイ(爆) なんで???
 
マトウ君にしっかり針が飲まれていたので、ここで、自作仕掛け登場。(^_^)v
ハリス2.5号、鈎はオキアミチヌ3号とムツ針10号の3本で、全長2.5m
期待を込めて・・・・・、あれ? あたんないですけど・・・・(^^ゞ
(これを書きながら初めて気づいたんだけど、船仕掛けは全長3mだった)
 
これが「わけわからん」くなる最初のつまづきだった。
続けて2匹釣れた以降、すっかりアタリがない。自作仕掛けが悪いのか?
しばらくやってみて、再び船仕掛けにするも、目に見えて変わるわけではない。
エサか? 棚か? 撒き餌と同調してないのか?
同調させるには・・・う~ん 、どうちよう・・・・(゜O゜)☆\(^^;) バキ
 
私から後ろの皆さんは、好調に良型イサキを追加されているのに、私だけ蚊帳の外。確かに場所的に「撒き餌係り」になってはいるようだけれど、自分の撒き餌が自分の仕掛けに同調すれば、私にも釣れるはず。
 
他の人の釣り方を見ながら、真似してみたり、コマセの出し方を多くしたり少なくしたりと変えてみるものの、出会い頭的に釣れたりはするけど、どれも「これだ!」って感じの正解がない。みんな楽しそうに釣ってるのに、「私、無口なんです」(爆)
 
寛都君に言わせると、あんまり潮が動いてないらしい。
仕掛けを短くしたらどうだろう?と聞いたら、やめた方がいいと。
棚を広く探ってみて、と言われて、そうしてみるんだけど、単発なのよねぇ・・。
 
あっそうそう、魚かし生エビで1匹イサキが釣れたよー。牧野さ~ん見てる?(爆)
 
同調、同調・・・・、同調が頭をぐるぐる回ってる・・。 ああ、頭痛が・・。(笑)
 
いったいコマセってどんな感じで流れるんだろうと、竿をおいて、道糸を持って船から身を乗り出しコマセを振っていると、お祭りと勘違いした船長が飛んできた。
私が手でコマセを上下させてる姿を見て、「なんだ、実験しとるんか~」と大笑い。
 
「50cmぐらいハリスを長くしたら、同調しやすいかも」とアドバイスをもらって、早速試してみるも、決定打とまでは行かなかった。
でも、これを書きながら気づいたのは、私の自作仕掛けは2.5mで、50cm足しても船仕掛けの3mと同じ。船長の頭の中は、3m+50cmだったんじゃないだろうか。
う~ん、あの時気づけば良かった・・。
 
結局、これといった打開策もなく、時間切れとなった。
船長が、生簀のイサキを〆に来て、「あれ~?、一人だけ撃沈だなぁ・・」って。(爆)
 
本日の釣果  イサキ35cm頭14匹 マトウダイ1匹
 
 

帰ってから、当日の釣果をHPで確認したら、「10~40匹で、皆さん20~30匹は釣ってました」となっていた。「船長~!!、スソは10じゃなくって14だよー」(笑)
 
目標は竿頭の半分だったんだけど、6匹及ばずってか。
やっぱコマセ釣りは難しいなぁ・・。
 
帰港途中、Yさんが私のモデラートをみて、「この竿、イサキにはちょっと硬くない?」と聞いてきた。Yさんは6:4調子の竿を使っておられるようで、アタリがよくわかったと言っておられた。私は、ほとんど「向こうあわせ」の感じで釣っていたんだけど、イサキのアタリって、そんな繊細なのだろうか。う~ん、よくわかんない。(^○^)
 
船長、寛都君、常連のYさん、今日はありがとうございました。
またよろしくでっす。<(_ _)>

消費期限切れ?


 
車のオイル交換をしてもらう間、近くにあった小さな釣具屋に入ってみた。
たいそう古ぼけたお店で、親爺さんとおかみさんでやっているようだった。
 
ちょうど2号ハリスが欲しいと思っていたので、探していると埃まみれのこいつが連結で出てきた。 980円となっていたので、『そんなもんか?』と、一つ買ったのだが、これって、随分昔のパッケージじゃないだろうか??
 
以前、海上釣堀にドップリ浸かっていたころ、先輩釣り師から、「古いハリスはすぐに切れるので、ハリスは新しいものを使え」と教えてもらったが、大丈夫だろうか?
 
きゅっと引っ張って見ても、ブチっと切れなかったから大丈夫だと思うけど(爆)
 
 
ところで、不思議に思っていることが・・・。

イサキ鈎ってのがあるけど、市販のイサキ用吹き流し仕掛けって、どうしてグレ鈎やチヌ鈎が使ってあって、イサキ鈎は使ってないんだろう??
イサキ鈎は、イサキ釣りには向いてないんだろうか??
う~む、不思議じゃ。
 
試しに、この鈎と消費期限切れ?のハリスで、イサキの細仕掛けを作ってみよう。
何が釣れるだろう??(*^_^*)

朝イチのバラしは・・・、ガビ~ン!!(@_@;)

6月8日(日)  福王丸  天気・・・くもり   若潮  5時出船12時帰港

土曜日に、バイオセンスと言う竿を買ったので、これで始まったばかりのイサキ釣りに行こうと、三重の船宿を探していた。いつもの船は伊良湖出船で、ダメだったから鳥羽か、国崎か、それとも宝船状態の知多もありかと・・・。 
 
そんなとき、ふと越前の前日(金曜日)釣果が目に入った。
おおっ!!船中7~8匹の真鯛が釣れているではないか!!ヒラマサも1本(@_@;)
 
前回お邪魔したときは、ハマチが湧いていて、真鯛にまでは餌を届けることができなかった。抱卵真鯛は季節的にもう無理だろうとあきらめていたけれど、写真で見る限りではお腹も丸々としてる。福井ならひょっとして、乗っ込み真鯛に間に合うかも・・。
というこで、すぐさま福王丸さんに電話を入れた。
「まだ一人空いてますよ~、5時出船です。」って。よ~し 抱卵真鯛食うぞー(*^_^*)
 
ワクワク感からか、前夜一睡もできないので、少し早めに家をでた。
前回カーナビにとんでもない所に連れていかれたので、今回は、ちょっと注意してカーナビを監視。(笑) 敦賀方面からしおかぜラインを走るには、お土産屋さんがある「大比田」という交差点を左折しなけばならないのだけど、今回もカーナビは直進をしめしていた。「ふん!、もうその手にはのらんわい!!」と無視して左折。(爆)
 
宿の港には4時前に到着。船がないので、イカ釣りに出ているのかな?
30分ほど仮眠をとりがてら待っていたら、船が帰港。 不調だったみたい。(^^ゞ
 
3人で場所決めジャンケン。私はドべで、前回と同じ左舷ミヨシに座ることにした。
私以外のお二人は、なかなかのベテランさんみたい。お一人は、ちょっと年配の紳士っぽい人、もう一人は、私よりも太っていて、やや怖そうな感じ・・・(爆)

今にも降り出しそうな低い雲の中、船は越前岬を通り越します。
越前でのふかせ釣りは、今回で4回目だけれど、岬を超えていくのは初めて。
思いっきり釣れそうで、ちょっとワクワクしてくる。
 
今日は、イカ釣りに出ていた若い船頭さんが、中乗りさんで乗っている。
ポイントについて、「まずはサルカン1個で120m流して」、との指示。
餌は取られておらず、サルカン1個追加で、今度は150m。
やはり餌はとられず、今度は180m流す。今日は、ずいぶん潮が速いようだ。
 
何度か、流しているうちに、120mでラインが飛び出してアラームがピピピッ!
スプールを抑え気味にして、さらに糸が走ったところでクラッチを入れて、
電動最大巻上にして、あわせを思いっきり3度入れた。竿はグンッとしなっている。
乗ったぞー、(^○^) これは、まあまあの真鯛じゃないかな~。
電動のスピードを落として巻きあげてくると、さらに竿がしなる。
手巻きの方がいいかしら? と思った瞬間テンションが外れた。
 
ガビーン、やってもうた、朝イチのバラし・・・
 
あわせが早かったのか? 手巻きで巻いた方がよかったのか?
仕掛けを回収すると、ハリスが切れていた。そのハリスをみて中乗りの兄さんが
「こりぁ、青物だなぁ・・。 」ハリスが根ずれしたようにザラザラになっていた。
 
「青物」、「根ずれ」って、ひょっとしてヒラマサってこと??
まさか、ボクちゃん、ヒラマサをバラシちゃったっていうの?? いやいや青物って言ったてワラサもいるわけで、ヒラマサとは限らない。
 
そもそも、完全ふかせを始めようと思ったのは、いつかヒラマサを釣りたいとおもったのがきっかけで、もし、本当にヒラマサをバラシたのなら、今日はショックで立ち直れないかも。中乗りの兄さんも青物といっただけなので、きっとワラサだろう。
まあ、ワラサなら鳥羽で何度も釣ってるし、そんなにくやしくないも~ん。(爆)

 
気をとりなおして、流して行く。また120mで当たると思ったけどスルーされて(笑)
180m。ここで、またシュッと勢いよくラインがでて、アラームが鳴った。
スプールをすべらせながら、さらに糸が出たところでクラッチオン。
最速巻き上げで糸ふけをとりながら、あわせを3度入れて、最大速度で巻き取る。
それを見ていた船長が、「もう少しスピード落として」って。
また根に潜られて切られるのが嫌なので、最速にしたんだけど・・・(^^ゞ
 
竿のしなりから、何かが付いているのは間違いなのだが、ムーチング竿のためなのか、引き方がよくわかない。(汗)
穂先をみていた船長が、「これは鯛だな」と。 う~むなんでわかるの??
私は、随分近くになってから、ようやく鯛らしい3段引きがわかった。

40cmぐらいの美しい真鯛。ちょうど食べて美味しいと言われるサイズです。
お腹がぷっくりしているので、抱卵してるのかな~。ムフフ楽しみ(*^_^*)
これが、船中第一号でした。
 
次も180mを狙って流しますが、上手く行きません。
160m付近で、ラインが飛び出るのですが、乗せることができません。
っていうかアタリなのか? ここで潮が急に速くなっているだけなのか??
なんかわけわからんなぁ・・と思っていたら、大艫の方が、40cmぐらいのと、50cmぐらいの真鯛を立て続けにあげてました。 当たったのは200mぐらいらしいです。

ここらが時合いだったのか、その後はまったり状態。 やけくそで250m(笑)
他の船も釣れてないようです。船長曰く、「潮がぶっ飛んでる」らしいです。
サルカン4個に、こそっとガン玉まで打ってみましたが、アタリはない。
終盤、巻上途中でハマチが食いつきました。最速で巻き上げてるのに、よくも食べられたもんです。こんど釣り堀でも、オキアミの高速巻上を試してみたろか。(爆)
 
沖あがりは11時のはずですが、釣れないので30分延長してくれたようです。
でも、結局これで終了となりました。
 
船を降りてから、船長に、恐る恐る「あのバラシた魚は何だったんでしょうね」と聞いたら 「あっ、あれは、間違いなくヒラマサだったね。結構引いたでしょ?」って。
 
 
ギョエー、憧れのヒラマサをばらしちゃったー(泣)
 
あっ、め、めまいが・・・・(爆)
 
船長から、「去年は夏場に越前沖でもヒラマサ釣れたから、また釣れるよ」って慰めてもらったけど、ぐやじい~・・・・。(T_T)
 
本日の釣果 真鯛×1 ハマチ×1
 

真鯛は、神経締めを試みたけど、見事に失敗。尻尾からでも上手く入らんかった。
へたくそ~。(汗)
 
さて、真鯛ちゃんのお腹は膨らんでいたけど、中はスッカラカン。
見事に「麦わら鯛」となってました。乗っ込み真鯛は、来年までお預けですね。
 
福王丸船長、中乗りのお兄さん、お世話になりありがとうございました。<(_ _)>
ヒラマサが釣れる時期になったら、また行きます。(^○^)
 

キャーッ!な一日

昨日久しぶりに釣具屋に寄ったら、以前欲しくて高価で買えなかった、シマノのバイオセンス50-270が特価になっていた。普段なら38500円(税別)なのだが、現品限りで27500円とな。(@_@;) いわゆる型落ちって奴なんだろうけど、この安さはキャー!\(^o^)/である。

 
昨秋と今春、ウタセ真鯛をムーチングの03舳60S-300でやってみて、もうちょっと穂先が敏感な竿が欲しいと感じていたところでもあった。
 
「これは、出会っちゃたか?」(爆)と思ったけれど、冷静になるため一晩考えることに・・・。(^^ゞ
 
で、やっぱり欲しくて、本日釣り具屋に出かけた。
そこで、少しでも足しにしようと、先日穂先が折れてトップを詰めた竿と、一度だけ使ってそれっきり出番のない、ワゴンセールの船竿を買い取りに出してみた。
どうせジャンク扱いだろうから、2本で1000円ぐらいになればいいかって。
 
すると、トップ折れの竿が約1万円、ワゴンセールは約800円ぐらい。
あまりの予想外にキャー!だ(笑) さらに、商品券だと割増しになって、そのうえ会員葉書を見せたらまた10%増。 結局、15100円にもなってしまった。もう、キャー、キャー、キャー!で笑いが止まらない。
店員さんは折れた竿に気づいてないのか?、それともやや短くても、綺麗にトップガイどつけてあるから、この値段で買い取ってくれるのか? 、とても怖くて私には聞けないので、厚くお礼を言って、その商品券を使って購入した。
 
今日は5倍ポイントの日なのだけれど、流石に特価品はダメだろうと思ったらOK!
これまたキャ-!だ。 なにか恐ろしくついてるわー。とルンルン気分で店を出た。
 
しばらく走って、コンビニの駐車場で財布をあけると、釣具屋のポイントカードがない。今日のポイントも合わせると7000円分のカードだ。 キャー!!!(@_@;)
ポケットにも、セカンドバッグにも、入ってないし、車の中に落ちてないかと探すも
やっぱりない。
 
あわてて、釣具屋にもどって、仔細を話すが、忘れ物、落し物はなく、なんともしょうがない・・。 もうがっくりである。
やっぱり良い事ばかり続くと、どっかで落とし穴があってバランスがとれるようになっているのね。世の中上手くできてますわ~。
 
すっかり、あきらめて再びコンビニついてレジで支払いをしようと思ったら、
いつもは全く使わない、財布のポケットからカードが・・・。
 
キャー!!あったー!!\(^o^)/
 
とまあ、午後からこんな風に一人で大騒ぎをしておりました。(大笑)

美味しい・・・かな?


今回釣れた40cm弱の大アジのお刺身。↑こいつは釣った当日のもの。
とても美味しゅうございました。
 
 

↑こちらは、一日寝かしたもの。
 
個体が違うので、比較にはならないかもしれないけれど、一晩寝かしたものの方が
旨みが増して、たいそう美味しかった。
脂もトロ~ンとしていて、心地よい歯応えも残っていて、たまんないっす。(^○^)
 
以前は、アジは鮮度の良いうちに食べた方がいいと思っていたけれど、30cmを超えるようなものは、やっぱ寝かした方が美味しいのね。
中型アジでもそうなのかなぁ・・・
 

背開きにして干物にしてみました。30cmクラスなので凄い厚みです。
まだ食べてないんですが、きっとジューシーなんだろうなぁ・・・。(*^_^*)
 

↑これは、サバのみりん干しです。白ゴマがなくって、黒ゴマで・・・(汗)
 
先日ハマチで作って、「酒の匂いがきつい」と家族に不評だったので、今回は千秋丸船長に教えていただいた「みりん+醤油+砂糖少々」で漬けてみました。
只今、冷蔵庫で乾燥中。(^_^)v
 
〆サバ、〆アジ、棒寿司、白子ホイル焼きなども作ってみて、なかには大失敗などもありましたが、もう少し海の幸を楽しめそうです。 むふふ(*^_^*)

抱卵大アジ

6月1日(日) 海栄丸  天気・・・晴れ  中潮  5時半出船~12時帰港

毎度のことながら、どこに行こうか迷っていた。(笑)
金洲の五目釣りも面白そうだし、越前の完全ふかせや、鳥羽のウタセ真鯛も、もう1回チャレンジしてみたいし・・、って。
 
そんなとき、弟子2号さんから、「鳥羽の大アジは、まだ抱卵していて、脂ノリノリだよ~ん」と書き込みがあって、ますます、悩みは深くなった。(爆)
大アジが釣れているのは知っていたが、以前この時期に釣れたアジがサッパリ系だったので、今回もてっきり産卵後のアジだろうと、「あのアジなら、イサキ釣りのついでに釣れてくれればいいや」ぐらいに考えていたのだ。
でも、白子、抱卵、脂ノリノリなら、食べたいよなぁ・・。
 
アジはラストチャンスかもなぁ・・と思っていたら、万年さんが「日曜日の海栄丸アジ釣りに予約を入れた」と書き込んでくれたので、私も早速乗っかることにした。
「船長~、日曜日まだ空いてるー??」(^_^)v
 
それから、せっせと仕掛けを作り始めたのだが、その日の釣果欄を見て唖然。
「大アジ、サバの気配が消えた・・」 だって。
釣行前日、船長から電話が入った。ひょっとして、アジが消えて釣り物変更(笑)かと、心配してが、「イサキも交じるかもしれないので、コマセを小女子ミンチ(鉄仮面)からオキアミ(ラーク小)に変更する」という連絡だった。(^^ゞ
 
ところで、どうしてアジは鉄仮面を使った小女子ミンチで、イサキはアミエビのラーク小を使うのだろう? 今回、船長に聞いてみようと思っていたのに、「大事件」が起きて、その話ばかりになって聞き忘れてしまった。(爆)
 
今日は8人で満員御礼。他の船はそうでもなかったので、やっぱ人気あるのね。
万年さんがくじを引いてくれて、万年さんは揺れの少ない右舷艫、私は大艫です。

先日穂先を折ったので、コイツは二代目のモデラートです。
初代は、折れた個所にトップガイドつけて、控えております。 今日は、錘80~120号と聞いていたので、120号なら初代を試してみようと持ってきましたが、終日80号だったので、出番はありませんでした。
 
船は、波しぶきをあげてガンガン走っていきます。そんなとき波と一緒に、なにか飛んでいったような気がしました。
振り返って万年さんを見ると、呆然と立ちすくんで、後方を眺めています。
ん? なんか変な感じ・・・、なんだろう???。
 
あーっ、万年さんの竿がないー!!
 
船長は、船をUターンしてくれましたが、「竿って、沈むよなぁ・・・」と船長 、「ですよね・・・」と私。全く言葉がでない万年さん・・・。(爆)
頭が取れたチビラークが、むなしく船に残ってました。
 
たぶん、波が竿に当たって、その勢いでチビラークの頭が外れたのでしょう。
尻手ロープがついていれば、ひょっとして助かったかもしれませんが、してなかったようで・・・。定価十数万円の損害らしいです、・・・・・合掌
以上、「大事件」レポートでした。(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
霞んでよく見えませんが、相差のはるか沖付近でしょうか、アンカーが入りました。
「水深48m、下から5~6mぐらいを狙って下さい」とのアナウンス。
仕掛けは作ってきてますが、まずは、安心感のある船仕掛けでスタートです。(笑)
前回のアジ釣りと同じで、ハリス2.5号、全長1.9m 緑スキンのムツバリ12号の3本針です。
 
万年さんが、赤タンで始めるようなので、私も解凍した赤タンを取り出して、水切りしようと、タッパを傾けたら赤タンごとドボン・・・、あちゃー(T_T)
まあ、損害額は数十円相当なので、万年さんの辛さを思えば・・(爆)
 
すべての針にイカ短をつけて、スタート。
相変わらず、コマセ釣りの要領がよくわからないのですが、しゃくってから巻き上げて、またしゃくって巻き上げてとやっておりますと、なんとなく、小さなアタリ・・。
アジが小さいのか?と上げてみると、20cmにも満たないカサゴちゃん。
その後は、沖メバル、さらにはカワハギ・・・・(爆)
おいおい、私はいったい、何を釣りに来てるんだ??
「明らかに棚が違うんだよねぇ」と寛都君の顔をみると、苦笑い・・(^^ゞ
 
万年さんの生簀には、すでにアジ、サバが泳いでます。
貸し竿なのに素晴らしい。(゜O゜)☆\(^^;) バキ!
 
万年さんに棚を教えてもらうのですが、私は当たんないし・・・・??
そうこうしているうちに、ようやく私の仕掛けにもアジが食いついてくれました。
天秤をコマセバケツにおいて、ルンルンとハリスを手繰ると、ハリスが緩んだのか針外れ。ああっ、大アジさんが逃げてゆく~。(T_T)
 
しばらくして、またアタリがあって、今度も一番下の針にアジがついてます。
「今度は逃すまじ!」と、天秤を持ったまま、タモで掬ったら真ん中の針がタモにかかって、アジが掬えてない。何度も試みるも、かかった針が邪魔して掬えない。
なんか、かつてもこんなことがあったような・・・・。しゃあない、あの手で行くか。
「どーりゃー」と、タモでハリスを引きあげてやったら、アジが飛び込んできた。(*^_^*)
 
この一部始終を見ていた船長が、笑いながら「天秤はコマセのバケツに置いてから取り込むの!」って。 「だって、さっきそれで逃げちゃったんだもん・・・」(^^ゞ
なにはともあれ、これで抱卵アジの刺身は食えるワイ。(*^_^*)
 
それから2匹アジが追加できた。棚は底から10mぐらい上だった。

この頃から、アジに交じってサバが釣れ出した。そのうちサバ一色でお祭り騒動。
私も、サバに走られてお祭りの餌食なった。このときは6本のサバが3人の仕掛けをぐちゃぐちゃにして上がってきた。私の仕掛けには、3本針パーフェクト。(笑)
 
ここで、サバ除け仕掛けを試してみることにした。
ネットで調べたところ、「空針で釣るのがいい」と書いてあったので、金色ムツ針11号の2本針を作ってきたのだ。空針でもコマセに針が入っていれば、アジは食ってくると書いてあった。ほんとかなぁ・・・。
 
すると、これがビンゴで、みなさんサバフィーバーしているのに、私だけアジ3連荘。
お隣の方も、船長も、寛都君も、万年さんも、「なんで?」って。(笑)
空針を使ってることを言うと、お隣の方、「そんな仕掛け持ってきてないし・・」って。
いやいや、ちょっとの時間だけ独壇場でございました。(*^^)v
 
サバの猛攻で、場所替えとなった。
先ほどの空針仕掛けをつづけるも、サバがいなくなった代わりに、アジも釣れない。イカ短つけてもダメ。でも、周りではボチボチアジが釣れている。なんでだろう???
 
さっきから、やや潮が流れるようになったので、短い「空針2本仕掛け」ではコマセに同調しないのだろうか?
 
ということで、緑スキン3本針の船仕掛けに替えてみた。
今度は、これが正解だった。 ポツポツとアタリがでるようになって、終盤6連荘でアタリがあってウハウハ気分だったけど、途中のバラシも多くって、獲れたのは半分ぐらい。(T_T)  ばれちゃったけど、今日イチのいい引きがあったよなぁ・・
あれは50cm級のアジに違いない。(゜O゜)☆\(^^;) バキ
 
結局、大アジ11匹、ゴマサバ6匹、カワハギ、カサゴ、沖メバル各1の合計20匹。
35Lのクーラーが、程よく埋まりました。

 
大アジは38cmが最高で、40cm超えは無かったものの、体高もあり白子パンパンで
脂ノリノリだった。
いや~、抱卵大アジに間に合ってよかったわー
やっぱ、旬のお魚は美味しゅうございますね。(*^_^*)
 
次は、イサキちゃんだな~。
昨年食べた、40cm級腹パンイサキちゃん、早くいらっしゃ~い。(^^) 
 
海栄丸船長、寛都君、ありがとうございました。<(_ _)>
万年さんも、本当にお疲れ様でした。(^^ゞ

«  | ホーム |  »

プロフィール

イケチャン

Author:イケチャン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する